HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト信仰と霊的法則〈霊言〉  »  信仰と霊的法則1
RSSフィード

トレーニングなんて自分には関係ない?と思っている貴方にも幽体があります。

人間そして霊魂としての人生に、この幽体は大きく関わっています。

霊的なトレーニングとは、霊能力開発などではありません。

霊的な環境は、とても悪くなっています。

今、弱っている幽体に力を与えるのです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  ※イメージ画像

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
講演会は、質問形式ではありません。

まぁちゃん: 神や仏という高い存在が仮にいるとするなら、そういった存在を信仰する意味はなんでしょう?

霊魂: 大切なことは人が想い、を発する時、その念というものには力があります。

肉体の目に見えなくても確実に幽的世界では人を攻撃します。
それほど力を持っています。
大事なことは物質界に法則があるように、霊魂の世界にも法則があります。
法則を知らなければ何を語っても正しくはありません。

仮に大勢の人が正しい道徳的人生を送っていれば、「神はいらない、仏はいらない」といったとしてもそれはウソです。

なぜなら霊的な世界に、霊魂がいて成長した霊魂、未熟な霊魂がいる時、もっともっと成長した霊魂、それを神や、仏とか呼ぶとすれば、それは必ずいます。
ただ地上には関わってきません。また、来る必要もありません。

その結果、どれだけ人々が呼んでも、仮に十字架に誰かがかけられて「神様助けて下さい」と信者が1万人祈っても神は何もしません。

まぁちゃん: それだったら、神様に祈ることは意味がないんじゃないかなー。

霊魂: だからといって、神はないのか、あるいはそれを信じることは間違いなのか?
それは違います。

なぜなら人々が念を出します。
「神にキリストを助けて下さい」と盛んに念を出します。念は力です。

もちろん神になどには届きません。
しかし、仮に神、仏が低い存在とするなら届きます。

まぁちゃん: 人は神や仏についていろいろ語るけど、もともとその存在を知らない人間が考えていることだから、その定義が難しいよね。

霊魂: 霊魂の世界には上下があって、上の方を神、仏と呼び、下の方を悪い霊魂、真ん中の方に人間がいるとするなら、上の方を神と呼んでいる限りは、上に届く訳がありません。

せいぜい先輩の霊魂の霊魂にしか届かない、これが念の法則です。

つまり、熱心な信者が1万人で呼んでも絶対に神には届かない。
これが法則です。

まぁちゃん: それなら、はじめから神を祈らず先輩の霊魂呼べばいいのに。

霊魂: いやそれでも神を呼べとある方はいいます。
それはなぜか?

思いが届かなくても上に向いていると、念の法則は、仮に高い霊魂達が何か霊的な力を降ろしたという時、この念を利用します。
つまり物質の世界には霊的世界との接点がありません。
接点がないのに何を祈ってもほとんど何もできません。

それでも念を出していれば、この自由意思による念、その跳ねかえりとしての幽気と呼ばれる空気のごとしが降りていきます。
これが幽体の栄養になります。

まぁちゃん: 人間の神や仏を求めるという自由な意思が、霊的な身体の栄養になるのか。

霊魂: だからイエスは言うのです。
「汝の神を愛せよ」

これが一番大切であり、「汝の隣人を愛せよ」よりも大切であると。

どこかの人は「こういう宗教がなくなれば世界は平和になる」と言います。

が、世界など平和にならずとも「汝の隣人を愛せよ」よりもより大切なのは「汝の神を愛せよ」なぜそう言うか?
念、想いこれが法則として力を生むからであります。

まぁちゃん: 霊的に考えると、信仰とは大事なことだったんだ。
だから、イエスキリストは強く主張したんだね。

信仰と霊的法則2へ続く
関連記事
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
プロフィール

イクラマン

Author:イクラマン
「契山館」という小さな会で昭和63年から霊魂学、霊的修行法を学んでおります。
このブログの内容は、修行中の未熟な会員によるものです。未熟さゆえの間違いや解釈も含まれますので、どうかご理解下さい。

◆不許無断複写転載◆



みずば霊魂学 新刊のご案内






































検索フォーム
天気予報
ブロとも申請フォーム
QRコード
カウンター

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。