HOME   »  霊的パワー〈霊言講演〉
RSSフィード

トレーニングなんて自分には関係ない?と思っている貴方にも幽体があります。

人間そして霊魂としての人生に、この幽体は大きく関わっています。

霊的なトレーニングとは、霊能力開発などではありません。

霊的な環境は、とても悪くなっています。

今、弱っている幽体に力を与えるのです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  ※イメージ画像

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
講演会は対話形式ではありません。

まぁちゃん: 本当の霊的な力とは何でしょうか?

霊魂: 人の世は、物理上の法則をのみ知り、その裏側にある本質を知らぬ。

特にこの頃は、おろかにも宗教と麻薬なるものを共にするがごとし。
すべてを同列に見る。

つねに、薬物は皮膚や口から伝えられ、肉体の脳影響を及ぼすことにより、人の表にあらわれたる心に作用する。

一方、世の中を騒がせる霊的な能力のひとつ、霊視などをいう方々は、それと同様に表の心のマヒをもって、裏の何かを引き出さんとする。

それが、霊的能力の強化と誤解している。

まぁちゃん: 薬物を飲んで神秘体験を求める人達、どっかで聞いたことあるなー?

霊魂: つまり、表面意識と呼ばれる心は、普通にしていると霊的な感覚がない。

そこで夢を見るがごとし。
何やら意識をボワッとさせたら、なにかしら霊的な力がつくに違いないと考える。

そこで肉体の力を落さんとする。

その訳は、たとえば、肉、魚を避け、菜食にすれば突如として霊能力がつくと考える。

それもこれも、ただひたすら座禅を行うがごとし。

一定の状態にただひたすら置けば、なんとなく意識がもうろうとする。

なんとなく肉の力が下がり、そのときに霊的な何かが起きると考える。

そうした霊能力と麻薬は同じである。

まぁちゃん: 昔から難行苦行っていうけど、肉体をいじめると何かを得られるような気もするけど、酔っ払いのうわ言みたいなものか。

霊魂: つまり、なるべく表面意識と呼ばれる意識を弱くし、べつのものを蘇らせようとしている。

が、それはもちろん非合理とも言えない。
つまり、それからでも霊能力は出る。

まぁちゃん: ほら、やっぱり出るんじゃないの。

霊魂: ただ、それは霊的な能力の比較的目立つもの。

つまり、見える、聞こえるといった部門であり、その本質とも言える背後の霊力ではない。

ここに問題がある。

つまり、霊的な本質ともいえようパワーは、肉を食べようと、魚を食べようと、何も食べまいと、無関係である。

物質界の法則でないから、霊的世界の法則なのだから、何を食べようと表面の肉体がどうあれ、この頭脳が落ちたとしても、無関係に霊的なパワーは強いものは強く、弱いものは弱い。

まぁちゃん: なんとなく霊能力を持っているという人は、霊的なパワーがあると思ったけど、そうではないんだね。

霊魂: 常に人、霊能力者を見るにあたり、その見せかけの現象にだまされる。

つまり、霊視ごとしは、その正邪はかなり見分けにくい。

そして、仮に、霊的な何かを見たとしても、霊能力ではあっても、霊力、霊的パワーが強いというわけでもない。

つねに、麻薬ごとしを常用し、神秘体験を持ちたがる。

知りたい、その気持ちは過度な瞑想や過度な座禅、過度な山歩きを用いて、それを持ちて霊力に至ると錯覚する。

それは霊能力と呼ばれるいわゆる技術である。

例えて言えば、プロレスラーが投げたり倒したり、蹴ったりもするが、殴る技があっても体力がないがごとし。

それが巷でいう麻薬的霊能力である。

これが霊的パワーだ!2へ続く
スポンサーサイト
これが霊的パワーだ!1からの続き

霊魂: 霊力は基礎の相応しい体力をいう。

よって、投げ方がわからない、絞め方がわからない、蹴り方がわからないから何も出来ないと錯覚しているが、殴り方のひとつも覚えれば、山ほど技をもっていても、体力ゼロの人間に対して一撃で倒せる。

