HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  人のこころは、なぜ複雑になってしまうのか
RSSフィード

トレーニングなんて自分には関係ない?と思っている貴方にも幽体があります。

人間そして霊魂としての人生に、この幽体は大きく関わっています。

霊的なトレーニングとは、霊能力開発などではありません。

霊的な環境は、とても悪くなっています。

今、弱っている幽体に力を与えるのです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  ※イメージ画像

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もっと人間の心の中が単純であれば、苦しまずに済むのかもしれません。

自分の考えというものが、こうと決めたら余計な思いが浮かんでこなければ良いのです。
そうすれば、迷ったり葛藤も起きず、心も楽になることでしょう。

そんなことを考えたところで、現実にはどうにもなりません。

なぜ複雑なのかといえば、意識が複数あるからです。
仮に人間が肉体のみの単体であれば、単純です。

ところが、表面的な意識の他にも、潜在意識や深層心理と呼ばれているものがあります。
「人は先天的な意識を有しているのではないか?」ということは、心の研究でも認められているようです。

これが「どこに記憶されているのか?」という壁に突き当たっているのが、心の学問です。

霊魂学では、すでにわかっています。
詳しくは「幽体の悲劇」をご覧ください。

「おぉ、世紀に大発見じゃないか」と思う方もいるでしょう。

そうなのです。
さらには、その意識を変えてしまうような技まであります。

天地がひっくり返るほどの革命といえますが、実はすでに何千年も昔にあったのです。
まさに、人生を大きく変えてしまうことでしょう。

それが宗教であるために、世の中に浸透しなかったのかも知れません。

実際に、霊的カルマの解消法であるトレーニング神伝禊法というものが、ほとんど広まらない状況です。

精神科のお医者さんの方に信頼があるようです。

それが、単なる運動のようなものであれば、医学でも採用される可能性もあります。
ところが、霊的な部分に作用しなければならず、信仰心が無いと、全く効果がないのです。

やはり宗教の世界にとどまってしまいます。

これは、当たり前というか必然でしかありません。

世の中の多くの人は、霊魂の存在を否定する傾向にありますし、神や仏も架空の存在となっています。
人間の根本を排除しているのです。

人間の先天的な意識は、幽体という霊的身体の心であって、その意識を変えるためには、霊的な力が必要なのです。
その力とは、より進歩した霊魂からの流れでしかないのです。

世の中が霊的なことに関心に向かなければ、宝の持ち腐れになり兼ねません。

何千年も前であれば、人の霊的カルマも今より軽いものだったといえます。
ところが今現在に至るまで、何度も再生しています。

さらに深刻になっていると考えられます。

それでも神伝禊法は、現代人向けに改良されています。
数千年前と生活形態や、霊的な環境、状態等の変化にも対応しているのです。

世の中の流れ、それが必ずしも正しいとは限りません。

多くの方が霊的な事柄に関心を持ち、霊的進歩・向上を目指して頂けることを願っています。
関連記事
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
プロフィール

Author:イクラマン
「契山館」という小さな会で昭和63年から霊魂学、霊的修行法を学んでおります。
このブログの内容は、修行中の未熟な会員によるものです。未熟さゆえの間違いや解釈も含まれますので、どうかご理解下さい。

◆不許無断複写転載◆



みずば霊魂学 新刊のご案内






































検索フォーム
天気予報
ブロとも申請フォーム
QRコード
カウンター

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。