HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト霊力と霊的なトレーニング  »  霊力と霊的なトレーニング9
RSSフィード

トレーニングなんて自分には関係ない?と思っている貴方にも幽体があります。

人間そして霊魂としての人生に、この幽体は大きく関わっています。

霊的なトレーニングとは、霊能力開発などではありません。

霊的な環境は、とても悪くなっています。

今、弱っている幽体に力を与えるのです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  ※イメージ画像

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
霊力と霊的なトレーニング8からの続き

霊魂: 昔々、ヨーガであれ、仙道であれ、古神道であれ、何であれ、みんな神や仏を意識し、神や仏に仕える天使や菩薩がいて、そういった霊魂が指導していた。

その時やっていた人達が、今、指導霊として来るのであって、みんな霊魂なのだから、それを無視した体系などある訳がない。

しかし、そうしたものばかり世の中に流行するため、本来の正しい霊力を生むためのトレーニングがなくなってしまった。

人々の願望ばかりが先にある。

もしも仮に、人は生まれて必ず死ぬのだから、死ぬに間違いないのだから、正しい死に方を教えても、それは正しい霊的な世界であるし、正しい宗教であるし、正しいトレーニングであるのに、人々の願望はそうでないとことだけに向いている。

病気で苦しんでいる人を「元気になれますように」と言う。

良い事ではあるが、宗教的世界、霊的世界の者が、皆そうするとは限らない。
正しく死なせてやってもかまわない。

にもかかわらず、事実を無視し、先に人々の願望があって、その願望にそったことを言ってくれるのが良い宗教で、そう言ってくれないのが悪い宗教だとか言っている。

まぁちゃん: 霊魂の中には善霊、悪霊がいるらしいよ。

それは人間達が勝手に判断しているんだけどね。

考えてみれば、何も知らない人間にとって、高貴な霊魂は口うるさい存在にしか映らないだろし、逆にいたずらな霊魂は、詐欺師と同じで甘い言葉で誘ってきて、みんなだまされちゃう。

霊魂: 人々は、己の価値観や倫理感で、神や仏の世界まで口出ししている。

物質界をどう生きようとそれぞれ自由だから、好きに生きればよい。

しかし、霊的次元の世界は、そんな倫理や道徳は一切通らない。
関係ない世界である。


にもかかわらず、それらを己の基準で決めつけていながら、そうした者が将来、みな極楽に行くと言い出すから笑ってしまう。

霊力は人が正しく生きる、正しく死ぬ、どちらであるかはわからないが、人間が霊魂として、正しく生存するためにある力だから、肉体を捨てた方が良ければ、あした捨てた方がいいのかもしれない。

それは地上の人間のような浅知恵ではわからないと言えよう。

それを正しく導いてくれるのが霊力というものである。

霊力と霊的なトレーニング10へ続く
関連記事
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
プロフィール

Author:イクラマン
「契山館」という小さな会で昭和63年から霊魂学、霊的修行法を学んでおります。
このブログの内容は、修行中の未熟な会員によるものです。未熟さゆえの間違いや解釈も含まれますので、どうかご理解下さい。

◆不許無断複写転載◆



みずば霊魂学 新刊のご案内






































検索フォーム
天気予報
ブロとも申請フォーム
QRコード
カウンター

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。