それが霊力。

まぁちゃん: なよなよのプロレスファンと、金太郎さんが闘うようなものか。
じゃぁ、霊能力などもっていなくても霊力のある人がいることだね。

霊魂: したがって、見え聞こえはしないから霊能力がないとは言えても、霊力はあることがある。少し、回路が開けばそのまま霊力が開く。

霊能者は、見える、聞こえると威張っていても、基礎となる力がなければ、一撃で踏みつぶされる。

我らは、言う。
人、皆、霊能力の本質も知らず、霊力の本当の姿も、何も気がつかない。
気がつくはずがない。

人、皆、霊魂を信じる者が、おのれに知覚がないのだから、誤った偽りの霊能力者の言葉を、ただうのみにするしかない。

信じない者は、はじめから何も信じていない。
したがって、一切、なにひとつ解決はしない。

また、物理的な科学がごとしは、霊魂を発見するわけがない。

原子だの、分子などと盛んに論じている次元で、それらと違う原理がわかるはずもなく、まして、オーラを鏡とか、テレビとかに映すなどと愚かしいことを言っている。

バカも休み休み言って欲しい。
物的でないものがカメラに写るわけがない。

写るからには、物的なところまで何らかの作用で下がったとか、何らかの次元に作用してはじめて可能になる。

よって、そうしたことをプロフェッショナルに起こす霊魂団がいて、少し可能になる。

つねに、オーラがテレビで映るわけもなく、それを映したごとしに錯覚する者や、意識的に詐欺するものまで、山ほどいる。

まぁちゃん: 偽者は多いけど、中には本物があるんだ。

簡単にテレビに映っていたら、今ごろ霊魂がいるとかいないとか議論していないよね。

霊魂: どちらにしても、麻薬と宗教と、霊能力が同じ次元にいるこの時勢においては、霊的パワーも知る由もない。

霊力とは、いわば運動でいう体力のごとし。

誰でもなければいけない。
殴る蹴るの技は知らなくても、体力はつけねばならない。

見えるだの聞こえるという技はなくても、霊的な力を持たないと、人は正しく生きられない。

ということは霊力の不足は、いわば死後の世界を暗くすることにもつながろう。

イコールと言わないが、強い関連がある。
体力がなければ、何か行おうとしても行ないがたい。

まぁちゃん: 体が健康でなかったり、不自由だとかわいそう。
よく、頭は悪くても五体満足ならって言うね。
オレのことだ?

霊魂: それと同じ。
霊的なパワーがないと、死後の世界も下がりやすいし、何よりこの世に生まれて、やるべきことをやらずに去っていかねばならなくなる。

なぜなら、人は生まれてから死ぬまでに、おのれ自身の意識の奥には、様々な抑圧があり、願望なり、衝動なりが埋もれている。

それが大人になるに従い出てくる。
その結果、誘拐する者も出てくるだろうし、殺される者も中にはいる。

まぁちゃん: 子供を誘拐した人を見て、やるべきことをやっているという感じはしないよ。

霊魂: 人の意識の中には、強い願望や衝動がある。
その衝動が、いつか必ずわき起こってきて、それが出てしまうと、もう取り返しがつかない。


気がついた時には墓の中になる。

これが霊的パワーだ!3へ続く
これが霊的パワーだ!2からの続き

霊魂: したがって実際上、事故というのがあるが、それとは別に、必然の不幸がある。
それがわかる。

まぁちゃん: エッ、どんなふうに?

霊魂: なぜなら、どう見てもこの人の願望には、夫なら夫を強い呪いのごとし念で、将来首を絞めるがごとしになるという抑圧された心理が15、16歳の時にすでにある女性は、結婚すると男が死ぬ。

30を過ぎた頃には、まず、男はこの世にいない。

つまり、そうした強い願望がなぜあるのかは、幼児体験、我々は過去からの体験を考えるが、一般の方には小さい時の体験だけを考えるとよい。

まぁちゃん: 小さい時に体験したことは、大人になってもそれをずっと引きずっているという話しは聞いたことがある。

霊魂: それらが、将来必ず出てくる。

出てきて何かにつけて別の思いを発していると、相手の男は、なんとなく嫌になる。
なんとなく力が抜けていく。
なんとなく病気がちになる。

そして死ぬ。

まぁちゃん: まさに、魔性の女っていうやつだ。
人の想いは力を持っているということだね。

霊魂: 我らから見ると、必然であって、この女性は必ず三度別れる。
全部、死に別れと思う。

しかし、そんな不吉なことを言うと、何とか商法と思われがちなので言わない。

「あなたは、幸せな結婚をする。」と言うと、ごほうびが入る。

が、考えてみればわかるように、まず間違いなくそうなる。

それは、そうした意識があるからで、それらがいつか無意識のうちに、男なら男の意識を攻撃するためである。

子供に辛く当たっても、本人はわからない。

しかし、本人は気がつけないのである。
なぜなら、それが普通の意識状態だからである。

自然に内からこみ上げてきて、現れてくる心情による行為は、他の人から見ると異常であっても、本人には全く正常である。

よって、「私のような立派な妻はいない」という。

が、こちらから見ると、「この人と一緒にいると、まず間違いなく、この夫は将来ダメになる」とわかる。

まぁちゃん: わかっても、どうしようもないの?

