HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト霊的真実  »  肉体を持ち苦労する人間という名の霊魂
RSSフィード

トレーニングなんて自分には関係ない?と思っている貴方にも幽体があります。

人間そして霊魂としての人生に、この幽体は大きく関わっています。

霊的なトレーニングとは、霊能力開発などではありません。

霊的な環境は、とても悪くなっています。

今、弱っている幽体に力を与えるのです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  ※イメージ画像

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この世は、まるで型にはめられたような生活をしなければなりません。

子供の頃から勉強を強いられ、やっと学校を卒業して自由になれるのかと思うと、今度は仕事をする必要があります。

会社に入れば嫌な上司に逆らうことも出来ず、言いたいことも言えず我慢して、お客さんには別におもしろいわけでもないのに笑顔でペコペコ頭を下げて、家に帰ればぐったりです。

自営業も大変です。
景気が悪くなれば、仕事は少なくなり、そのうえ単価は安くされ、借金も増えてしまい、何とかやり繰りしているという方も多いのではないでしょうか。

女性も正社員で雇ってもらえないし、子供を持てばあらぬ出費がかさむし、ちょこっとパートに出ても時給は安く家事に追われ、やっと一息ついて時計を見れば、夜も遅く明日の為に睡眠も取らねばなりません。

それに病気やケガも心配です。

自分だけではなく、家族のことも気がかりです。

それは、全て肉体を持っているからです。お金がなければ食べられないし、無理して働けば体を壊してしまいます。
とても厄介な身体です。

同じような毎日の繰り返しに嫌気もさしますが、ゆっくりできると思ったら死が目前です。

肉体の死を哀れんでいるのは、我々だけのようです。

確かに身近な人がいなくなるのは、辛いことです。
人間にとって死とは一大事です。

そうした我々も、もともと霊魂で人に生まれ、肉体を失えば、また霊魂になります。

肉体の死とは一通過点です。

肉体を持って生きている時間など、永遠と続くあの世の生活に比べれば、ほんの少しのようです。

もちろん、僕だって死を体験したことがないので、わかったようなことを言うつもりもないですし、痛いのは嫌ですし、なるべく辛いことは避けたいと思っています。

こうして考えると、もっと霊魂やあの世について真面目に語られて良いと思います。

この世で苦労して、さらにあの世でも苦しむのでは散々です。

わからないから無いと決めつけるのではなく、全ての人が魂も霊的身体を持っているのだから、霊的存在であるという実感は得られると思うのです。

もっと柔軟に捉えてもらえれば、だんだんと真実が明かされるのではないでしょうか。
関連記事
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
プロフィール

Author:イクラマン
「契山館」という小さな会で昭和63年から霊魂学、霊的修行法を学んでおります。
このブログの内容は、修行中の未熟な会員によるものです。未熟さゆえの間違いや解釈も含まれますので、どうかご理解下さい。

◆不許無断複写転載◆



みずば霊魂学 新刊のご案内






































検索フォーム
天気予報
ブロとも申請フォーム
QRコード
カウンター

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。