HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト死後の世界  »  死後の世界のことは霊魂に聞くしかない!
RSSフィード

トレーニングなんて自分には関係ない?と思っている貴方にも幽体があります。

人間そして霊魂としての人生に、この幽体は大きく関わっています。

霊的なトレーニングとは、霊能力開発などではありません。

霊的な環境は、とても悪くなっています。

今、弱っている幽体に力を与えるのです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  ※イメージ画像

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
霊魂の存在を信じる方であれば、死後の世界はどんな所なのか気になるでしょう。我々もいずれ他界することになりますので、出来ることなら知りたいものです。
世の中には、「死後の世界を見た」という証言もあります。臨死体験や体外離脱、夢の中で見たとかいろいろあるでしょう。

しかし、こうしたものは人間の証言です。
肉体と幽体はダブっています。幽体が完全に分離してしまうのが霊的な意味での死というものです。

生き返ったということは、完全に分離したとはいえません。仮死状態、間気というものでつながっているからこそ、蘇生が起ります。
あくまで“死後”というのであるからには、生き返ったのなら霊的な意味で死んでいないということになってしまいます。

人間は霊的存在である以上、多少不思議なことがあってもおかしくありませんが、死後の世界を見たとか行って来たとか、ほとんどそんな気持ちになっているだけです。

どんなに科学や技術が発達した現代においても、ちっとも前進しないのが霊的分野です。むしろ、無神論や唯物論が増え、霊的世界も商業主義に走り後退しているかのように思えます。

死後の世界があるのか無いのか、議論しているのは肉体を持つ人間だけです。
それは、肉体を持ち生きていることにより、霊的なことが良くわからないようになっています。

こうしたことを前提とせず、頭で考えてしまうからこそ、あの世に対する見方が物質的であったり、都合よく解釈されてしてしまうのです。
このような考えが蔓延してしまっているのが現実です。

やはり、死後の世界の住人である霊魂に聞くのが、何より信用できる証言ではないでしょうか。
もう、これしかありません。
関連記事
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
プロフィール

Author:イクラマン
「契山館」という小さな会で昭和63年から霊魂学、霊的修行法を学んでおります。
このブログの内容は、修行中の未熟な会員によるものです。未熟さゆえの間違いや解釈も含まれますので、どうかご理解下さい。

◆不許無断複写転載◆



みずば霊魂学 新刊のご案内






































検索フォーム
天気予報
ブロとも申請フォーム
QRコード
カウンター

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。