HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト霊的カルマ〈霊言講演〉  »  霊的カルマ5
RSSフィード

トレーニングなんて自分には関係ない?と思っている貴方にも幽体があります。

人間そして霊魂としての人生に、この幽体は大きく関わっています。

霊的なトレーニングとは、霊能力開発などではありません。

霊的な環境は、とても悪くなっています。

今、弱っている幽体に力を与えるのです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  ※イメージ画像

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
霊的カルマ4からの続き

まぁちゃん: 霊的カルマって、簡単にどうこうできないんだな。

霊魂: ある人に、わが子を殺された。首を絞めて殺された。
ばらばらにされて殺された。

犯人がわかった。呪わない者がこの世にいるだろうか?

「呪ってはいけません」と説教しても、「はい、わかりました」と言うが、腹の中が、それで平安になる訳がない。

まぁちゃん: ケンカして頭にカァーっと血が上っている時、誰かに「ケンカするのは良くないよ!」なんて言われても、急にニッコリ笑っておさまるもんじゃないよね。

霊魂: これが、カルマと呼ばれるものであり、本質的なものであり、そう簡単に変わる訳もなし。それを超え得る人など誰もいない。

よって世のなか皆、いわゆる善人になってもカルマは消えない。
永遠に人は不幸に陥る。だから善人ほど不幸になる。

悪い人ほど長生きする。
つまり、善い人でも、悪い人でもカルマは関係ない。

人は、本能があり欲望があるから、絶対に平和になど暮らさない。

仮に、平和になったとしても、皆が幸福になどなれない。
みんな個性があるから、人と違う服を着たいのだし、人と違うものが食べたい。
人と違う歌が聞きたい。

となれば、必ずそこに差が生まれる。
そして不幸が出来るに決まっている。

どんな平和になっても、個人はいつも不幸のままである。

まぁちゃん: 人間ってどうしても、他人と比べてしまうよね。
皆より下だと辛いし不幸だと感じてしまう。

できれば、人より上になりたいと思ってしまうけど。

霊魂: 人の容姿や、服装、スタイルはみんな同じではつまらない。
差がありたい。

しかし、差があれば必ず誰かがひがむ。
誰かが必ず泣く。

誰かが必ず辛い思いをし、上のほうにいる人達は恨まれる。
その念は、その人をまた痛めてしまう。

そこで、真の救いはただひとつ。
カルマの解消であり、それは、日本の古事記に記されていた。


それが禊という技法である。

まぁちゃん: 現代の人が、霊的カルマっていうものが良くわからないのに、すでに大昔から、その解消法がすでにあったってこと?

霊魂: 水とか風とかあらゆる物を用いて、人々の幽体の中に、あるエネルギーを通す。

そのエネルギーが通ると、例えていえば、脳を刺激すると人の心が変わるのだから、幽体も刺激してしまえば、幽的な心情も変化するのである。

つまり、魂全体の変化が唯一、幽体の変化以外にあり得ない。

また、幽的心情をも変化しないとあり得ない。
そのためには、幽的、霊的な力、これに気づけるかどうかなのである。

これに気づいた時、人は本当の意味でカルマを越え、本当の意味で救いを得る。

それに気づかなければ、どれだけもっともらしいお説教を聞いても、絶対に救われない。



まぁちゃんの一言

人の人生は、必ずしも決まってはいない様です。

しかし、人には過去世というものがあり、その記憶は心よりもっと深い部分に刻み込まれています。

それが今の人生に影響をもたらします。
この霊的カルマを抜きにして、人の人生を語ることはできません。

それなのに「霊的カルマ」その解消法について、世の中では話題にならないということを考えると、人の人生は決まっていると言えなくもありません。
関連記事
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
プロフィール

イクラマン

Author:イクラマン
「契山館」という小さな会で昭和63年から霊魂学、霊的修行法を学んでおります。
このブログの内容は、修行中の未熟な会員によるものです。未熟さゆえの間違いや解釈も含まれますので、どうかご理解下さい。

◆不許無断複写転載◆



みずば霊魂学 新刊のご案内






































検索フォーム
天気予報
ブロとも申請フォーム
QRコード
カウンター

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。