HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト信仰心  »  霊的に考える宗教とは
RSSフィード

トレーニングなんて自分には関係ない?と思っている貴方にも幽体があります。

人間そして霊魂としての人生に、この幽体は大きく関わっています。

霊的なトレーニングとは、霊能力開発などではありません。

霊的な環境は、とても悪くなっています。

今、弱っている幽体に力を与えるのです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  ※イメージ画像

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
現代はインターネットが普及し、調べたいことがあれば沢山の情報が出て来るし、質問をすれば沢山の人から回答が返ってくるといった、とても便利な時代になりました。

ただ、これだけ情報があふれてしまうと、正しい情報を識別するのが返って難しくなってしまいます。

特に霊的、宗教的世界は検証が難しいこともあり、信じるとか信じないという個人の判断になってしまいます。

宗教というものを考える時、その基準は『教え』というもので判断すると思うのです。

なにしろ前面に出てくるのは、こうしたものです。

ある人が「私は宗教が嫌いだけれども、聖書の哲理にうなづけるところがある」と言っていました。

確かに教えに含まれる哲理というものは、人生の指針にもなることでしょう。

それは、目の前にある生き方の問題や方策で、宗教の大事なところが抜け落ちてしまっているような感じがします。

この世で生きる為には、社会の安定を前提とした生き方も、まとまりも必要です。

時代が変われば、教えの価値も薄れてしまう部分もあるでしょう。

それでも宗教というものは、道徳的なことを更に飛び越え、人間の本質に迫ろうとするものだと思うのです。

信仰とは神様や仏様に御力を頂き、連なるということを意味します。

残念なことに、神や仏といった存在と人間には距離があり、それを埋めるパイプ役が霊魂であるのに、霊魂の存在を認めない宗教者もいますし、信仰心などまるでないのに、霊的な力があるという人まで現れてしまいます。

御力とは高い気を指し、それは高級な霊魂を通じ降りて来るものであって、そうした存在を無視して得ることはできないものです。

宗教を求める理由は、はたから見れば心の弱さや依存心であるとか、現実逃避だとか言われるかもしれません。

人間は肉体のみで生きているのではなく、霊的な存在でもあることを考えると、肉体の欲求と同じように霊的な欲求があってもおかしくないし、霊的な感性が存在することも自然なことだと思います。

大昔は、皆神様を信仰していて、その意味や価値をしっかり理解していたと思えます。

やがて現代のような物質主義による社会や教育が、感性をつぶしているように感じます。

本当の意味での宗教の価値は、神や仏の御力を受けることが出来るか。

それが一番大事で必要なものだったのです。

人の生き方についての様々な指針や社会安定のための倫理も大事ですが、今、失われかけているのが信仰心に基づく受け皿です。

いつの時代においても人が霊的生命体である限り、魂のとしての人間の欲求を満たしてくれるものが必要なのではないかと思います。
関連記事
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
プロフィール

イクラマン

Author:イクラマン
「契山館」という小さな会で昭和63年から霊魂学、霊的修行法を学んでおります。
このブログの内容は、修行中の未熟な会員によるものです。未熟さゆえの間違いや解釈も含まれますので、どうかご理解下さい。

◆不許無断複写転載◆



みずば霊魂学 新刊のご案内






































検索フォーム
天気予報
ブロとも申請フォーム
QRコード
カウンター

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。