HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト体験  »  師は集会に瞬間移動で来ていなかった
RSSフィード

トレーニングなんて自分には関係ない?と思っている貴方にも幽体があります。

人間そして霊魂としての人生に、この幽体は大きく関わっています。

霊的なトレーニングとは、霊能力開発などではありません。

霊的な環境は、とても悪くなっています。

今、弱っている幽体に力を与えるのです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  ※イメージ画像

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
入会当初、欠かさず集会に出かけておりましたが、瞑想していて同じ時間になると、廊下からコツッ、コツッ、コツッと先生の足音が聞こえて来るのです。

僕は「きっと、瞬間移動しているに違いない」と思っていたのです。
今となっては笑い話ですが、真剣にそう信じていました。

確かに霊魂であれば、肉体を持たず霊的身体のみなので、壁をすり抜けたり、瞬間移動も可能です。

しかし、いかに霊能力者であっても生身の人間に出来ることと出来ないことがあります。
こんなこと説明するまでもないかぁ。

昔、この霊的集会に知り合いを通じた人達を連れてきました。
ある宗教的思想を支持する方々だったのです。

そのうちの一人の方が公開霊査(霊的な調査、診断)を申し込まれたのです。

その方は、手を当てる式の施術を行っている方でした。

霊的調査により、手から間気が流出して、間気不足である指摘をされました。

そして、支持する宗教的思想に関与してくる低い霊魂がいることを告げました。

集会が終わり、僕は喫茶店でコーヒーを飲んでいました。

すると、ガヤガヤと入って来る人がいましたので、横目で見ると集会に誘った人達だったのです。

もちろん、僕のことは気が付かない様子です。

彼らの話に耳をすますと、霊査を受けた方が話はじめました。
「あの人が、先生に私のことを事前に伝えていたのでしょう」と笑っていました。

当然、あの人とは僕のことです。

実は師には、彼らのことは何の告げ口もしていないのです。

ということは、霊査の内容が図星だったということです。

恐るべし、霊的調査。
関連記事
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
プロフィール

Author:イクラマン
「契山館」という小さな会で昭和63年から霊魂学、霊的修行法を学んでおります。
このブログの内容は、修行中の未熟な会員によるものです。未熟さゆえの間違いや解釈も含まれますので、どうかご理解下さい。

◆不許無断複写転載◆



みずば霊魂学 新刊のご案内






































検索フォーム
天気予報
ブロとも申請フォーム
QRコード
カウンター

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。