HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト生まれ変わり  »  再生
RSSフィード

トレーニングなんて自分には関係ない?と思っている貴方にも幽体があります。

人間そして霊魂としての人生に、この幽体は大きく関わっています。

霊的なトレーニングとは、霊能力開発などではありません。

霊的な環境は、とても悪くなっています。

今、弱っている幽体に力を与えるのです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  ※イメージ画像

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
霊魂学においては、生まれ変わりという表現は使用していません。

あの世の霊魂が地上にそのまま生まれ変わったり、人が死を迎え、すぐに別の人に生まれ変わることはないようです。

あの世の霊魂はそのまま存在し、幽体という霊的身体の一部が、肉体の誕生と同時に入ってくるようです。

霊魂学では過去の人生を過去世と言っておりますが、前世という用語を用いない理由は、何度もこの地上に生まれ複数回あるので、一つ前の人生だけが今回の人生に影響を与えるとは限らないからです。

こうした幽体の意識というのは深い意識になりますので、その記憶を明確に思い出すことはできません。

これは皆さんよくご存知のことと思います。

例えば、ある方が自分の記憶にないことを話し始めたとします。

それがすでに亡くなっていた方の情報で、調べてみたら実在の人物であったとします。
これは生まれ変わりでないかと考えます。

ところが、自分の記憶にないことを話すことが出来る技術もあります。

霊媒現象などと言うものです。

こうした技術で霊魂が人間を利用し、意念を伝えることも可能となります。
もちろん、人間の側も条件を満たしている必要があります。

亡くなったばかりの人、霊魂になりますが、そうした霊魂が簡単に使えるようなテクニックではないようですし、そのうえ霊魂は行くべき世界に入っているはずです。

ということは、霊媒現象を得意とする霊魂が情報を知り得て、話し出したということが考えられます。

亡くなったばかりの霊魂が霊媒を使い話し出すというのは、通常あり得ないことで、インチキ演技か、もしくはこうしたことが起きています。

すでに他界された方を誰でも呼び出すことなど至難の業なのです。
関連記事
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
プロフィール

Author:イクラマン
「契山館」という小さな会で昭和63年から霊魂学、霊的修行法を学んでおります。
このブログの内容は、修行中の未熟な会員によるものです。未熟さゆえの間違いや解釈も含まれますので、どうかご理解下さい。

◆不許無断複写転載◆



みずば霊魂学 新刊のご案内






































検索フォーム
天気予報
ブロとも申請フォーム
QRコード
カウンター

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。