HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト霊的進化 〈霊言講演〉  »  霊的進化1
RSSフィード

トレーニングなんて自分には関係ない?と思っている貴方にも幽体があります。

人間そして霊魂としての人生に、この幽体は大きく関わっています。

霊的なトレーニングとは、霊能力開発などではありません。

霊的な環境は、とても悪くなっています。

今、弱っている幽体に力を与えるのです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  ※イメージ画像

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
講演会は、対話形式ではありません。

まぁちゃん: 人が霊的な進歩をするためには、どうすれば良いでしょうか?

霊魂: その前に知っておかねばならぬ大切なことがある。

霊魂としての人間は、肉の身でありつつも、幽的な霊的身体を内に秘めている。常に人はダブっているがごとし。

そうでないと、今すぐ死んだとすれば、あの世に行く身体がない。

常に生まれてからずっと持ち続けているからこそ、死後すぐに移動できる。
よって幽の体を知ることが大切。

まぁちゃん: まず人間というものは、肉体とダブっている幽体という霊的身体があるということだね。

霊魂: そこで、幽の身を知らねばならない。幽の身は肉体の脳にもダブるはず。
そうでないと死後、肉の脳が消滅した時、記憶がすでにない。
脳の細胞が消去したら、何も意識が残るわけでもなし。

が、仮に他界があり、次の世があるなら、必ず幽の脳が一緒に他界している。

まぁちゃん: 幽体にも肉体の脳のような意識をつかさどるものがあって、肉体と連動しているから意識とか記憶が残るっていうわけか!

霊魂: 霊的な進歩は、人の世ではかなり難しい。

つまり、赤ちゃんが歩いたといって、それは一定の年齢になれば誰でも歩くこと。
それを進化とは言わない。ただの通常の過程である。

同様に、霊魂として人が進化するとは、普通の変化ではない。
確実な変化でないといけない。

つまり、猿が立つがごとしでないと進化と呼べない。
その進化は、実に幽の身を無視しては語れない。
まぁちゃん: 世の中では幽体という霊的な身体について、あまり語られることがないから、 もっとも身近である「心」というものが人間の本質などと考えてしまい、その心の変化や成長ばかりにこだわっていても、 幽体が進歩、成長しなければ霊的な進歩につながらないってことだね。

霊魂: 「私どもの申すことを信頼なさった方は、幸いかな」というのは、所詮人の身は、この世の目、この世の耳しかついていないから、死後の者を見ることがない。

まぁちゃん: つまり物質の肉体というものは、次元の違う幽体という存在を見ることも、その声を聞くということもできないんだね。

霊魂: 見えないで判断出来る範囲は、どこまでも推測にとどまっている。
我ら霊魂が声を大にして主張しても伝わるはずもなく、死の前の者にはなかなか分からぬが必然。

が、仮に死後の世界が無いとしたら、我らは全てまやかしである。
仮に、死後の世界があれば、我らの主張はどうせなら、なるべく沢山の人に伝えたい。

まぁちゃん: 霊魂は肉体がないから、直接人間に何かを伝えるということが難しい。

そこで唯一、人間の側と霊魂双方がトレーニングを積むことにより、霊魂の主張を正確に霊媒を通じて地上に表現できる「霊言」を行うんだね。

霊的進化2へ続く
関連記事
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
プロフィール

イクラマン

Author:イクラマン
「契山館」という小さな会で昭和63年から霊魂学、霊的修行法を学んでおります。
このブログの内容は、修行中の未熟な会員によるものです。未熟さゆえの間違いや解釈も含まれますので、どうかご理解下さい。

◆不許無断複写転載◆



みずば霊魂学 新刊のご案内






































検索フォーム
天気予報
ブロとも申請フォーム
QRコード
カウンター

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。