HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト信仰心  »  どうしてこんなに霊的環境が悪くなってしまったのか?
RSSフィード

トレーニングなんて自分には関係ない?と思っている貴方にも幽体があります。

人間そして霊魂としての人生に、この幽体は大きく関わっています。

霊的なトレーニングとは、霊能力開発などではありません。

霊的な環境は、とても悪くなっています。

今、弱っている幽体に力を与えるのです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  ※イメージ画像

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このブログでも、現代の霊的な環境は、とても悪くなっていると言っています。
それに伴って、邪悪な霊魂も増えてしまい、大変なことになっているようです。

世の中を、変な意味で騒がすつもりもありませんし、恐怖心をあおり立て、人の弱みに付け込み商売を始めるわけでもありません。

タイトル「霊から身を守る方を考えてみる」に書いてあるように、自分自身が霊的な力をつけることをお勧めしています。

このブログをお読みの方は、「悪霊や災難を防ぐ」「幸福が舞い込む、運気が上がる」というキャッチフレーズのグッズや霊感商法にだまされることはないでしょう。

環境汚染といえば、空気や水などあげられますが、霊的には、空気や水のようにどこにでも存在する幽気というものがあります。

この幽気の質が悪化し、かなり低くなっています。
霊的に低ければ、当然、低い霊魂が活動しやすくなり、力を持ちます
逆に高くなれば、高級霊とされる霊魂が活動しやすくなるのです。

こうした背景には、素朴な信仰心が消えてしまったことにあります。

最近では、宗教というと押し付けがましいと捉えられるように、疑念を持つようなってしまったと思えます。

日本は大昔から、神様や仏様をいつも意識していたといえます。
生活と宗教は密着していました。

神社やお寺も身近で、大事なものであったことでしょう。
だからこそ、全国各地にたくさんの神社やお寺が存在します。

条件さえ整えば、高い幽気を降ろし、取り込むことが出来たのです。
人々が上手く生かしていたことで、現代のようにならなかったのでしょう。

大学の教授さんが真顔で、霊魂を否定したりする世の中です。
何がどれだけ分かったというのでしょう。

確かに、科学や医学の発達は、目まぐるしい変化を遂げています。
しかし、人間の神秘や内面的な解明は、どれだけ進んだのか疑問が残ります。

神や仏を否定するのであれば、高級霊が力を降ろす機会もありません。

我々肉体を持つ人間には、実感としてわかりにくいものですが、霊的な影響は物質世界に影響を与えます。

幽霊がたくさん出るようになったとか、そうした単純なことではありません。

邪悪な霊魂が増えたから、霊的環境が悪化したのではなく、人間の選択が霊的環境を悪くしているのです。

霊的不調は、幽体をダブらせているのだから、肉体にも影響します。
高級霊の作用がなければ、人間の持つ霊的カルマが、そのまま表現されてしまいます。

「気が付けなくて当然!暗躍する邪霊たち」にあるように、悪い方向にどんどん進んでしまい、事故や災害、人間の衝突も増えてしまうことでしょう。

このブログを読まれた方は、高い幽気の吸収や、高級霊の影響を受けて頂くことを願っています。
関連記事
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
プロフィール

イクラマン

Author:イクラマン
「契山館」という小さな会で昭和63年から霊魂学、霊的修行法を学んでおります。
このブログの内容は、修行中の未熟な会員によるものです。未熟さゆえの間違いや解釈も含まれますので、どうかご理解下さい。

◆不許無断複写転載◆



みずば霊魂学 新刊のご案内






































検索フォーム
天気予報
ブロとも申請フォーム
QRコード
カウンター

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。