HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト霊的進化 〈霊言講演〉  »  霊的進化2
RSSフィード

トレーニングなんて自分には関係ない?と思っている貴方にも幽体があります。

人間そして霊魂としての人生に、この幽体は大きく関わっています。

霊的なトレーニングとは、霊能力開発などではありません。

霊的な環境は、とても悪くなっています。

今、弱っている幽体に力を与えるのです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  ※イメージ画像

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
霊的進化1の続き

まぁちゃん: 「人間に対しそんなに言いたいことがある?」

霊魂: それというのも、人がこの世で幸福になろうとして、もがけばもがくほど、我らから見ると下がるからである。

人々の幸福は、物質を身につけることなので、我らの世界に来ると通用しない。
まぁちゃん: ということは、いま肉体を持って生活していながらも良くも悪くも霊的に変化してるんだ。

でも、幸福になろうと考えることは、ごく当たり前の心情じゃないかな?
そういった欲求があるからこそ、生き続けることが出来ると思うけど・・・

霊魂: 無論、人は肉の身を維持することを考えなければ生きられないので、 我々は人がごく当たり前に生きながらも、霊的に進化して欲しいと考えるのである。

例えば、水を一杯かぶるとしよう。
それだけで、我らの主張は、かなり多く入る。

水をかぶる瞬間に、我らは、その水により身体がどういう反応を示すか覚えている。
その覚えたことにより、その瞬間、その人の間気を調整し得るのである。

まぁちゃん: 禊法という霊的なトレーニングの初伝で水を使うよね。

霊魂: 間気とは、中国等でよく「気」と呼ばれるものである。
しかるに、これは間気であって幽気ではない。

間気は肉体と幽体の接着であり、幽気は幽体内の気である。

そのために霊魂は、その両者を見うるため複数でかかっている。

この複数の霊魂が、何かしら現象を起こすと、ようやく水をかぶることが霊現象になる。
それがないと、ただ単に水を入れた器をおのれの身体にかけて、シャワーになっている。

まぁちゃん: 人間が霊的な技法を行うと、たくさんの霊魂が協力してくれるんだ。

でも、霊魂が関与しなければ当然霊的な現象とはならないから、「オレは修行している!」なんて一生懸命になって水をかぶっても意味がないね。

霊魂: つまり水の一杯が実は霊的な進化の根元となる。

その霊魂の間気、もしくは幽気への作用は、確実に幽的な身体を変化させ、オーラを変えている。

これが、我らから見ると、より高貴な気をその人に降ろすための技術になる。

やがて、本人の幽的な質が上がるから、他界後は、いやでも上の世界に行くことになる。

まぁちゃん: 人間にとって霊的に良い影響を起こしうる霊魂の協力を得ることが、とても大切なことなんだ。

霊的修行法には作法があるけど、そのひとつひとつが霊魂との約束ごとになっているんだね。

霊魂: 死後の世界が本当に実在し、霊魂が本当にあるのなら、我らは確実にそれを知り、それを行うのだから、霊的技術があれば、人は誰しも進化できる。
が、知らぬから、人はただの物のみを見て下がっている。

霊的進化3へ続く
関連記事
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
プロフィール

イクラマン

Author:イクラマン
「契山館」という小さな会で昭和63年から霊魂学、霊的修行法を学んでおります。
このブログの内容は、修行中の未熟な会員によるものです。未熟さゆえの間違いや解釈も含まれますので、どうかご理解下さい。

◆不許無断複写転載◆



みずば霊魂学 新刊のご案内






































検索フォーム
天気予報
ブロとも申請フォーム
QRコード
カウンター

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。