HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト霊魂としての人生の目的  »  霊魂としての人生の目的 霊的カルマ1
RSSフィード

トレーニングなんて自分には関係ない?と思っている貴方にも幽体があります。

人間そして霊魂としての人生に、この幽体は大きく関わっています。

霊的なトレーニングとは、霊能力開発などではありません。

霊的な環境は、とても悪くなっています。

今、弱っている幽体に力を与えるのです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  ※イメージ画像

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
講演会は、質問形式ではありません。

まぁちゃん: 人間の人生における霊的な目的とは何でしょうか?

霊魂: 人の一生はひとりひとり異なり、死亡の時期すらばらばらであるが、それは取りも直さず、人々の人生の目的が、まさに色々な形であることを意味する。

つまり、飢えて仕方がないような国民のひとりとして生まれ、2才にもならぬうちに飢え死にして行く。

そうした人は、その人生に何の目的があったのか?

その国に生まれれば、1才ともたず、何割も死ぬも百も承知で産み、生まれ、その目的とは何か?

人が生きる上での目的は、人の考えではあらず、人がいかに頭をひねっても、己が生存していることすらわからない。

まぁちゃん: 自分の人生の目的を考えるとよくわからない。
自分にとっての満足じゃないのかな?

人それぞれだけど、やっぱり長生き!

霊魂: 仮に、人が寝ている。
人は夢を見るが、生きているつもりだし、起きているつもりで活動したと思う。

が、起きてみるとただ寝ていただけ。

人は肉を持ちうる意識体に過ぎず、生きていると本人が思っているだけ。

仮に、肉体を捨てて死んだとする。

本人の意識があれば生きているつもり。

家族が仮に集まっていたら、死んだと言って泣いている。

間違って肉体が蘇生し再び活動を始めたとする。

再び意識が戻ったら、人は死んでいたのか、生きていたのか??

人は己が生きているのかすら、正確にわかっているや否や。

まして、肉体の脳で、人が生きる目的などわかるはずがない。

仮に、3才の子供がいる。

この子が「ご飯がほしい、遊びたい」と言って泣く時、その目的は何か?

肉体の保持のみである。

が、生きる目的が、仮に肉体の保持なら、死ねば何の価値もない。

人の個性が死後も存続することがあるなら、人の価値は肉体の存続のみではない。

つまり、良い暮らしをするのであれ、地位を持つであれ、肉体の欲求に付随した思いは、これすべて肉体あっての話し。

となれば、食欲であれ、性欲であれ、肉体あってのこと。
仮に、人の胃が決して空腹をもたらさないとしたら、今ほど人は食を求めない。

腹が減るから人は食べたい。
絶対腹が減らないのなら、「そのうち食べてみよう」で終わってしまう。

よって、人は肉体の欲に伴う欲望は、どれだけ満たされたにせよ、人生の目的を持つほどのことではない。

スポーツ選手や、タレントになり頂点まで登ったにせよ、だからどうしたである。

まぁちゃん: たとえばお金持ちになろうとして一生懸命貯めたとしても、いざ使おうとしたら死んでしまった。

これじゃぁ、むなしいよね。
あの世にはお金を持って行けないの?

霊魂: 我々霊魂は、肉体が滅んでも、なおかつ意識は存続し、やがて別の世界には入ると思っている。
そうであるとすれば、人生の目的は、霊魂ぬきには語れないことになる。


神もしくは死後の世界を無視して、人生に意味はない。

霊魂としての人生の目的 霊的カルマ2に続く
関連記事
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
プロフィール

Author:イクラマン
「契山館」という小さな会で昭和63年から霊魂学、霊的修行法を学んでおります。
このブログの内容は、修行中の未熟な会員によるものです。未熟さゆえの間違いや解釈も含まれますので、どうかご理解下さい。

◆不許無断複写転載◆



みずば霊魂学 新刊のご案内






































検索フォーム
天気予報
ブロとも申請フォーム
QRコード
カウンター

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。