HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト霊的カルマ〈霊言講演〉  »  霊魂学 霊的カルマ1
RSSフィード

トレーニングなんて自分には関係ない?と思っている貴方にも幽体があります。

人間そして霊魂としての人生に、この幽体は大きく関わっています。

霊的なトレーニングとは、霊能力開発などではありません。

霊的な環境は、とても悪くなっています。

今、弱っている幽体に力を与えるのです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  ※イメージ画像

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
講演会は、質問形式ではありません。

まぁちゃん: よく、人に殺されたのは、前世で人を殺したからだとか言う人もいるし、悪い事をするとバチが当たるって言うけど、本当はどうなのでしょう?

霊魂: 我々霊魂から見る、カルマとは必ずしも世間で言うカルマのごとしではない。

つまり、語源はともかく人々の間に言葉が定着したから、この言葉を使うに過ぎず、出来れば別の言葉を使いたい。

したがって、霊的カルマとして説明する。

カルマは上から見ると読みやすい。
つまり、「あの方は、明日自殺する」これはカルマなり。という時、まず当たる。
それは、カルマが何であるかを知ればすぐわかる。

まぁちゃん: 人に何かをされるということよりも、その人の心情の奥にどのようなものが隠されているか、そういったことの方がわかりやすいんだね。

霊魂: ある体の不自由な方が、仏の教えに問う。
「今の私は、過去世よりの悪行により、手足が動かせないのでしょうか?」

「己のせいによって、そなたの過去からの罪が今の障害を生む」
と仏の教えが答える。

次の方は、キリストの教えに問う。
「私は、目が不自由です。これは罪によるものなのでしょうか?」

キリストの教えは答える。
「目は罪にあらず。これは、神を知るためなり」

そこで、我々霊魂が答える。

「カルマとは単に法則であり、罪でもなければ善悪でもない」

つまり、ある障害者の障害の原因は実に罪であるが、別の障害者の障害の原因は罪ではない。

まぁちゃん: 一律には語れないことなんだね。
でも、何で悪い事をするとバチが当たるって言い始めたのかな?

霊魂: 日々善を行ってくれなければ困るという、昔の仏教の人達にとって、悪い事をしたらバチが当たらないと、教育の低い人達には通用しない。
教育がないほど、悪い事に走りやすい。

そこで、悪い事でも、人が見ていないと皆してしまう。
人が見ていないから泥棒する。

人が見ていないから、他人の物とわかっていても盗んでしまう。

そこで仏教は「悪い事をすれば必ず報いがくる」こう強く言いたい。
そこで因果律や業とう言葉が出る。


まぁちゃん: 今の人達も教育が高いのか低いのかわからないけど、「人に見られてなければいい」って感じの人いるよ。

昔はそれで戒めになったのだけれども、今の人達は何とも思わないだろうね。

霊魂: しかし、カルマは事実という観点より見ると、そうした善悪でも罪でもない。

つまり、ある人が後ろから、ある女性の頭を叩いた。
その人は気絶してしまって、誰が叩いたかわからない。

しかし、多分あいつに違いないと目測をつける。

やがて、その女性は、いずれ恨みを晴らそうとする。
いつか足を引っ張る。

しかし、実は別の第三者が犯人だった。

まぁちゃん: 満員電車で変な格好して、動けなくなる時があるんだ。
むやみに動こうとするとチカンと間違われたりする。

ギロってにらみつけらるけど、それがまた、どうでもいいような女の人で…
おっと失礼!

霊魂: つまり、カルマで言えば、悪い事をした人に報いが来れば良い。

が、何もしないで誤解された人に報いがくる。

良い事をすれば悪い事がないのでもなく、悪い事をしたからいずれ報いがくるというものでもなく、原因に対して法則が作用し、結果が現れるだけ。

その原因に善悪もなければ、罪科でもない。

霊的カルマ2へ続く
関連記事
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
プロフィール

イクラマン

Author:イクラマン
「契山館」という小さな会で昭和63年から霊魂学、霊的修行法を学んでおります。
このブログの内容は、修行中の未熟な会員によるものです。未熟さゆえの間違いや解釈も含まれますので、どうかご理解下さい。

◆不許無断複写転載◆



みずば霊魂学 新刊のご案内






































検索フォーム
天気予報
ブロとも申請フォーム
QRコード
カウンター

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。