HOME   »  霊能力
RSSフィード

トレーニングなんて自分には関係ない?と思っている貴方にも幽体があります。

人間そして霊魂としての人生に、この幽体は大きく関わっています。

霊的なトレーニングとは、霊能力開発などではありません。

霊的な環境は、とても悪くなっています。

今、弱っている幽体に力を与えるのです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  ※イメージ画像

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
僕も霊的なことに強く関心を持ち始めた頃、何か実感を得たいという気持ちもありましたので、霊能力に興味を持つ気持ちも理解できます。

いつの時代も霊能力がいとも簡単に身に付くようなことを言う人がいます。

タイトル「霊感ないんです?」で「霊的な力とは、肉体の健康や肉体を正常に機能させる力でもあるのです」と言いましたが、霊力がある人は、肉体を正しく機能させている方です。

つまり霊力が弱ると霊能力が現れやすくなるのです。霊力と霊能力を混同されているかも知れませんが、霊能力はあくまで技術的なことを指しています。

霊的状態が悪くなると、霊魂が干渉しやすい状態を作ってしまうのです。

霊魂学では間気と呼んでいる気がありますが、その間気が不足すると肉体と幽体の密着が弱まってしまいます。
こうした時に霊的現象が起こりうるのです。

このような状態では正しい霊的なトレーニングなど行っているとは考えられませんので、寄って来たのは未熟な霊魂です。

いかに神や仏を名乗り立派なご託を並べていても、背後にいるのはそれなりの霊魂でしかないのです。

霊魂は人間のように寝たりしませんので、四六時中干渉してくればこの身が持ちません。

ケガをするのは一瞬でも、治すことは大変なのです。

まずは、正しい霊的トレーニングを積み重ねてから技術を身に着けることが望まれます。
スポンサーサイト
このブログで霊力と呼んでいるものと少し異なりますが、霊的な影響を相手に与えたり受けたりすることがあるのです。
それは人間が幽体という霊的身体をダブらせているからです。

想念とは心に浮かぶ考えのことですが、こうした思いが霊的な力を持つのです。

念の力で物を動かすという方もおりますが、幽体から発する念は幽質なので、物質に作用するものではありません。

強く念じることにより、間気というものが流出し影響を与えることが可能になるのです。

もちろん、こんな実験はお勧めしません。

スプーンも手で曲げれば良いし、物を移動させるのも手を使う方が簡単です。

間気は肉体と幽体を接着させる役目を持っているので無駄づかいは禁物です。

人が強い恨みや憎しみを抱く時、その念が相手にダメージを与えてしまうのです。
もちろん、幽質なので肉体には直接影響しませんが、幽体が傷ついているのです。

後にその影響が肉体に現れる場合も考えらえます。

人間関係において、お互い気づかない所でこうしたことが起きているのです。

それでは、その傷が優しい思いをかけることで修復されるかというとそうでもありません。

きっかけは些細なことであっても、霊的カルマと相まって強力になってしまうこともあるでしょう。

こうした悪循環を繰り返してしまうのが現実のようです。

人間同士お互い感情がありますから、怒るなといわれても無理です。

通常、怒るとは悪感情のように捉えらえるかもしれませんが、そうでもないのです。

相手が本当に悪いことをしていたら真剣に怒って止めさせなければいけません。
お釈迦様が怒っても、こうした悪影響は起きないのです。

「お互い霊的に成長すれば良いのです」などと言うのも非現実的なので、自分が霊的に成長し強い感情を出しても悪影響を及ぼさない、そして念にも勝る幽体となることが肝心かと思われます。
かれこれ20年近く昔、友人に師が行う霊査(霊的調査)を勧めました。

その時はピンとこないようでしたが、最近になり「あの先生は当たるよ!」と言っていました。

友人はプライドが高く、強がりなところもあり深くは追及しませんが、霊査で指摘された心理が現れたのではないかと思います。

当たる霊能者はたくさんいることでしょう。

日常的な出来事は、人間に近い霊的レベルの霊魂の方が詳しいかもしれません。

ところが、人間の過去世といった魂というレベルの調査は、低級霊には無理なのです。

あげくの果ては、低級霊がさも当たったかのように働きかけたりしています。

昔から占いは「あたるもはっけ、あたらぬもはっけ」というように、統計学的要素が強いものですが、良く当たる方は、霊能者のように霊魂が手助けしている可能性もあるようです。

この世で暗躍する低い霊魂は、人間を操りたいとか自分の仲間に引き込むことが目的です。

良く当たると評判が立てば、人が大勢訪れてくれるのだから、願ったり叶ったりということになります。

自分の努力を忘れ、目先のご利益ばかり追い求めてしまうと、低い霊魂のえじきになってしまいます。

「じゃぁ、お前だって霊的なトレーニングで死後の幸福を得ようとし、ご利益を求ているだろう」と言われるかもしません。

ただ霊的なトレーニングとは、あの世で上の世界に入ることだけが目的ではありません。

低い世界が異常なだけです。

霊魂として、ごく普通の世界入り、さらなる魂の進歩向上を求めて行くのです。
それが霊魂としての自然な欲求でもあるのです。
世の中には霊魂の存在を信じる人や信じない人がいます。

通常、人間というものは、肉体があるため霊的なことはわかりづらくなっています。

また、科学という分野においては、物質主体に考えてしまうために、本来物質ではないものを探求することが困難となっています。

確かに、物質科学という観点で霊魂の実在を証明することはできません。
信じる人と信じない人が存在すること仕方のないことでしょう。

それでも、科学で証明されなくても、真面目に求めれば自分のとっても確信が得られるのではないかと思います。

僕自身、霊が見えたり声が聞こえるわけではありませんが、霊魂の存在を信じているというより、当たり前のように思っています。

もちろん、他人に証明するようなことは出来ませんが、霊魂はいると思っていたからこそ、それをどう自分自身で感じ取ることが出来るのかを追い続けてきたからだと感じます。

ここで安直に霊能力など求めないで頂きたいと思います。

低い霊能力など比較的早く目覚めてしまうのです。
実は霊的障害状態をつくることで、霊が見えたり、声が聞えてきたりします。

それで何が得られるかというと、人間の異常現象と低い霊魂との交流です。

こうなると通常の生活に支障を来たし、死後の世界は暗いものとなってしまいます。

低い霊魂と交流が深まってしまった人を見て来ましたが、そうした霊魂と肉体を共有しているような状態です。
助言も耳に入らなくなり、まるで自分があってないようなものです。

こうした方の将来に不安を感じますが、他人では、もうどうすることも出来ません。

やはり、霊能力を求めるのではなく霊力を得ることが大事です。

不思議な力に魅力を感じるかもしれませんが、人生を棒に振るほどの価値などありません。
死んでから後悔しても手遅れです。

霊的なトレーニングを積めば、他人が何と言おうと霊的な確信が得られるし、霊能力などなくても霊術を行使することも可能です。

自分自身の成長にもつながり、他の人に役立てる力となるはずです。
そうした方が増えれば、今の霊的な環境も改善されるのではないかと思います。
プロフィール

イクラマン

Author:イクラマン
「契山館」という小さな会で昭和63年から霊魂学、霊的修行法を学んでおります。
このブログの内容は、修行中の未熟な会員によるものです。未熟さゆえの間違いや解釈も含まれますので、どうかご理解下さい。

◆不許無断複写転載◆



みずば霊魂学 新刊のご案内






































検索フォーム
天気予報
ブロとも申請フォーム
QRコード
カウンター

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。