HOME   »  霊魂について
RSSフィード

トレーニングなんて自分には関係ない?と思っている貴方にも幽体があります。

人間そして霊魂としての人生に、この幽体は大きく関わっています。

霊的なトレーニングとは、霊能力開発などではありません。

霊的な環境は、とても悪くなっています。

今、弱っている幽体に力を与えるのです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  ※イメージ画像

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
それでいいんです。

本来、見えないものが見えたり、聞こえるはずのないものが聞こえるのは異常です。
霊的な力とは、肉体の健康や肉体を正常に機能させる力でもあるのです。

確かに霊能力を持った人もいます。
本物の霊能力というのは、それ相応の努力や苦難を経て得られたものです。

高級な霊魂と通じ合う訓練、正しい霊的なトレーニングの積み重ねがあって発揮されます。

このブログでは、信仰心の必要性を偉そうに語っていますが、実は僕も不真面目な部類だったでしょう。
宗教など全く興味がありませんでした。

今思えば勉強嫌いのようなもので、難しいことの押し付けを頭だけで理解するのではなく、実体験を通して自分のものにしたかったように思えます。

子供の頃から霊にまつわる怖い話や、いわゆる幽霊は存在すると思っていたし、亡くなったおじいさんもおばあさんも霊魂になっていると考えていました。

つまり霊魂の存在を信じるのであれば、様々な霊魂もたくさんいて、いちばん霊的レベルの高い霊魂がいても不思議ではないですよね。
僕はそうした存在を理解できれば良いと思っています。

難しい神様や仏様の名前など所詮人間が勝手に呼んでいるだけで、話を難しくして高貴な霊的存在を遠ざけてしまっているような気がします。

また、神の名を借りての売名行為や、自分に都合の良い神を語ることで、品格を落としてしまっているのかもしれません。

ただそれは、人の考える神や仏であって本来の高貴な霊的存在とは無関係に思えます。

自分にとっての高貴な存在を信じ、少しでも近づくことが出来ればそれが霊的成長であると感じます。
スポンサーサイト
霊魂の存在を認めるという方には、人間と同じく様々な霊魂がいるということを知って頂きたいと思います。

ここで正邪善悪といった分け方をしてしまうと複雑になりますので、高低といった表現を使わせて頂きます。
また恐怖心をあおるだけでは意味がありませんので、対策についても触れようと思います。

霊魂の本来生活すべき世界は物質の世界ではありません。
あの世とか死後の世界といわれる所で別にあります。

この世は、肉体を有した霊魂、すなわち我々が住むべき世界といえます。

しかしながら、どうした訳か肉体を持たない霊魂がたくさんいるようです。
霊が見えた、聞こえたという人だけに限られたことではなく、姿が見えませんので人間は気が付かないだけで、あなたも幾度となく接触している可能性は十分あるのです。

高級霊と低級霊、これは霊的な尺度になのですが、霊的に成長した霊魂と未成熟、未発達な霊魂です。
大きな違いは、高級霊は人間の自由意思を尊重するのに対し、低級霊はおかまいなしなのです。

もし高級霊が人間の自由意思を無視すれば、一方的に幽気を送って勝手に引き上げることもできるかもしれません。
しかし、不幸になる権利も当然あり、人間のあらゆる自由を認めています。

高級霊にとっては、物質の薄汚れた世界は居心地も悪く、自らを汚してしまうこともあるかもしれません。
それでも人間の霊的進歩を願い人間に関心を向けてくれるのです。

低級霊というのは見えないのを好都合とばかり、好き勝手にしています。

イタズラや人間を苦しめたり、仲間に引き込もうと考えたり目的は様々です。
もちろん、悪意を持った霊魂ばかりでありません。
子孫を心配している霊魂もいることでしょう。

いずれにしても、霊魂に干渉されるなら高級霊であって欲しいと思います。
自分にとって都合の良いことが起きたり、霊能力が出たりするかもしれません。

しかし低級霊と二人三脚では、永遠と続くような次の人生が必然的に低い世界になってしまいます。
こうした霊魂は、霊的な身体が未熟です。人間が霊的に成長すると見えにくくなってしまいます。

高級霊が背後にいれば、怖くてイタズラも出来ないのです。
大きなリスクを伴うのであれば、別の人を探す方が得策です。

たとえ相手が見えない存在であっても、自分が霊的に成長すれば全く心配はいらないのです。

霊現象に悩まれていた方で真面目に霊的トレーニングを行うことにより、霊的な現象が無くなったという声も聞かれております。
霊魂と物質の世界に生きる人間の大きな違いは、我々は肉体という身体に入り込んでいることです。

