HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト体験  »  静かな川辺に独特の幽気がとどまっていた
RSSフィード

トレーニングなんて自分には関係ない?と思っている貴方にも幽体があります。

人間そして霊魂としての人生に、この幽体は大きく関わっています。

霊的なトレーニングとは、霊能力開発などではありません。

霊的な環境は、とても悪くなっています。

今、弱っている幽体に力を与えるのです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  ※イメージ画像

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
僕はギャンブルはやらないのですが、友人が競艇場に連れて行って欲しいと言われ、車で連れていってあげました。

レースが始まっていない早い時間だったので、ひと気もまばらでした。

時間もあったので、散歩がてらレースの行われる静かな川辺に出てみたところ、後ろにそり立つ観客席には人はいないのですが、怒号が聞こえるかのような人間の欲望と失墜が渦巻いているかのような感じを受けました。

こうした場所には、特有の幽気がたまっているようです。

ある時、友人の付き合いで、精神科の病院にお見舞いに行きました。

そんなに古びた病院ではなく、比較的きれいな感じでしたが、何と病院内が煙っているような圧迫を感じるような状態です。

こうした病院に勤めている人は、毎日こんな環境で仕事をしなければならないのだから大変だなと思いました。

霊的なトレーニングを行っていなければ、霊的な不調になってしまうのではないかと感じます。

たまに、他人の家や車に入った時、ムッとするようなことがあります。幽気というものは、土地や家にとどまっていたり、物品などにも付着します。

そうした低い幽気があると、低い霊魂が寄って来てしまうことさえあります。

そのような場合は、祓いというものが有効です。

ただ、本格的な祓いになると、霊的なトレーニングを積んだ霊力のある方でないと効果は見込めません。

僕は普通の一般人ですが、霊的なトレーニングを行い、祓い講習を受けてからは、引っ越しの時や、他人の使用した中古品を買った場合などにも行えます。

また友人から祓いを頼まれますが、「なんだかスッキリした」と言って、とても喜ばれています。
関連記事
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
プロフィール

イクラマン

Author:イクラマン
「契山館」という小さな会で昭和63年から霊魂学、霊的修行法を学んでおります。
このブログの内容は、修行中の未熟な会員によるものです。未熟さゆえの間違いや解釈も含まれますので、どうかご理解下さい。

◆不許無断複写転載◆



みずば霊魂学 新刊のご案内






































検索フォーム
天気予報
ブロとも申請フォーム
QRコード
カウンター

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。