HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト霊的な気  »  間気(かんき)
RSSフィード

トレーニングなんて自分には関係ない?と思っている貴方にも幽体があります。

人間そして霊魂としての人生に、この幽体は大きく関わっています。

霊的なトレーニングとは、霊能力開発などではありません。

霊的な環境は、とても悪くなっています。

今、弱っている幽体に力を与えるのです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  ※イメージ画像

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人の肉体と幽体の間を取り持つ気、それを間気と呼んでいます。

肉体と霊的身体である幽体はダブっていますが、肉体は物質であり幽体は幽質です。
その異なる両者をつなぎ止めるものが必要になります。

幽質でありながら物質にも作用する中間的な気がなければ、肉体と幽体をくっ付けておくことができません。
それだけに肉体にとても身近で関係の深い気といえます。

間気というものは、人により異なっています。
それを知らずに、他人に与えたり補充したりすることは良くありません。

例えば、間気が不足して体調がすぐれないとか病気であった場合、その方に間気を補充すると一時的な改善もみられます。

ところが他人の間気が入ったことで、次第に不調和を起こし更なる不調につながってしまうことが考えられます。

間気が不足しているのであれば、漏れている所はないだろうか、生産がしっかり出来ているのか、滞りはないだろうか、原因を突き止め改善することが望まれるのです。

肉体が生命活動する上で間気は消費され、その生産を自分で常に補って行かなければならないものです。
そうしたことを考えれば超能力、霊能力開発などといって無駄に使ってはいけないのです。

間気が漏れていたり不足すると、病気やケガにつながることがありますし、悪意を持った霊魂に干渉されてしまう危険もあるのです。

こうしたことを考えると、ご自身で霊的な力をつけることが大事となります。
そのためには、霊的なトレーニング行って頂き、間気がどんどん生産して頂きたいと思っています。

もちろん、最適なトレーニングも用意されています。
それが神伝禊法の初伝というものです。
関連記事
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
プロフィール

イクラマン

Author:イクラマン
「契山館」という小さな会で昭和63年から霊魂学、霊的修行法を学んでおります。
このブログの内容は、修行中の未熟な会員によるものです。未熟さゆえの間違いや解釈も含まれますので、どうかご理解下さい。

◆不許無断複写転載◆



みずば霊魂学 新刊のご案内






































検索フォーム
天気予報
ブロとも申請フォーム
QRコード
カウンター

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。