HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト霊現象  »  超常現象、心霊現象を科学で解明できるか?
RSSフィード

トレーニングなんて自分には関係ない?と思っている貴方にも幽体があります。

人間そして霊魂としての人生に、この幽体は大きく関わっています。

霊的なトレーニングとは、霊能力開発などではありません。

霊的な環境は、とても悪くなっています。

今、弱っている幽体に力を与えるのです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  ※イメージ画像

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この前、テレビをつけていたら、NHKスペシャル「超常現象 科学者達の挑戦」という番組をやっていました。

心霊現象や生まれ変わり、テレパシーに最新科学で挑むという試みが、世界的な潮流となっているらしいのです。
民放では、こうした番組は良くありますが、NHKということで新たな進展があるのではないかと、興味を持ちました。

それでもやはり、たけしさんの番組のような感じでした。

科学者が最新の測定器を駆使して調査していますが、行き着く所は物質の枠から出ることはありません。

物質でないものが幽質の幽気や幽体なので、測定器に反応しないものが霊的世界ではないでしょうか。

調査員が背中に冷気を感じたといえば(霊的現象なのか分かりませんが)動物は恐怖心を感じると背筋の温度が下がり、天敵から身を守る本能が働くという解釈のようです。

また、オレンジ色の丸い光が見えたという件では、脳に電気的刺激を与えると、似た現象が起こるということです。
電磁波で脳を刺激し、こうした現象を引き起こすことがあるようです。
頭をぶつけると、星が見えるの原理ということでしょうか。

確かに、心霊現象といわれるものの中に、錯覚や肉体が引き起こす現象も含まれています。
ただ、霊魂が関与していると思われる現象も存在しています。

番組の中で「我々の目的は、幽霊を見つけることではなく、なぜ幽霊を見てしまうのか?」というコメントがありました。
何となく、霊魂の存在など、はなから認めないような感じがうかがえます。

確かに、物質の科学の進歩は大きいですが、100年前の心霊研究と変わらないというより、タイトル「遺伝子」にもありますが、学者さん達は、答えを物質や肉体に求めてしまい、研究範囲が狭くなっているように感じます。

昔の心霊研究は、霊媒と霊魂の真剣な共同作業で、霊魂学でいう間気の物質化により、様々な現象を引き起こし、学者を交え解析しようという試みでした。

中には、高級霊魂団の関与もあったようです。

インチキを見破ってやろうという批判的な人もいて、過酷な実験だったと想像されます。

もっと、霊的現象はデリケートなものだと理解を持って、人としての霊媒に対するいたわりが周囲にあったなら、こうした研究も大きな価値を持ったかもしれません。

脳や遺伝子の解明は、始まったばかりです。
わからないことは、肉体の謎に押し込んで、いずれ解明されると片付けられている気がします。

霊的世界は、物質ではないものが存在するという観点に立たないと、何も進まないように思えます。

そのためには、霊魂の探求が不可欠です。

しかし、こうしたものは科学的な根拠ではないので、思想という宗教的な分野と捉えられ非現実的とされるのでしょう。

霊魂の存在を当たり前のように思っている者にとっては、現状にスッキリしませんが、仕方のないことのようです。

学者の方々の発言力は力を持つので、こうした方の考えが一般論とされる傾向は、残念に思えます。
関連記事
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
プロフィール

Author:イクラマン
「契山館」という小さな会で昭和63年から霊魂学、霊的修行法を学んでおります。
このブログの内容は、修行中の未熟な会員によるものです。未熟さゆえの間違いや解釈も含まれますので、どうかご理解下さい。

◆不許無断複写転載◆



みずば霊魂学 新刊のご案内






































検索フォーム
天気予報
ブロとも申請フォーム
QRコード
カウンター

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。