HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト霊から身を守る  »  霊から身を守る法を考えてみる
RSSフィード

トレーニングなんて自分には関係ない?と思っている貴方にも幽体があります。

人間そして霊魂としての人生に、この幽体は大きく関わっています。

霊的なトレーニングとは、霊能力開発などではありません。

霊的な環境は、とても悪くなっています。

今、弱っている幽体に力を与えるのです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  ※イメージ画像

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人間と霊魂の違いは、肉体があるかないかです。

低い霊魂は霊的なものや人間の幽体がわかりますが、肉体がないので、物質は見えないのです。
当然ながら、物質に対する影響力は、ほとんどありません。

こうしたことを考えると、盛り塩やお守りなどはあくまで物質です。

霊魂が嫌がるとか、逃げるとは到底思えません。

物品に霊的な力を持たせない限り難しいのです。

霊は水場を好むともいわれていますが、幽体の霊魂が水を欲するはずもなく、あくまで水は物質なのだからわかりません。

例えば、その場が霊的に特殊な状態であれば、近寄ってくることは考えられます。

また、お経や呪文も同様なことが言えます。

人間の言葉は霊魂には聞こえません。
心を入れ替えるとか、成仏するとかさせるなど、あり得ないことです。

同じ人間でさえ他人を説得するのは大変なことです。

そうしたことを考えれば、次元の違う霊魂を諭したり、霊的に向上させるなど人間にできるわけがないのです。

低級霊が興味を持つ人間とは、超能力や霊能力を求めている人です。

少しでも好奇心をくすぐってしまえば、取り込むことが容易だからです。また、タイトル「幽霊はいない!?」でお話したように、間気が漏れてしまっている人は、低い霊魂がいたずらしやすい状況です。

霊的状態を健全にさせることも、霊から身を守る方法といえます。
関連記事
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
プロフィール

Author:イクラマン
「契山館」という小さな会で昭和63年から霊魂学、霊的修行法を学んでおります。
このブログの内容は、修行中の未熟な会員によるものです。未熟さゆえの間違いや解釈も含まれますので、どうかご理解下さい。

◆不許無断複写転載◆



みずば霊魂学 新刊のご案内






































検索フォーム
天気予報
ブロとも申請フォーム
QRコード
カウンター

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。