HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト霊力と霊的なトレーニング  »  霊力と霊的なトレーニング5
RSSフィード

トレーニングなんて自分には関係ない?と思っている貴方にも幽体があります。

人間そして霊魂としての人生に、この幽体は大きく関わっています。

霊的なトレーニングとは、霊能力開発などではありません。

霊的な環境は、とても悪くなっています。

今、弱っている幽体に力を与えるのです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  ※イメージ画像

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
霊力と霊的なトレーニング4からの続き

霊魂: つまり、人はどこまで頑張っても、絶対人間のままである。

イエスであれ、釈迦であれ、人以外の何者でもない。

魂が高貴なのは初めからである。
彼らは、霊的なトレーニングをする前から高貴であった。

なぜなら、人は霊的生命体なので、生まれたら必ず死ぬ。

が、十歳で死ぬ人と、七十歳で死ぬ人と、三十歳で死ぬ人がいる。

もしも仮に、心の発達がそのままあの世にランクを決めるというなら、十歳で死んだ子はみんな低くなってしまう。

ところがそうではない。

五歳であっても、イエスや釈迦のごとし五歳というものは、初めから人々とは質の違う個性として生まれている。

初めから出来ている土台が違う。

まぁちゃん: はじめから高貴な個性はトレーニングをしなくて良いはずなのに、霊的なトレーニングをやっているよね。

霊魂: 彼らは、トレーニングなどしなくても実は良かった。

なぜトレーニングするのか。人々の次元に落ちたためである。

そうしないと、人々の次元にまで落ちることができないからである。

ということは、人は肉の身を着ているが、その正体は肉ではない。

つまり、五歳であっても肉体とは関係なくすばらしくレベルが高く、地上に降りてきている可能性もないこともない。

肉体は、どう見てもただの子供である。
ということは、地上の人間は何も知らないのである。

まぁちゃん: 肉体を持った以上、その魂が高貴であっても表面的なものは、みんなと同じだろうけど、低い霊的カルマに振りまわされている普通の人とは逆に、成長するにつれて高い部分がどんどん自分を動かして行くのだろうな。

それだけに人一倍苦悩が多いけど、「悟った」などと言って、ふんぞり返っていないで、必ず世の中を動かすほどの影響力を持つ。

普通の人なら多くの人からいろいろ言われただけで、「もう、やーめた」ってなるけどね。

人間は霊的な高低を判断できれば、会った瞬間「おっ、この方は立派な方だ」ってなるけど、それがわからないから攻撃してしまったり、悪い存在と映ってしまうんだよね。

まぁ、それがわかるのなら、神や霊魂がいるとかいないとか、つまらない議論もすることないだろうし、唯物論なんか唱えていれば「この人、頭がおかしい」って言われるだろう。

霊魂: 驚くほど修行したといわれる人に限って、魂としては非常に質が低い場合がある。

まして、地上ではお悟りなったといわれている偉いお坊さんほど、あの世へ行くとレベルが低い。

つまり、悟りの境地とは地獄の境地である。

人々は、まず自分の願望を前提に思想を語る。

自分は救われたいという願望が先にあるから、救いの方法を求める。
自分は成功したいという願望が先にあったから、成功する方法の本を読む。

恋愛で成功したければ、恋愛で成功する本を読んでいる。

死ぬ恐怖があれば、生きる本を読んでいる。

神に救われたければ、神があるという本を読んでいる。
だが、全て動機があって結論を求めているから、事実には至れない。

事実を知るには、そうした人々の願望を全部無視した上で、事実を検証して行くしかない。

霊力と霊的なトレーニング6へ続く
関連記事
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
プロフィール

Author:イクラマン
「契山館」という小さな会で昭和63年から霊魂学、霊的修行法を学んでおります。
このブログの内容は、修行中の未熟な会員によるものです。未熟さゆえの間違いや解釈も含まれますので、どうかご理解下さい。

◆不許無断複写転載◆



みずば霊魂学 新刊のご案内






































検索フォーム
天気予報
ブロとも申請フォーム
QRコード
カウンター

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。