HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト死後の世界  »  あの世(死後の世界)でやさしい霊魂
RSSフィード

トレーニングなんて自分には関係ない?と思っている貴方にも幽体があります。

人間そして霊魂としての人生に、この幽体は大きく関わっています。

霊的なトレーニングとは、霊能力開発などではありません。

霊的な環境は、とても悪くなっています。

今、弱っている幽体に力を与えるのです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  ※イメージ画像

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
幽界という霊的世界は、タイトル「気になる霊的な気」でお話したように、高い世界と低い世界に分かれています。

低い世界は、とても辛い世界のようですが、比較的上の方に入れた霊魂はどのような霊魂なのでしょうか。

我々人間は、肉体で生活していますので、肉体を維持するための欲求があります。

むしろ当然といえますが、そうしたものに振り回されてしまう傾向にあります。

今肉体とダブっている死後使用する身体である幽体は、肉体とは異なり、食べることも寝る必要もないようです。

そうなると、生活のためお金を稼ぐこともないし、好きな時に好きなことをしていれば良いことになります。

霊的世界は、幽体という身体の質や状態で住むべき世界が決まります。

高い環境に馴染める身体であれば、その身体に応じた意識となるので、当然低い世界の住人とは意識も違います。

低い世界に入ってしまうと、なぜ辛いかといえば、学校や会社という集団の中で、いじめが起きるように、この世の人間関係ならぬ霊魂関係があるため、弱い者はとことんいじめられ、強い霊魂の命令は従わざるを得ないのです。

これとは対照的に、高い環境に応じた意識を持つ霊魂は、新参者である弱い者をいたわる気持ちを持っているようです。

古今東西、宗教における死後の世界観は、神や仏から遠い世界は痛みや苦しみの絶えない世界で、近づくことで極楽や天国と呼ばれています。

神や仏に近づくには、高貴な存在から力を得ることでしかないからです。

その方策が、仏教でありキリスト教や諸々の宗教であったのです。

こうして宗教には高貴な存在を欠かすことはできません。

宗教の意味や価値が様々な形で取り沙汰されていますが、そうした高貴な存在からの力を得ることができるかということが重要になります。

ご参考になるページをリンクしておきます。

霊的情報館 霊をさぐる 「霊魂からの証言 死後不幸にならずにすんだ人」
関連記事
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
プロフィール

イクラマン

Author:イクラマン
「契山館」という小さな会で昭和63年から霊魂学、霊的修行法を学んでおります。
このブログの内容は、修行中の未熟な会員によるものです。未熟さゆえの間違いや解釈も含まれますので、どうかご理解下さい。

◆不許無断複写転載◆



みずば霊魂学 新刊のご案内






































検索フォーム
天気予報
ブロとも申請フォーム
QRコード
カウンター

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。