HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト死後の世界  »  霊魂に教えてもらった この世の常識がくつがえる あの世とは
RSSフィード

トレーニングなんて自分には関係ない?と思っている貴方にも幽体があります。

人間そして霊魂としての人生に、この幽体は大きく関わっています。

霊的なトレーニングとは、霊能力開発などではありません。

霊的な環境は、とても悪くなっています。

今、弱っている幽体に力を与えるのです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  ※イメージ画像

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昔から宗教において、悪いことをすると地獄に落ち、善いことをすると天国に行けると言われています。
確かに我々人間にとって、理にかなっているように思えます。

ところが、タイトル「気になる霊的な気」で触れたように、地上における善悪で死後の世界が成り立っているのではありません。

もちろん、多くの方が納得の行かないところもあるでしょう。
こうした考えも当然の発想のように思えます。

ただ、これは肉体を持ち物質界に生きる人間にとっての善悪です。

物質界においては、肉体も弱いものですし、資源も限られています。
命は大切にしなければならないし、限りある資源は大事に使わなければなりません。

人の命を奪ったり、他人の物を盗むのは悪いことです。

では、人が死ななかったらどうでしょう。

食べなくても大丈夫なら、無理に働く必要もありません。
必要なものは、ドラえもんに頼まなくても、自分で思った瞬間現れます。

電車や飛行機に乗らなくても、瞬間移動も可能です。
疲れることもないし、お金の価値もありません。

殺人は起きないし、取った取られたと大騒ぎする必要もなく、好きな時に好きな事をしていれば良いのがあの世です。

根本的な環境、身体が違うのです。

となれば、物質界における常識は全く通用しないことになってしまいます。

物質の世界とあの世といわれる幽界において共通しているのが、人間には見えない霊的作用や影響です。

肉体とダブっている幽体は、食べたりしなくても生き続けています。

しかし、非常に未熟でもあり、他者からの幽気というものに、知らないうちに影響を受けています。

そのまま放置してしまうことで、馴染みやすい世界にしか入れないのです。
そこには、とても恐ろしい先住民の霊魂がいるのです。

そうした低い世界に入りたくないのであれば、地上の善悪は別と考え、幽体に力をつけて健全にしておくことで、幽体に相応しい世界に行くことができます。

この世の財産、知識や名声もあの世では通用しません。

唯一あの世に持ち越されるものが、今ある肉体とダブった幽体です。

ご参考になるページをリンクしておきます。
霊的情報館 霊をさぐる 「わるいれいこん???-1」
関連記事
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
プロフィール

Author:イクラマン
「契山館」という小さな会で昭和63年から霊魂学、霊的修行法を学んでおります。
このブログの内容は、修行中の未熟な会員によるものです。未熟さゆえの間違いや解釈も含まれますので、どうかご理解下さい。

◆不許無断複写転載◆



みずば霊魂学 新刊のご案内






































検索フォーム
天気予報
ブロとも申請フォーム
QRコード
カウンター

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。