HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト霊魂について  »  霊魂と異なる人間
RSSフィード

トレーニングなんて自分には関係ない?と思っている貴方にも幽体があります。

人間そして霊魂としての人生に、この幽体は大きく関わっています。

霊的なトレーニングとは、霊能力開発などではありません。

霊的な環境は、とても悪くなっています。

今、弱っている幽体に力を与えるのです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  ※イメージ画像

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
霊魂と物質の世界に生きる人間の大きな違いは、我々は肉体という身体に入り込んでいることです。

肉体を持っていると霊的ことがよくわかりません。
それは肉体が物質の世界に適した身体だからです。

この肉体にとらわれてしまうと人間の本質が見えなくなってしまうのです。

脳は確かに複雑かつ精巧で肉体の中枢です。
人の心に対する影響も大きいでしょう。

しかし、それは肉体の中枢でしかなく、人間の実質に迫るものではないのです。

脳の科学も車の運転席を調べることに夢中で、ドライバーの存在をまるで考えていないようにも思えます。

肉体が生まれる以前にすでに幽体があり、そしてその一部が再生し人間が生まれ、肉体を失うと幽体であの世の生活がはじまります。

こうしたことを考えると肉体は一時的な身体でしかないことがわかります。

もちろん、幽体もあくまで身体でしかないのです。

難しい話を好まれる方は「霊魂学を知るために」で続きを読んで頂きたいと思います。

人間はもともと幽界で生きる霊魂だったのです。

ことさら不自由のない田舎に住んでいた純朴な若者が、都会に憧れ村を飛び出し、都会で傷つき苦しみ変わり果てた姿で帰って行くようなものです。

霊的な世界は自由な世界で肉体に拘束されることなどありません。
働くことも寝ることも食べる必要もなく、死別することもないのです。本来はこうした世界です。

ところが、霊魂が人に生まれてしまうと、どうでしょう。

常に競争し奪い合い、差別し憎み憎まれ、そして念により傷つき傷つけられ、お互い幽体は損傷し心理を歪めてしまうのです。

霊的世界では起こらならないようなことが必然的に起きてしまうのが、この地上といえます。

その経験や記憶を有してもともとの霊魂の姿と別人のようになって、あの世に戻って行くのです。

そして、物質世界の延長戦を繰り広げてしまうのです。

「じゃぁ、生まれなきゃいいじゃん!」そうなんです。

でも、どんどん生まれて来てしまうのです。
霊的カルマを抱えた幽体の一部が地上に誕生し、その霊的カルマに影響され更に深い霊的カルマとなってしまい、そして不幸を嘆くのです。

この負の連鎖を断ち切る必要があるのです。

生まれて来るのが悪いのではなく、生まれて来ることにより霊的成長につなげれば良いのです。それを霊的トレーニングが可能にします。
関連記事
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
プロフィール

イクラマン

Author:イクラマン
「契山館」という小さな会で昭和63年から霊魂学、霊的修行法を学んでおります。
このブログの内容は、修行中の未熟な会員によるものです。未熟さゆえの間違いや解釈も含まれますので、どうかご理解下さい。

◆不許無断複写転載◆



みずば霊魂学 新刊のご案内






































検索フォーム
天気予報
ブロとも申請フォーム
QRコード
カウンター

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。