HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトオーラ  »  霊魂学におけるオーラ
RSSフィード

トレーニングなんて自分には関係ない?と思っている貴方にも幽体があります。

人間そして霊魂としての人生に、この幽体は大きく関わっています。

霊的なトレーニングとは、霊能力開発などではありません。

霊的な環境は、とても悪くなっています。

今、弱っている幽体に力を与えるのです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  ※イメージ画像

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
霊魂学においてもオーラを重視しています。

異なるものをオーラと呼んでみたり、色を指摘することに意味がないのであって、その出方や強弱が霊的状態や成長に関わっているのです。

幽体そのものに力があればオーラを強く発し、力が弱いとあまり出ていないのです。

また、人から強い念を受けると幽体が傷ついてしまったり、低い幽気が付着している場合などオーラが出にくくなってしまいます。

オーラからも幽体の状態がわかるのです。

オーラの鑑定とか診断というのであれば、こうしたものなのです。

あくまで、幽体という身体の状態が把握できるのであって、人格などを表すものではありません。

霊的なトレーニングを行う時、高級霊はオーラの動きを注視しているのです。

肉体と幽体はダブっていますから、作法にある動作を行うと、幽体から発しているオーラも同時に動きます。
これが約束事になっていて、トレーニングが成り立ちます。

オーラを強く発していることも大事ですし、作法を正しく行う必要もあるのです。
関連記事
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
プロフィール

イクラマン

Author:イクラマン
「契山館」という小さな会で昭和63年から霊魂学、霊的修行法を学んでおります。
このブログの内容は、修行中の未熟な会員によるものです。未熟さゆえの間違いや解釈も含まれますので、どうかご理解下さい。

◆不許無断複写転載◆



みずば霊魂学 新刊のご案内






































検索フォーム
天気予報
ブロとも申請フォーム
QRコード
カウンター

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。