HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト念力  »  念の影響
RSSフィード

トレーニングなんて自分には関係ない?と思っている貴方にも幽体があります。

人間そして霊魂としての人生に、この幽体は大きく関わっています。

霊的なトレーニングとは、霊能力開発などではありません。

霊的な環境は、とても悪くなっています。

今、弱っている幽体に力を与えるのです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  ※イメージ画像

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.11.07
タイトル「祈りの力」にありますように、人が発する念には幽的エネルギーがあります。

一方では霊魂と交流し霊的な栄養を取るために有効でありますが、強い念は相手の幽体に衝撃を与えてしまうほど恐ろしいもので、想いや念は、まさにもろ刃の剣といえます。

いろんな人の霊的調査を聞くと、多くの方の幽体がそうした念により損傷しているようです。

複雑な人間関係、様々な意見や考えを持っている人が同じ社会の中で生活しているわけですから、むしろ当然のことかもしれません。

ただ、死後の世界は幽体の質や状態で行くべき世界が決まってしまうので、お互い気付かないうちに、足の引っ張り合いとなっているようにも思えます。

強い怒りや憎しみ、恨みの念を出さないように心がけることが大事なのでしょうが、腹が立てば、怒りたくもなるし恨むなと言われても、どうしても恨んでしまうものです。

忘れたくても憎いアイツの顔が脳裏に浮かんでくるし、考えたくないと思っても執着してしまうのが人間ではないでしょうか。

僕も偉そうに他の人に、どうのこうの言えるほどの人格でもないし、寛容でもありません。
ただ、対応策は理解しています。幽体は修復可能で強くもなり、念の質さえ変えることもできるのです。

有限な肉体と違い、幽体は柔軟性を持っています。幽体の傷は霊術で対応することもできますし、幽体を強化すれば、同じ念を受けても影響は小さくなってしまうのです。

幽体に力があるとは、肉体の体力と同じで抵抗力や免疫力がアップし病気にかかりにくくなったり、自然治癒力が増すのと同様に、幽体の損傷が自然と修復されてしまうのです。

念がなぜ人の幽体をそこまで損傷させてしてしまうかといえば、念の質が荒い、低いという点にあるのです。
念の質は幽体そのものにあるのです。幽体を成長させることで念の質も変わってきます。

幽体を成長させれば、高級霊と交流できるように、念の質も高く変わってきます。逆に低級な霊魂からは、想念が読み取りにくくなってしまうのです。

行き着くところが、やはり幽体を強く成長させることが、何よりもの対策ではないかと思います。
関連記事
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
プロフィール

Author:イクラマン
「契山館」という小さな会で昭和63年から霊魂学、霊的修行法を学んでおります。
このブログの内容は、修行中の未熟な会員によるものです。未熟さゆえの間違いや解釈も含まれますので、どうかご理解下さい。

◆不許無断複写転載◆



みずば霊魂学 新刊のご案内






































検索フォーム
天気予報
ブロとも申請フォーム
QRコード
カウンター

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。