HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト霊魂学について  »  雑味のない霊魂目線の霊魂学
RSSフィード

トレーニングなんて自分には関係ない?と思っている貴方にも幽体があります。

人間そして霊魂としての人生に、この幽体は大きく関わっています。

霊的なトレーニングとは、霊能力開発などではありません。

霊的な環境は、とても悪くなっています。

今、弱っている幽体に力を与えるのです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  ※イメージ画像

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
霊魂学というものは、宗教的な教えのようなものではありません。

人間の本質である霊魂というものを分析したり、霊的世界の法則や実態を解明するものです。

一般的な宗教教義とは異なっています。

例えば、善いことをすれば天国に行き、悪いことをすれば地獄に行くといった抽象的なものではなく、まず霊的世界はどうなっているか。
そこに上下があるのなら、どういった法則で成り立っているのか。

人間はどう対処すれば良いのかを追及するのです。

善いことを行うとか、自分を律するといった行為により、心を変えることが霊的成長であると考える人もいますが、霊魂学では心の成長がイコール霊的成長につながるものではないと主張しています。

まず、霊的成長がどういったものであるかを考える必要があると思います。

ところが霊的なことなので、人間には見えないし頭で考えてわからないのです。

しかし、霊的世界には霊的に成長した霊魂と未熟な霊魂がいるのです。

その違いを探ることで、霊的成長やその必要性も明確になります。

気象学において、昔の天気予報は外れることが多く占いのようなものでしたが、統計学に加えコンピューターによる解析、雨雲レーダーや気象衛星という技術革新により、詳細なデータが得られることで飛躍的に進歩したように感じます。

地上から空の様子を判断していたものが、視点を変え上空から眺めることが可能になったことが大きいと思います。

霊的、宗教的分野においても、こうした技術革新があって良いのではないでしょうか。

人間目線ではなく霊魂目線で視る。

それが霊的なトレーニングから生まれた霊魂学のように思えます。
関連記事
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
プロフィール

Author:イクラマン
「契山館」という小さな会で昭和63年から霊魂学、霊的修行法を学んでおります。
このブログの内容は、修行中の未熟な会員によるものです。未熟さゆえの間違いや解釈も含まれますので、どうかご理解下さい。

◆不許無断複写転載◆



みずば霊魂学 新刊のご案内






































検索フォーム
天気予報
ブロとも申請フォーム
QRコード
カウンター

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。