肉体を持っていると霊的ことがよくわかりません。
それは肉体が物質の世界に適した身体だからです。

この肉体にとらわれてしまうと人間の本質が見えなくなってしまうのです。

脳は確かに複雑かつ精巧で肉体の中枢です。
人の心に対する影響も大きいでしょう。

しかし、それは肉体の中枢でしかなく、人間の実質に迫るものではないのです。

脳の科学も車の運転席を調べることに夢中で、ドライバーの存在をまるで考えていないようにも思えます。

肉体が生まれる以前にすでに幽体があり、そしてその一部が再生し人間が生まれ、肉体を失うと幽体であの世の生活がはじまります。

こうしたことを考えると肉体は一時的な身体でしかないことがわかります。

もちろん、幽体もあくまで身体でしかないのです。

難しい話を好まれる方は「霊魂学を知るために」で続きを読んで頂きたいと思います。

人間はもともと幽界で生きる霊魂だったのです。

ことさら不自由のない田舎に住んでいた純朴な若者が、都会に憧れ村を飛び出し、都会で傷つき苦しみ変わり果てた姿で帰って行くようなものです。

霊的な世界は自由な世界で肉体に拘束されることなどありません。
働くことも寝ることも食べる必要もなく、死別することもないのです。本来はこうした世界です。

ところが、霊魂が人に生まれてしまうと、どうでしょう。

常に競争し奪い合い、差別し憎み憎まれ、そして念により傷つき傷つけられ、お互い幽体は損傷し心理を歪めてしまうのです。

霊的世界では起こらならないようなことが必然的に起きてしまうのが、この地上といえます。

その経験や記憶を有してもともとの霊魂の姿と別人のようになって、あの世に戻って行くのです。

そして、物質世界の延長戦を繰り広げてしまうのです。

「じゃぁ、生まれなきゃいいじゃん!」そうなんです。

でも、どんどん生まれて来てしまうのです。
霊的カルマを抱えた幽体の一部が地上に誕生し、その霊的カルマに影響され更に深い霊的カルマとなってしまい、そして不幸を嘆くのです。

この負の連鎖を断ち切る必要があるのです。

生まれて来るのが悪いのではなく、生まれて来ることにより霊的成長につなげれば良いのです。それを霊的トレーニングが可能にします。
人間は肉体を持っているので、霊的なことがわかりづらく霊魂の姿も見えません。
低級霊は、困ったことに人間の争いや犯罪といったものにも加担しているのです。

もちろん、霊魂ですから直接行うことはできません。人間に想念を飛ばし「もっとやれ! もっとやれ! 」とけしかけたり、思いを助長させたりしているのです。

確かに、我々人間も反省しなければなりません。
悪いことは全て低級霊の仕業と考えるのは間違いです。

やはり、きっかけは我々人間の持つ未熟な部分があるからです。

人が思い通りになったり、慌てふためく姿がおもしろくてたまらないようです。
こんなことを生きがい(霊魂だから死んでいますが)にしているのは、人間にとって非常に迷惑な話です。

それでも、哀れな霊魂であるようにも感じます。
物質界に未練や郷愁があるのかも知れません。

地上で生きていた時は決して極悪人ではなく、ごく普通の人もいるのです。

もっと、上の世界に入れたなら、霊魂本来の自由で楽しい生活となっていたのでしょう。
死後の世界が幸福に満ちていれば、わざわざ地上に降りてくる理由などないからです。

低い霊魂を高級霊は諭したいと思っているようですが、霊的な法則がネックとなっていたり、人間の自由意思を尊重すれば、そうした霊魂と仲の良い人間を無理やり離すわけにもいかないのが実状のようです。

人類の歴史において、こうしたことが繰り返され、さらに不幸な霊魂が生まれてしまうのです。

今生きている人間の想いや意志、これが重要のように思えます。
プロフィール

イクラマン

Author:イクラマン
「契山館」という小さな会で昭和63年から霊魂学、霊的修行法を学んでおります。
このブログの内容は、修行中の未熟な会員によるものです。未熟さゆえの間違いや解釈も含まれますので、どうかご理解下さい。

◆不許無断複写転載◆



みずば霊魂学 新刊のご案内






































検索フォーム
天気予報
ブロとも申請フォーム
QRコード
カウンター

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。