HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト幽気と幸福〈霊言〉  »  幽気と幸福5
RSSフィード

トレーニングなんて自分には関係ない?と思っている貴方にも幽体があります。

人間そして霊魂としての人生に、この幽体は大きく関わっています。

霊的なトレーニングとは、霊能力開発などではありません。

霊的な環境は、とても悪くなっています。

今、弱っている幽体に力を与えるのです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  ※イメージ画像

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
幽気と幸福4からの続き

まぁちゃん: 法律や倫理道徳的な規準にそって、良い人と悪い人に分けられるけど、霊的に見て、良いとか悪いの違いは別なの?

霊魂: たくさんの人がいるとする。
さて、「誰が一番良い人で、誰が一番悪い人か?」
地上の善悪、道徳では「この人が悪い」とはっきりする。

しかし霊的な良し悪しはそれとは別。

つまり低い、悪いというような霊魂に影響されている人は良くない。なぜかというと、他の人に影響が出る。

まぁちゃん: ということは、犯罪を犯すことは悪いけど、必ずしもそういった人が悪い霊魂に影響されているとも限らないし、また、いかにも立派に見える人が、必ずしも良いとも言えないんだ。

霊魂: 良い人というのは、他に良い霊的影響をもたらす。
悪い人は、悪い霊魂をたくさん引き連れている。
そして低い気を発している。

例えば、手を出したとする。低い気が沢山ある。
それに触れる。その人から低い気が沢山ついてしまう。

仮にこの人が医者だとする。患者がそこに来たとする。
「この人はかわいそうに・・・」しかし、そんなことは一般人ではわからない。

まぁちゃん: 気軽に握手などできないよね。
簡単に霊的に良い人と、悪い人など見分けることが出来ないのだから、どうしよう??

霊魂: よって、仕方がない。仕方がないけれどもついてしまう。

ただついても幽なので、別に肉体にすぐにどうこうということはない。
いわばお風呂に入る如し、幽的にリフレッシュすればもうそれで全然大丈夫。

まぁちゃん: つまり人間関係においては、仕方がないことだけれども、時々、良い幽気を吸収すれば良いってことだね。

霊魂: 大丈夫に普段からなるためには、そういった状況に自分でもってゆく必要がある。

しかし、忙しくてそうも行かない。
と、どうなるかというと、あちこちに低い気が付着する。
するとすぐにどうこうなる訳ではないが…

まぁちゃん: 自分で防御じゃないけど、予防策を講じておけば大丈夫なんだ。
祓いというのがあるけど、そういったものを定期的に受けるというのも、ひとつの手段だね。

幽気と幸福6へ続く
関連記事
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
プロフィール

イクラマン

Author:イクラマン
「契山館」という小さな会で昭和63年から霊魂学、霊的修行法を学んでおります。
このブログの内容は、修行中の未熟な会員によるものです。未熟さゆえの間違いや解釈も含まれますので、どうかご理解下さい。

◆不許無断複写転載◆



みずば霊魂学 新刊のご案内






































検索フォーム
天気予報
ブロとも申請フォーム
QRコード
カウンター

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。