HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト霊的カルマ〈霊言講演〉  »  霊魂学 霊的カルマ4
RSSフィード

トレーニングなんて自分には関係ない?と思っている貴方にも幽体があります。

人間そして霊魂としての人生に、この幽体は大きく関わっています。

霊的なトレーニングとは、霊能力開発などではありません。

霊的な環境は、とても悪くなっています。

今、弱っている幽体に力を与えるのです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  ※イメージ画像

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
霊的カルマ3からの続き

まぁちゃん: 霊的カルマを防ぐというか、変える、解消することって出来るの?

霊魂: 例えば、夫婦は仲良くしなさいと説明しても、仲良くできるくらいなら、とっくにしていると思う。

出来ないから困っている。

なぜ出来ないか?
出来ない心情がお互いに内にある。

それを解決しないで、「これこれ、こうしなさい。ああしなしさい」と言っても、やっぱりお互いそっぽを向く。

まぁちゃん: 自分のことを誰かに相談して、アドバイスを受けたとしても、その時は「はい、わかりました」なんて言っても、自分を変えることは難しいからねー。

霊魂: つまり、どれだけ口でお説教しても、人のカルマは変わることはない。
変わるのは唯一、心の奥自体を変革させることだけである。


5歳の子供であっても、将来どうなるかは、心の内でプログラミングされている。

まぁちゃん: 小さい子供は、あどけなくて無心のように見えるけど、すでに様々な要素を持っているんだ。

霊魂: それを直さないと、だいたい将来どうなるかわかってしまう。
それを読み取ることが難しいだけであり、変化が難しいだけであるから、それを変える手段もある。

まぁちゃん: こんなに大事なことなのに、あまり知られていないよね。

霊魂: それは、宗教の中にあるから、人々のものにはならなかった。

技術として独立していれば、いくらでも人々のものになったかもしれない。

無論、困ったことに、宗教家でない人が、そういった事を教えたことが一回もないため、なかなかうまく行かない。

まぁちゃん: 人間には潜在意識、深層心理のようなものがあるということは、心理学という分野でもわかっているけど、物質を超えてしまっているから、なかなか実体がつかめていないんだ。

霊魂: 医師という職業は、ただ治せばよい。
それが、宗教家だと、そうもいかないので困る。

しかし、遺伝子を組替えれば人間が変わるように、脳のある部分に、ある刺激を与えると、人はある行動をする。

つまり、己があるようで実はない。

ここを刺激すると、この人は怒る。
ここを刺激すると、この人はおとなしくなる。

まぁちゃん: 精神的な病気、うつ病の人とかに効く薬があるらしいけど、ラリっている状態に近いらしいよ。

霊魂: つまり、薬品や、脳の刺激によって変わる程度の心は、いくら説教しても本質ではない。

よって、そんなものは、人間の魂全体のわずかな部分であって、実は本質ではないから、それでレベルが上がった訳でも、下がった訳でもなく、どんな立派な人も、下の世界に死後落ちると私が、断言できるのは、そこである。

もしも仮に、ニコニコして平和ばかり口にしている人が、みな上に世界に行くのなら、もしも医学が発達して、ある脳の部分にこういった刺激を与える、こういう薬品を飲む、そうすると皆平和を求めるようになる。

「そうしてしまえば良いのに」

そうすれば、世界から戦争が消えるかもしれない。
みんな優雅な、暖かい、穏やかな人間になるかもしれない。

しかし、脳の刺激で変わったのは、魂が変わったわけではないのだから…

つまり、どれだけ努力して立派な人間になっても、霊的な意味での進歩でも、退歩でもないのだから、あの世に行けば、幽体がちょっと傷ついただけで、下がってしまう。

どんな立派な方も、ちょっとしたことで下がったり、上がったりする。
魂の本質は、地上の人々の価値観と全然関係ない。


まぁちゃん: 幽体という霊的身体の状態が、死後、霊魂としての生活に深く関わってくるのだね。

カルマを解決するとは、善人だからいいのでもなく、悪人だから出来ないのでもなく、自動車を100キロだと事故を起こすが、10キロなら大丈夫だという。

ただ、それだけの現実である。
その現実を考えて、己の奥に沈む魂としての自分をどう変革できるのか。

それだけである。
どんな立派な人が、偉そうに説教しても、その説教で変わりはしない。

皆さんがよく知っての通り、心の中にある怒りとは、一つ、二つ己を正したからといって、消えるものでは絶対にあり得ない。

霊的カルマ5へ続く
関連記事
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
プロフィール

イクラマン

Author:イクラマン
「契山館」という小さな会で昭和63年から霊魂学、霊的修行法を学んでおります。
このブログの内容は、修行中の未熟な会員によるものです。未熟さゆえの間違いや解釈も含まれますので、どうかご理解下さい。

◆不許無断複写転載◆



みずば霊魂学 新刊のご案内






































検索フォーム
天気予報
ブロとも申請フォーム
QRコード
カウンター

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。