HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト禊とは何か? 〈霊言〉  »  霊的なトレーニング 禊とは何か? 3
RSSフィード

トレーニングなんて自分には関係ない?と思っている貴方にも幽体があります。

人間そして霊魂としての人生に、この幽体は大きく関わっています。

霊的なトレーニングとは、霊能力開発などではありません。

霊的な環境は、とても悪くなっています。

今、弱っている幽体に力を与えるのです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  ※イメージ画像

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
霊的なトレーニング 禊とは何か? 2からの続き

まぁちゃん: 普通は人生というと物質の世界に生まれて死ぬまでを指すけど、本当はもっと長いの?

霊魂: 仮に死後の世界があるとするなら、地上が100年。
死後の世界は、いつまで続くやもしれず、千年続くかもしれない。
万年続くかもしれない。

そうなると「本当の人生はどっちだ?」ということになる。
となれば、霊魂の世界を語らないことには、本当の意味で「人」は語れないとなる。

まぁちゃん: 人間というのは、なかなか霊的なことを理解しにくいから、今肉体を持ち生きている間のみをとらえているけど、地上に生まれる以前にも自分があり、死後においても、自分が存在するなら、肉体を持って生きている期間は、ほんの一時かもしれない。

霊魂: それでは、もしもこの身体が地上で消えてしまったとして、別の世界において同じ形をしているのかどうか?

まぁちゃん: だって人間は、目に映る自分しか見えないよ。

霊魂: はたして同じ形でいるや否や。

まぁちゃん: 霊的には、いま肉体とダブっている幽体という霊的身体があり、この幽体は肉体と同じ形をしているらしいけど、それは肉体の形や機能が地上で活動しやすい、生活環境に適応した身体だから、自然とそうなっているんだよね。

霊魂: 物質の世界と異なる霊的世界では、物質の食物ではない。
ということは、肉や野菜は食べられない。

とすると胃袋や腸がいるだろうか?
さて、何にもいらなくなってしまう。

人は動物の身体を用いて少しずつ変化してきたという。
であるなら、何もいらなくなったら、やがて変化すると考えざるを得ない。


とすると、物質でない世界である。
「人」は人の形をしているのだろうか?

仮に月に行ったら重力がない。さて浮かび上がる。
月でさえ、同じ物質の世界でさえ環境が違う。

さて、肉体ではない世界。

同じ環境のわけもなく、手はいるだろうか?
足はいるだろうか?

そうなると、人の形、物質の肉体、これが「昔は猿のようではなかった」とか言って、ずっと前にさかのぼり、どんどんさかのぼると「海の方から来た」とか、いろんな身体までさかのぼる。

まぁちゃん: 人間の肉体の先祖が猿であったり、またその先祖が魚かもしれないし…

動物の体というのは、その環境に適応しやすい、生活しやすい身体に変化するみたいだね。

霊魂: さて、そこまでさかのぼって、今とは全然違う形をしていた。

とするなら、死後の世界で時間が経って人の形をしている可能性は、ほぼない。

さて、霊魂の世界で何千年も生きた。何万年も生きるかもしれない。
地上においては、たかだか数十年。

となると、本来霊魂の身体はどっちか?

当然、いわゆる人の形ではないことになってしまう。

さて、古典の物語は言う。
「神は己に似せて、男を創られた」

まぁちゃん: 人間は自分中心に物事を考えているから、神様はきっと人間のような容姿を想像するけど、いい迷惑だね!

霊魂: 男から女を創るとなれば、物質の世の話ではない。

となると、その形は一体何か?

まぁちゃん: オカマかな~?
これも、お猿の身体だね。

霊魂: 当然、猿のごとし身体とは違う次元の話しである。

無論、物語なので、そのまま信じる人は誰もいないが、そこにもしかしたら、霊魂達からのアドバイスやメッセージがあるかもしれない。

とするなら、霊魂が仮に〇(マル)だったとする。
さて、〇が神に似せて創られた。

この○から別の〇ができた。
その別の〇は、ヘビにだまされた。

さて、楽園を追放されてしまった。

つまり、産みの苦しみというのが出産なので、当然物質の身体を持った苦しみ。

さて、楽園を離れ、苦しみを伴う、そういう所に行くことになった。

という時、この物語の奥にある真実は、猿のような身体が生み出した脳の思考の結果ではないもの。

それでいながら、霊魂という巨大な意識体の一部が表現されると…

まぁちゃん: ちょっと難しいな~

創世記には、「善悪を知る木・命の木」が生えていて、神様はアダムに「これらを食べたら死ぬ」と言っておいたのに、ヘビにだまされたエバは善悪を知る木の果実を、アダムと一緒に食べてしまったとあるよね。

ということは、霊魂としての別の未熟な存在が、あえて注意を無視して自由なる意思により、楽園という自由な世界を離れて、肉体を持つ苦しみを経験したということかな。

霊的なトレーニング 禊とは何か? 4へ続く
関連記事
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
プロフィール

Author:イクラマン
「契山館」という小さな会で昭和63年から霊魂学、霊的修行法を学んでおります。
このブログの内容は、修行中の未熟な会員によるものです。未熟さゆえの間違いや解釈も含まれますので、どうかご理解下さい。

◆不許無断複写転載◆



みずば霊魂学 新刊のご案内






































検索フォーム
天気予報
ブロとも申請フォーム
QRコード
カウンター

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。