HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト霊魂学について  »  水波一郎著「瞑想の霊的危険」がアマゾンから発売!!
RSSフィード

トレーニングなんて自分には関係ない?と思っている貴方にも幽体があります。

人間そして霊魂としての人生に、この幽体は大きく関わっています。

霊的なトレーニングとは、霊能力開発などではありません。

霊的な環境は、とても悪くなっています。

今、弱っている幽体に力を与えるのです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  ※イメージ画像

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


先日、NHKガッテンという情報番組で、「ボケない!脳が若返る『めい想パワー』SP」が放送されました。

瞑想の本当の目的は、「脳が持つ本来の力を最大限引き出すこと」だそうです。
宗教や修行の世界という垣根を越え、脳に良いので皆さんも試してみませんか。ということでしょう。

たしかに瞑想することにより、肉体の脳に良い影響は科学的なデータもあるようです。

こうした瞑想は、欧米でのヨーガブームの影響が日本にも波及したものです。
リラクゼーションや肉体の健康に重点が置かれ、霊的なことに触れられていないのも当然のことかも知れません。

元来、瞑想というものは宗教的な修行法でした。
昔の人々は、みんな神や仏を意識し、だからこそ神や仏に仕える霊魂に指導されていたのです。

霊的な修行というものは、人間の霊的部分の成長や発達の為に行うものです。
どうしたら人間が霊魂として成長できるか。その成長をうながす霊的エネルギーを、いかに吸収できるかが大きなテーマだったといえます。

高度な修行体系ほど、危険を伴うものです。
以前は、瞑想に対する危険や弊害を主張する声があったと思います。

現代の霊的環境は悪化しています。
テレビ番組で瞑想というものを取り上げるのであれば、弊害や危険性についての調査がなされていないのは、とても残念に感じました。

そこで、瞑想に興味のある方は、水波一郎著「瞑想の霊的危険」をぜひ読んで頂きたいと思います。

この本では、安易な瞑想の何が危険なのか、どうなってしまうのかが書かれています。
もちろん、瞑想を頭ごなしに否定するのではなく、対策も記されています。

霊的修行法としての瞑想は、欠くことの出来ないほど有用です。
多くの方に危険の伴わない正しい瞑想を行って頂けることを願っています。
関連記事
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
プロフィール

Author:イクラマン
「契山館」という小さな会で昭和63年から霊魂学、霊的修行法を学んでおります。
このブログの内容は、修行中の未熟な会員によるものです。未熟さゆえの間違いや解釈も含まれますので、どうかご理解下さい。

◆不許無断複写転載◆



みずば霊魂学 新刊のご案内






































検索フォーム
天気予報
ブロとも申請フォーム
QRコード
カウンター

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。