HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト霊能力  »  高級霊による霊的調査(診断)は、後からじわっ~とくる
RSSフィード

トレーニングなんて自分には関係ない?と思っている貴方にも幽体があります。

人間そして霊魂としての人生に、この幽体は大きく関わっています。

霊的なトレーニングとは、霊能力開発などではありません。

霊的な環境は、とても悪くなっています。

今、弱っている幽体に力を与えるのです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  ※イメージ画像

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
かれこれ20年近く昔、友人に師が行う霊査(霊的調査)を勧めました。

その時はピンとこないようでしたが、最近になり「あの先生は当たるよ!」と言っていました。

友人はプライドが高く、強がりなところもあり深くは追及しませんが、霊査で指摘された心理が現れたのではないかと思います。

当たる霊能者はたくさんいることでしょう。

日常的な出来事は、人間に近い霊的レベルの霊魂の方が詳しいかもしれません。

ところが、人間の過去世といった魂というレベルの調査は、低級霊には無理なのです。

あげくの果ては、低級霊がさも当たったかのように働きかけたりしています。

昔から占いは「あたるもはっけ、あたらぬもはっけ」というように、統計学的要素が強いものですが、良く当たる方は、霊能者のように霊魂が手助けしている可能性もあるようです。

この世で暗躍する低い霊魂は、人間を操りたいとか自分の仲間に引き込むことが目的です。

良く当たると評判が立てば、人が大勢訪れてくれるのだから、願ったり叶ったりということになります。

自分の努力を忘れ、目先のご利益ばかり追い求めてしまうと、低い霊魂のえじきになってしまいます。

「じゃぁ、お前だって霊的なトレーニングで死後の幸福を得ようとし、ご利益を求ているだろう」と言われるかもしません。

ただ霊的なトレーニングとは、あの世で上の世界に入ることだけが目的ではありません。

低い世界が異常なだけです。

霊魂として、ごく普通の世界入り、さらなる魂の進歩向上を求めて行くのです。
それが霊魂としての自然な欲求でもあるのです。
関連記事
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
プロフィール

イクラマン

Author:イクラマン
「契山館」という小さな会で昭和63年から霊魂学、霊的修行法を学んでおります。
このブログの内容は、修行中の未熟な会員によるものです。未熟さゆえの間違いや解釈も含まれますので、どうかご理解下さい。

◆不許無断複写転載◆



みずば霊魂学 新刊のご案内






































検索フォーム
天気予報
ブロとも申請フォーム
QRコード
カウンター

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。