HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト霊から身を守る  »  人間は低級霊に勝ち目はないのか?
RSSフィード

トレーニングなんて自分には関係ない?と思っている貴方にも幽体があります。

人間そして霊魂としての人生に、この幽体は大きく関わっています。

霊的なトレーニングとは、霊能力開発などではありません。

霊的な環境は、とても悪くなっています。

今、弱っている幽体に力を与えるのです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  ※イメージ画像

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
低い霊魂の対処について、悲しいお知らせばかりで大変恐縮でございますが、こんなもので終わらないのが霊魂学です。

低級霊にビクビクしているようでは、何も始まりません。
こうした存在は「恐れず、あなどらず」が肝心です。

そのような低級霊が傍若無人に振る舞うのなら、さらなる一手を打つのです。

盛り塩やお守りもあてにならない、お経も呪文もあまり効果がない。
心の変革も期待できない。

物質的な作用は望みが薄く相手は見えない存在です。

しかし、我々にも霊魂と同じ幽体があります。
もうお分かりと思いますが、霊的な力、霊力で対抗するのです。

人間には肉体を持っているというハンデがあります。

それでも、霊的な進歩向上という正しい道を歩む者には、高級霊が手を差し延べてくれます。正しい道を阻む者は、邪な道です。

低い霊魂は、人間を間違った方向に進ませようとしています。

何も知らない、気が付けないことを幸いに、やりたい放題です。
人間は、もっといきどおりを感じても良いと思うのです。

もちろん、高級霊も人間の自由意思を尊重しているので、黙っていても力になれません。

まずはオーラを強く発し高級霊と交流することが大切です。

そうすれば、高級霊も力になってくれることでしょう。強いオーラを発していれは、低級霊からは見えにくくなってしまいます。

霊的世界は、霊力が物をいいます。たとえ肉体を持っているというハンデがあったとしても、霊力次第で対抗できるのです。

上級の霊的なトレーニングをこなした人になると、霊縛(れいばく)といって、一時的に霊魂の自由を奪ってしまう霊術さえ行使できるのです。

求めるべきものは、霊能力ではなく霊力です。霊力があれば低級霊になど負けないのです。

参考リンク 霊をさぐる 霊縛
関連記事
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
プロフィール

イクラマン

Author:イクラマン
「契山館」という小さな会で昭和63年から霊魂学、霊的修行法を学んでおります。
このブログの内容は、修行中の未熟な会員によるものです。未熟さゆえの間違いや解釈も含まれますので、どうかご理解下さい。

◆不許無断複写転載◆



みずば霊魂学 新刊のご案内






































検索フォーム
天気予報
ブロとも申請フォーム
QRコード
カウンター

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。