HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト霊的なトレーニング  »  瞑想は危険?心配いらない?どっちなの?
RSSフィード

トレーニングなんて自分には関係ない?と思っている貴方にも幽体があります。

人間そして霊魂としての人生に、この幽体は大きく関わっています。

霊的なトレーニングとは、霊能力開発などではありません。

霊的な環境は、とても悪くなっています。

今、弱っている幽体に力を与えるのです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  ※イメージ画像

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウェブ上などでは「気軽に瞑想を始めよう」とか、反面「瞑想は危険である」という人もいます。

このブログでも、タイトル「霊的なトレーニングを知ってわかった瞑想の危険性」で触れたように、場合によっては危険なことがあります。

それでも僕は、25年以上も瞑想を行っていますが、自分が変になったり、危険を感じたことはありません。

この呼吸を整え、静かに座っているという単純な行為なのですが、霊的な改善や霊的成長にもつながります。

大事なことは、瞑想が霊的なトレーニングであることを認識することです。

もともと、価値のあるトレーニングだったものが、いつの間にか基本が忘れ去られ、目的も変わってしまい弊害が起きてしまうのです。

例えば、柔道でも受身(うけみ)を習ってから、ようやく技の練習に入ります。
練習の前にウォーミングアップで体を慣らすことは、有段者でも欠かしません。

素人がオリンピックを見て、友達とふざけて投げ技を行えば、ケガをしてしまうのです。
すると、柔道は危険だと考える人も出てきます。

瞑想であれば、低い霊魂の影響を防がなくてはいけません。
そして、霊的な身体である幽体の栄養となる高級な幽気を取り入れることが出来れば、正しい瞑想となります。

目的をしっかり見定め、基本となる手順を踏んで行う必要があるのです。

基本は、霊的な環境づくりです。

瞑想は高級霊の影響を受けるためなのに、霊的に低い環境で行えば、いたずら目的の霊魂が関わって来ることもあります。

最近は、霊的環境がとても悪くなっています。
瞑想に限らず、日常的に悪意を持つ霊魂と接触する危険は十分考えられます。
特に、いたずらしやすい要因を持つ人は、要注意です。

武道とは異なり、霊的な面は人間に良くわからないことで、難しくさせています。

肉体的な好影響があったとしても、霊的な面で害があれば、意味がありません。

瞑想を続けている方の中には、知らないうちに低い霊魂の影響を受けていることもあります。
それでも人間は、霊魂が見えないので、気づくことが出来ないのです。

本来、霊的なトレーニングは、正しい指導者の元で行うか、家庭で一人でも行えるように、安全性を考慮した体系でなければならないのです。

正しいトレーニングにおける瞑想は、霊的な成長に有益な手段です。
こうしたものであれば、ぜひともお勧めしたいのです。

高級霊が指導する団体の瞑想であれば、複数の人が集まることで、一人では出来ないような高い霊的環境になります。
普段、守護霊と交流が難しい方でも、高い霊的環境に入ることで、交流しやすくなります。

定期的に高い霊的環境に身を置くことにより、弱っている幽体に力を与えてくれます。
こうした行為が現代人に欠けているところです。

瞑想が霊的成長に結びつくかは、霊的環境と高級霊の作用です。

瞑想が危険なのは、正しい霊的なトレーニングになっていないからです。

本を読んだり、独学で霊的成長が得られるほど甘い世界ではないようです。
関連記事
Relate Entry
Comment
2
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

3
Re: タイトルなし
ありがとうございます。
またのお越しお待ちしております。

Trackback
Comment form
プロフィール

イクラマン

Author:イクラマン
「契山館」という小さな会で昭和63年から霊魂学、霊的修行法を学んでおります。
このブログの内容は、修行中の未熟な会員によるものです。未熟さゆえの間違いや解釈も含まれますので、どうかご理解下さい。

◆不許無断複写転載◆



みずば霊魂学 新刊のご案内






































検索フォーム
天気予報
ブロとも申請フォーム
QRコード
カウンター

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。