HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト霊魂より見た地上の正しさとは  »  霊魂より見た地上の正しさとは3
RSSフィード

トレーニングなんて自分には関係ない?と思っている貴方にも幽体があります。

人間そして霊魂としての人生に、この幽体は大きく関わっています。

霊的なトレーニングとは、霊能力開発などではありません。

霊的な環境は、とても悪くなっています。

今、弱っている幽体に力を与えるのです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  ※イメージ画像

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
霊魂より見た地上の正しさとは2からの続き

霊魂: 悪いことをさんざんしていると言うが、悪いことが何なのかもわからないのに、人を裁いているぞ。

わからない。
何しろわからない。人、人、人…

皆、何も知らずに他人を軽蔑し、おのれがただの欲望のために生きているだけなのに、なんとか自分を正当化しようとして生きている。

まぁちゃん: ドキッ!!

霊魂: これが霊魂としての長い人生から見ると、ほんの数十年なのに、それで人生が終わると信じ、必死になって他を蹴落としている。

教育というのは、他人にわからないことを、一刻も早く子供に教え込ませ一番になること。

ということになれば、全員がそれを目指してたら、全員が一番にはならん。

やはり、一人しか一番にならん。

あとの者は皆、落伍するしかない。

それでも、延々と繰り返す。
何も考えることがない。

何がO-157だ。ばかげている。

食中毒とは何か?

考えたことがないようだ。
人はなぜ飯を食うのか。

一度、考えてみるとよい。

栄養の良いものを食べる?

では、悪いものしか食べられない者に、それをなぜ恵んでやらん。
それは個人の私有財産だからか。

ほおぅ、私有財産?

いつお前のものになった。それは誰が決めた?

それは法律が決めただけだぞ!

その法律は十年後には変わるのだろう。

では間違いだ。
どこに絶対がある。何もない。

まぁちゃん: でも、法律のようなルールがないと、みんな好き勝手生きてしまう。

みんなが守ればより暮らしやすくなるよ。
だから、法律をつくること自体は間違いではないよね。

確かに絶対ではないけど…

霊魂より見た地上の正しさとは4へ続く
関連記事
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
プロフィール

Author:イクラマン
「契山館」という小さな会で昭和63年から霊魂学、霊的修行法を学んでおります。
このブログの内容は、修行中の未熟な会員によるものです。未熟さゆえの間違いや解釈も含まれますので、どうかご理解下さい。

◆不許無断複写転載◆



みずば霊魂学 新刊のご案内






































検索フォーム
天気予報
ブロとも申請フォーム
QRコード
カウンター

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。