HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト霊魂について  »  霊感ないんです?
RSSフィード

トレーニングなんて自分には関係ない?と思っている貴方にも幽体があります。

人間そして霊魂としての人生に、この幽体は大きく関わっています。

霊的なトレーニングとは、霊能力開発などではありません。

霊的な環境は、とても悪くなっています。

今、弱っている幽体に力を与えるのです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  ※イメージ画像

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
それでいいんです。

本来、見えないものが見えたり、聞こえるはずのないものが聞こえるのは異常です。
霊的な力とは、肉体の健康や肉体を正常に機能させる力でもあるのです。

確かに霊能力を持った人もいます。
本物の霊能力というのは、それ相応の努力や苦難を経て得られたものです。

高級な霊魂と通じ合う訓練、正しい霊的なトレーニングの積み重ねがあって発揮されます。

このブログでは、信仰心の必要性を偉そうに語っていますが、実は僕も不真面目な部類だったでしょう。
宗教など全く興味がありませんでした。

今思えば勉強嫌いのようなもので、難しいことの押し付けを頭だけで理解するのではなく、実体験を通して自分のものにしたかったように思えます。

子供の頃から霊にまつわる怖い話や、いわゆる幽霊は存在すると思っていたし、亡くなったおじいさんもおばあさんも霊魂になっていると考えていました。

つまり霊魂の存在を信じるのであれば、様々な霊魂もたくさんいて、いちばん霊的レベルの高い霊魂がいても不思議ではないですよね。
僕はそうした存在を理解できれば良いと思っています。

難しい神様や仏様の名前など所詮人間が勝手に呼んでいるだけで、話を難しくして高貴な霊的存在を遠ざけてしまっているような気がします。

また、神の名を借りての売名行為や、自分に都合の良い神を語ることで、品格を落としてしまっているのかもしれません。

ただそれは、人の考える神や仏であって本来の高貴な霊的存在とは無関係に思えます。

自分にとっての高貴な存在を信じ、少しでも近づくことが出来ればそれが霊的成長であると感じます。
関連記事
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
プロフィール

Author:イクラマン
「契山館」という小さな会で昭和63年から霊魂学、霊的修行法を学んでおります。
このブログの内容は、修行中の未熟な会員によるものです。未熟さゆえの間違いや解釈も含まれますので、どうかご理解下さい。

◆不許無断複写転載◆



みずば霊魂学 新刊のご案内






































検索フォーム
天気予報
ブロとも申請フォーム
QRコード
カウンター

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。