HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト霊魂学について  »  神様は人の形をしていない!?
RSSフィード

トレーニングなんて自分には関係ない?と思っている貴方にも幽体があります。

人間そして霊魂としての人生に、この幽体は大きく関わっています。

霊的なトレーニングとは、霊能力開発などではありません。

霊的な環境は、とても悪くなっています。

今、弱っている幽体に力を与えるのです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  ※イメージ画像

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人間というものは、勝手な思い込みで生きているのだなと感じます。
むかし僕は、神様は人の形をしていると思っていました。もちろん、皆さんの中にもそう考えている人は多いことでしょう。

また、男か女であるとか、性格などもイメージづけてしまいます。
実は、人間は誰も神など見たこともないのです。

霊魂学的には、霊的生命体の中で一番上の存在を神霊と呼んでいます。
人間とどこが違うのかといえば、身体です。人間は死後、幽体という霊的身体で活動します。
さらに成長というか、進化すると霊体という身体の存在がいます。
もう、この辺りの存在は神のようですが、もっと上には神体という神霊が存在するようなのです。

肉体を持つ人間が神になったとか、神と交流しているのなど、人間が軽々しく語るような存在ではないのです。

僕が霊的なことに興味を持った頃、いろいろな霊能力者の本を読みましたが、平然と神や仏と交流していると言う人が多かったことを思い出します。

その頃の僕は霊的な知識など全くありませんでしたが、言っていることが極端過ぎると、このど素人の僕でも感じたのです。

その中で、水波一郎師の本が論理的で自分が納得できるというか、すうっーと馴染みました。

話を戻しますが、人は元々は霊魂です。
肉体に生まれるからこそ、幽体という身体が肉体と共に形成されるのであって、肉体は、この物質世界に適応した形でしかないのです。

人間が霊魂になれば、姿を変えることもできるようです。
もちろん、霊的世界は環境が全く違うし、人間の想像もつかないような世界です。

確かに僕も神様の姿を見たことはありませんので、偉そうなことは言えませんが、神様は人の形をしているわけがないと考えます。

極端な話になってしまい、こんなこと考えているならトレーニングしろと怒られそうなので、この辺で。
関連記事
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
プロフィール

イクラマン

Author:イクラマン
「契山館」という小さな会で昭和63年から霊魂学、霊的修行法を学んでおります。
このブログの内容は、修行中の未熟な会員によるものです。未熟さゆえの間違いや解釈も含まれますので、どうかご理解下さい。

◆不許無断複写転載◆



みずば霊魂学 新刊のご案内






































検索フォーム
天気予報
ブロとも申請フォーム
QRコード
カウンター

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。