HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト幽気と幸福〈霊言〉  »  幽気と幸福8
RSSフィード

トレーニングなんて自分には関係ない?と思っている貴方にも幽体があります。

人間そして霊魂としての人生に、この幽体は大きく関わっています。

霊的なトレーニングとは、霊能力開発などではありません。

霊的な環境は、とても悪くなっています。

今、弱っている幽体に力を与えるのです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  ※イメージ画像

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
幽気と幸福7からの続き

まぁちゃん: 霊的に見る人間って複雑なんだねー。
じゃぁ、幸福になるにはどうすれば良いの?

霊魂: 幸福になるのは、自分の意思のつもりでも実際はほとんど、まわりに人間関係、霊魂関係、念の関係、自分の無意識もろもろの影響である。

まぁちゃん: 人間の幸福というものを考えた場合、霊的なことがものすごく影響していて、そういったことを含めて考えないと、なかなか幸せには至らないんだ。

霊魂: 人生は己が決める。
しかし、自分は自分で決めているように見えても、実際には、ほとんど自分では決めていない。

実は自分の深い意識が強い主張をし、それに大多数は動かされている。

ところがその動かしている意識の過半数は地上に生まれる前に、もう一つ、あるいはもう二つ生まれていた過去の人生の激しい記憶、激しい心理によって動かされている。

まぁちゃん: 幽体の意識というか、過去世の記憶、心理学などでは、潜在意識とか深層心理とかいっているけど、こういったものは自分でもなかなか変えられないって言うよ。

霊魂:人間は、どっちに行って良いかわからない。
常にそういった選択に迫られる。

その時、深く考える人はほとんどいない。
「なんとなくこっちがいい」みんなこんなものである。


まぁちゃん: 人には初めから結果など見えないのだから、なにげなく判断しているようであっても、 人の言うことは耳に入らなかったり、心の深い部分には「自分はこうしたい」という思いが強くあったりして、そういった選択の積み重ねが、結果的に自分の幸、不幸を決めてしまっているんだ。

霊魂: つまり、この時にこっちに行くべきなら、こっちに行けるような自分になれば、必ず幸福になれるし、そうでなければどんどん悪くなってゆく。

ということは、ここに不幸があると、無意識が強くこちらを選べというと不幸に向かって走る可能性もある。

それを考えたうえで、守護の霊魂は霊感を送るのである。

しかし、立派なオーラをしていれば強く反応し、キャッチできるが、あまりオーラが出ていないようであれば、自然に染み込まない。

まぁちゃん: 自分の幽体に良い幽気を吸収させるようにすれば、守護霊からの霊感が受け取りやすくなるし、そうでないと低い幽気を持つ人がまわりに集まりやすくなったり、 結果的に低い方の霊魂ばかり側に寄って来て、幸福から遠ざかってしまうことだね。

霊魂: それを考えるなら、ひとつひとつ良くして行けば、必ず上手く行く。

人間関係においてはあまり過度の対立はせず、幽気を常に吸収してゆけば、自然に幸福に向けた考えが浮かんでくる。


まぁちゃんの一言

肉体にとっては、空気は非常に大切なものです。

同様に、いま肉体とダブっている幽体は幽気を必要としています。
現代は、霊的にあまり良い状態ではないので、自分から進んで良い幽気を吸収しなければ、得られない状況のようです。

「今、良い幽気をいかに摂り入れられるか?」これが、永遠と続くであろう、あの世での幸、不幸を分けるようです。

もちろん今地上で生きている間も、人は霊的な部分に影響されて生きていることを考えれば、なるべくなら良い幽気を得たいものです。
関連記事
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
プロフィール

イクラマン

Author:イクラマン
「契山館」という小さな会で昭和63年から霊魂学、霊的修行法を学んでおります。
このブログの内容は、修行中の未熟な会員によるものです。未熟さゆえの間違いや解釈も含まれますので、どうかご理解下さい。

◆不許無断複写転載◆



みずば霊魂学 新刊のご案内






































検索フォーム
天気予報
ブロとも申請フォーム
QRコード
カウンター

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。