HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト禊とは何か? 〈霊言〉  »  霊的なトレーニング 禊とは何か? 5
RSSフィード

トレーニングなんて自分には関係ない?と思っている貴方にも幽体があります。

人間そして霊魂としての人生に、この幽体は大きく関わっています。

霊的なトレーニングとは、霊能力開発などではありません。

霊的な環境は、とても悪くなっています。

今、弱っている幽体に力を与えるのです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  ※イメージ画像

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
霊的なトレーニング 禊とは何か? 4からの続き

まぁちゃん: 人間って不思議だね。
禊をすると、高貴な部分が出て来るんだ。

霊魂: つまり、アダムとエバで言えばアダム。

昔は、単純に男中心であったに過ぎず、男の方が偉かった。

表現を変えれば、高級な我が、別の我を産み、別の未熟な我は、邪悪なヘビにだまされた。

その結果、人は物質の世界で、肉体を着るに至った。

が、人は禊により、未熟な部分を脱ぎ捨てた。
そして「アダム」を復活させる。
これが禊である。


まぁちゃん: 神話というものは日本と西洋の違いもあるし、旧約聖書の時代は、やはり男尊女卑で男の方が偉くて、当時の人々にとって、それが自然に馴染むし、また、倫理や道徳も含まれていたりするでしょう。

そういった時代背景にも影響されて語れていたりするんだね。

霊魂: イエス・キリストは言われた。

ヨハネなる者が、「あなたこそ、聖霊を与える者にふさわしい方」と言ったが、イエスは答えた。

「あくまでも、まず自分が禊を受ける」

それはなぜか?

どんなに高貴な魂も、肉体、動物の生殖に入ってしまったら、必ずけがれがある。

そのため、まず物質の身体に入ったことによる己のけがれを、水によって清める。

そして、やがて高貴なる師は、「聖霊による禊」を与えられた。

それが、西洋における「アダム」の復活。

まぁちゃん: 聖書では、「バプテスマ」と呼ばれているものが、日本の「禊法」と同じなんだね。

霊魂: 日本においては、イザナギの神が、三柱の一番尊い神を産まれた。
これこそが、唯一神、至上の神が直接産むといわれる神霊の光。
その種が次伝ですでに現れた。

これは何を意味しているのか?

言うまでもなく、参加者の質が高かったのか? 

あるいは、指導者の質が良かったか?

あるいは、環境が良かったか?

いずれにせよ、ピラミッドでいえば、頂点に高貴なる光が集まるとき、地上にその霊的な光が流れる。

それを受け取る時、人は物質の身体でありながら、己の正体を知る。

やがて、肉体を捨てたとき、当然、その魂の光、輝く幽体に相応しい世界へと入る。

まぁちゃん: ピラミッドというのは、地上における霊的なアンテナだよね。
それが本当の力を持つと、物質の世界において高い霊的なエネルギーが流れるわけか。

地上で生きている間に、高貴な霊的エネルギーを受けて幽体に力をつけると、必然的に死後はその幽体に相応しい世界に行くんだね。

霊的なトレーニング 禊とは何か? 6へ続く
関連記事
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
プロフィール

イクラマン

Author:イクラマン
「契山館」という小さな会で昭和63年から霊魂学、霊的修行法を学んでおります。
このブログの内容は、修行中の未熟な会員によるものです。未熟さゆえの間違いや解釈も含まれますので、どうかご理解下さい。

◆不許無断複写転載◆



みずば霊魂学 新刊のご案内






































検索フォーム
天気予報
ブロとも申請フォーム
QRコード
カウンター

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。