HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト命と霊的世界の上下  »  人の命と霊的世界の上下10
RSSフィード

トレーニングなんて自分には関係ない?と思っている貴方にも幽体があります。

人間そして霊魂としての人生に、この幽体は大きく関わっています。

霊的なトレーニングとは、霊能力開発などではありません。

霊的な環境は、とても悪くなっています。

今、弱っている幽体に力を与えるのです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  ※イメージ画像

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人の命と霊的世界の上下9からの続き

まぁちゃん: 「教え」というのは、時代やその環境において人々の考えは異なって当然だから、それに即したものなんだ。

霊魂: たとえば、昔は「殿様は絶対である。私に忠誠せよ」と言っていた。
それは今の人達から見ると平等ではないから、大変悪い人となる。

「あんな悪人!」といっても、その時は一番良い人だった。
善人と呼ばれていたし、立派な殿様と呼ばれていた。

あるいは妻を虐げていても「あの人は人格者だ」と言われていた。

では「その人達が極楽に行ったのか?」

今の感覚でみると、たとえば山のようにあっちこちに奥さん以外の女性がいっぱいいて、常に泣かせていた。

が、その当時のしきたりでは、当然金持ちはみんなそうであった。

さて、この人は大変な善人として地上を去っている。
が、現代人は「そうした面が悪いところだった」と言う。

まぁちゃん: 昔であれば上の世界に行って、現代なら下に落ちるというわけでもないよね。
「難しい!」

霊魂: 今たとえば、平気で蚊を殺しているが、蚊を殺さずに生きられるような発明ができたなら、未来の人は必ず言う。

「昔の立派だと呼ばれている人達は、平気で蚊を殺していたそうだ」

「蚊が嫌がるガスをちょっと出せば、蚊が絶対寄って来ないのだから、殺さなくて済むのに…」

「あの時代は、どんなに立派と呼ばれている人も平気で虫を殺す」

「そうしたガスを出して殺していたそうだ」

「悪いねぇ~。先祖は全員悪党だ!」となる。
必ずそう言われる。

さて、原始時代は他の部族が襲ってくる前に、先に襲って全員殺して首をハネる。
そして首を神々に捧げる。

「あぁ、こんな立派な人はいない」そう言っていたのである。

「生けにえを捧げよう。村から娘を二人さらって来い」そして、生けにえとして捧げた。

それが最も立派な行為だったのである。

「本当に悪かったのだろうか?」

まぁちゃん: 現代においては、そういった行為を賞賛すれば、袋だたきに合ってしまうけど、その時は当然の行為だったのでしょう。

霊魂: 今の人は明らかに悪いと言う。
が、それは教えを説いた主が悪いと言ったから悪かった。


教えを説いた主が「いや、一夫多婦制でもかまわないよ!」そう言ってたら良いのである。
現実にイスラム社会ではどうということはない。
それだけの基準。

まぁちゃん: とりあえず人間の考える善悪など、絶対ではないというわけでしょう。
となれば善行、悪行というものがはっきりしないけど、霊的には関係なくなるのかな?

霊魂: 霊的な現実はそうではなく、霊的社会においての尺度はハッキリしている。

肉の身の人間が何をしようと、所詮肉の体を持つがゆえの行為でしかない。
善も悪も全く関わりなし。

単純に魂、幽体、「進歩向上か、退歩か」これだけ。
何ひとつ基準なし。

なぜなら、肉は弱肉強食のように、はじめから出来ていて、強い者が弱い者をいじめるように、はじめから出来ている。

そういう身体に入っておいて、今さら善も悪もあるか!
最初から、それが前提で生まれて来ているのである。

が、それでは暮らしにくい。相手の幽体を傷つけてしまうので教えが出てくる。

が、教えが違えば言うことが真反対。となると普遍の真理は絶対これではない。

これは偉い人が言ったから正しく見えるだけ。

まぁちゃん: 人が暮らしやすい安定した社会をつくろうとすることは悪いことではないよね。

ただし、霊的な真実とは別に、教えというもは所詮、時代と共に変化し得る流動的な部分が強いのであって、 それが普遍的なものでないとすれば、霊的にはあまり価値がない場合もあるということだね。

人の命と霊的世界の上下11へ続く
関連記事
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
プロフィール

Author:イクラマン
「契山館」という小さな会で昭和63年から霊魂学、霊的修行法を学んでおります。
このブログの内容は、修行中の未熟な会員によるものです。未熟さゆえの間違いや解釈も含まれますので、どうかご理解下さい。

◆不許無断複写転載◆



みずば霊魂学 新刊のご案内






































検索フォーム
天気予報
ブロとも申請フォーム
QRコード
カウンター

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。