HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト死後の世界  »  霊的成長ってどういうこと? 実は体にあらわれる
RSSフィード

トレーニングなんて自分には関係ない?と思っている貴方にも幽体があります。

人間そして霊魂としての人生に、この幽体は大きく関わっています。

霊的なトレーニングとは、霊能力開発などではありません。

霊的な環境は、とても悪くなっています。

今、弱っている幽体に力を与えるのです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  ※イメージ画像

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もちろん、肉体に出て来るということではありません。
誰でも肉体は、いずれ無くなってしまいます。

人間が死んで何か残るものがなければ、全て終わりです。

それでも、何か存在するなら生命活動が継続していることになります。
一般的に魂とか呼ばれる場合もあります。

霊魂学における魂は、さらに大きく複雑になりますので、ここでは幽体と呼びます。

この幽体は、生まれる前から、そして死んでもなお存在しています。

我々人間は、霊的なことが良くわかりません。
それは、肉体を持って生きているからです。

霊魂が、あるとか無いとか、もうこの辺で終わりにしましょう。
そんな議論は、大昔から行われていました。

肉体である人間に、わかるかどうかという議論になるのです。
物質でないものを、物理的な次元で、どう表現出来るというのでしょう。

肯定的な見方をして頂けるのであれば、いろいろ方策はあります。
しかし、根底から疑念を持っている人には、「死んだらわかるから」としか言えません。

ただ残念なことに、死んでからでは取り返しのつかないことがあります。

肉体がなくなり、これから死後の世界で生活が始まるというに、幽体に力もなく弱っているのです。
この物質の世界は、ただ生きているだけでは、幽体にとっては悪影響ばかりです。

昔は宗教的で信仰心を持っていたので、幽体に好影響を与える機会もありました。

現代においては、霊的環境も悪く、宗教といえば、うさん臭いと呼ばれてしまいます。
互いに、足の引っ張り合いで幽体が弱り切っています。

こうした世の中では、進んで意図的に幽体に力を付けるしかありません。

死後の世界である幽界において、様々な霊魂がいます。

高級霊と低級霊の違いを簡単にいえば、幽体です。
幽体の質や状態が異なっています。

霊的な成長が、幽体そのものに現れているのです。
幽体に力があれば、世間一般に言われているオーラなどではなく、本当のオーラが強く発します。

死後の世界において、自分の幽体がどの世界に馴染めるかは、幽体の質や状態に現れているのです。

それが霊的世界の法則というものです。

亡くなった方を悪く言うのは良くありません。
しかし、みんな天国に行くなどあり得ないことです。

なぜなら、我々人間は、地上という霊的に低い環境で暮らしているのだから…
関連記事
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
プロフィール

Author:イクラマン
「契山館」という小さな会で昭和63年から霊魂学、霊的修行法を学んでおります。
このブログの内容は、修行中の未熟な会員によるものです。未熟さゆえの間違いや解釈も含まれますので、どうかご理解下さい。

◆不許無断複写転載◆



みずば霊魂学 新刊のご案内






































検索フォーム
天気予報
ブロとも申請フォーム
QRコード
カウンター

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。