HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト幽気と幸福〈霊言〉  »  幽気と幸福1
RSSフィード

トレーニングなんて自分には関係ない?と思っている貴方にも幽体があります。

人間そして霊魂としての人生に、この幽体は大きく関わっています。

霊的なトレーニングとは、霊能力開発などではありません。

霊的な環境は、とても悪くなっています。

今、弱っている幽体に力を与えるのです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  ※イメージ画像

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
講演会は、対話形式ではありません。

まぁちゃん: 霊的な気、幽気というものについて教えて下さい。

霊魂: 地上に空気あり。人の肉体はそれを得ることにより生存しうる。
が、仮にあの世に行けば、すぐに空気は要らなくなる。

それは肉体が無いためである。
では、人があの世に行くのに肉が消えて脳も消えて、それでも生命として生き長らえるならば別の体がいる。

仮に今、自分が死ねば記憶は全部消えるはず。
が、それから新しい身体を得ていては、過去の記憶は戻らない。

おのれを持ちながらあの世に行くのであれば、今ここに幽の体を持っていなければならない。

まぁちゃん: 幽気というものを語るとき、幽体という霊的な身体を無視しては意味がないってことだね。

霊魂: 肉体とダブっている幽体が、今ここにあるからこそ、記憶をあの世にまで持って行ける。

もし、先祖に記憶あるというのなら、 当然おのれに幽の身あり、そして幽の気あり。
その気が良ければ、空気のごとし栄養になる。

無論、物質の世界にない身体なので、物質の世界にない空気がいる。

いわば、次元の異なる栄養のごとし。これが幽気というものである。

まぁちゃん: いま肉体で生活していて、霊的なことは全く関係ないようでも、幽体というものは幽気を必要としているんだ。

霊魂: 幽体という身体があり、肉体と接着が外れれば、霊魂の世界に入る。
つまり、人間が地上で死を迎えた時、 肉体とダブっていた幽体が独立して、あの世と言われる世界、幽界に入り生活することになる。

その幽体という身体が幽界と呼ばれる世界で、どうして生きて行けるのか?
それは基本的に、幽体がそこで馴染みやすい身体だからといえる。

まぁちゃん: あの世は、地獄とか天国のように分かれているって聞くけど、なぜ分かれるの?

善い事をすると天国に行って、悪いことをした人は地獄に落ちるのは、心の違いなのかな~。

霊魂: 心、心ももちろん違うが、残念ながら本当は幽気である。
これが分ける。

例えば映画館に入ったとする。真っ暗で何にも見えない。
しばらく経つと慣れてしまう。
しかし、そこでばかり暮らしていると、全然暗くなどない。

まぶしい世界も同じ。まぶしい所へ行くと、もう目が見えない。
そこにばかり暮らしていると全然大丈夫。

つまり、幽気の上下は、まぶしいか、暗いかと同じ。
目が慣れるかどうか?
この幽界の質、つまり幽気が、そこに馴染むかどうかである。

まぁちゃん: つまり日陰のじめじめしたところで育った植物が、突然、強い日差しの中では枯れてしまうよね。

元気のない幽体の人は、 あまり日の当たらないような所で生活しなければならないし、日差しが好きな元気な幽体は、日がさんさんと降り注ぐような所に行けるんだ。

自分の幽体が馴染みやすいところに行くってわけだね。

霊魂:ゆえに今この霊言の場の幽気が下がってしまうと、我々は、いわば息苦しいがごとし。
この場に満ち溢れんがごとし気が集まれば、活動がたやすくなる。

まぁちゃん: 地上のような所は、低い気を好む霊魂は過ごしやすいけど、高い霊魂というのは、高い気がたくさんある所でないと、ダメなんだね。

霊魂: 幽気について、さらに詳しく言うと、地上の人は皆、肉体と幽体が重なっている。

さて、空気を吸うがごとし幽気も吸う。肉は活力を増し、幽も活力を増してくる。

まぁちゃん: 幽体の調子が良ければ、ダブっている肉体も当然良い影響があるんだね。

幽気と幸福2へ続く
関連記事
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
プロフィール

イクラマン

Author:イクラマン
「契山館」という小さな会で昭和63年から霊魂学、霊的修行法を学んでおります。
このブログの内容は、修行中の未熟な会員によるものです。未熟さゆえの間違いや解釈も含まれますので、どうかご理解下さい。

◆不許無断複写転載◆



みずば霊魂学 新刊のご案内






































検索フォーム
天気予報
ブロとも申請フォーム
QRコード
カウンター

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。