つまり、霊的パワーというのは、霊的な何かを持っているこの人間が、物質的な肉体や、脳を持って活動する。

その背後に働くいろいろな霊的なもの、それをおのれ自身の力で変えてゆき、確実に上に向けて伸ばしていく。こうしたパワーのことでもある。

よって、10代のうちにそうした、我々は霊的カルマとか様々に呼んでいるが、そういった隠れた心情等を読み取ると、それを改善しやすい。

我々はトレーニングなどをしている。

まぁちゃん: 霊的修行法っていうやつだ。

これが霊的パワーだ!4へ続く
これが霊的パワーだ!3からの続き

霊魂: つまり、そうしたトレーニングをすることによって、自分自身の霊的な部分を変えていけば、将来必ず、人生も運命も変わってしまう。

無論、だからと言って幸福になれるというものではない。

まぁちゃん: 運命が変わるなら幸福になれるんじゃないの?
不幸になるの?

霊魂: 我らは、いつも言っているが、人は幸福になるためになど絶対生まれて来てはいない。

幸福など絶対になれない。これが普遍の原則。

そうであるのに、幸福になれるというから間違える。

霊魂から見ると、地上の人は死ぬことを恐れていても、霊魂達はもともと死んでいる。
なにも怖くない。

何がそんなに恐れているのかよくわからない。

つまり、自分が地上にいた時は、確かに死ぬのが怖かった。
しかし、死んで長くなると、それが当たり前だから、いわば、小学校を出て、中学校へ行くだけだから、全然、恐れることなどないことを知っている。

「そんなに役に立たない人生なら、まあ、いい加減死んででもらおうか」このくらいの感覚である。

まぁちゃん: そんな殺生な~。

霊魂: よく、守護霊なる方は、どんな場合でも自分の人生を救ってくれて、命を助けて下さったと言う。

あんなバカげたことは絶対にない。

仮に、ここいる誰かが、明日、誰かを誘拐して殺してしまおうかということを、いま思っていたとする。

霊魂がそれを見抜いたとする。

「何とかそういったことをさせないように、今日死んでもらった方がいいかな?」

「死んでくれたほうが罪が軽くなるが…」と考える。

なぜか世にいう守護霊さんとやらは、そこでその人の人生を、命を救ってしまう。

そのために新しい不幸が生まれる。

まぁちゃん: 地上に生きているうちは、1日でも長く生きることを考えてしまうけどね。

死んでしまえば、「ちょっと早く死んじゃった」

そんな感じかなー?

霊魂: 例えば、ヒトラーなる人がいて、将来、どれだけの命を奪うかわからない。

守護の霊魂が、そろそろ病死させようと真剣に考えている。

人の世では、まだ起こってもいない犯罪を裁くことは絶対にできない。

死後の世界は、そうではない。

人が生きていること自体、何の価値も考えていない。

つまり、生まれた以上は死ぬまでに、どう生きれば一番霊的に良いのか、それを考えている。

受験に落ちるべきなら落ちてもらった方が良いし、受かるべきなら受かってもらいたいし、苦しむべきなら苦しめた方が良いのだし、何が一番良いのかを考えているのだから、価値がなければ、さっさと死んでもらって一向に構わない。

これが霊的パワーだ!5へ続く
これが霊的パワーだ!4からの続き

まぁちゃん: 人が生きる価値は自分の幸福をつかむことでしょう?

霊魂: 高貴な霊魂は、地上の人達が幸福になれるようなことは絶対に思わない。
考えて見ればわかる通り、みんなが幸福になることはありえない。


誰かがダイヤモンドをキラキラさせていると、誰かが側で仕えているはずである。

召使をたくさん持っていると幸福であるが、その召使達は幸福ではない。

全員、召使をつけたいが、じゃあ誰が召使になる。

誰かの不幸がなければ、絶対に幸福はなくなる。

まぁちゃん: 大学の受験発表の場面を見ていると、大喜びしている人のとなりで泣いている人がいるよ。

もし、喜んでいる人が不合格になれば、となりで泣いている人が合格していたかもしれない。
たとえ1点の差であっても、決まった人数しか合格できないのだから。

霊魂: つまり、物質の世において、全く平等には絶対ならないのだから、そこに幸、不幸があるのは当然である。
幸、不幸の基準をそういった方面のみ求めれば、絶対に理想社会はない。


むしろ、人に仕えて奴隷のごとき生活をしていても、それが喜びでないことには、絶対に平等ではないのだから。

まぁちゃん: 誰だって自分から奴隷になりたい人はいないよ。

待てよ、ムチで叩かれてて喜んでいる人を見たことがある。
あれはSMの世界か。
変なこと言ってすいません。

霊魂: そこで霊魂達は考える。

霊的パワーを持って、いま奴隷でいても将来奴隷にはならない。
彼らを見返してやれ、それはそれで良い。

しかし、あなたがここに生きている。

その意味は、そんな相手を打ち負かすとか、おのれが上になるとか、下にいることを満足するとか、そんな次元ではない。

人は生まれて来て死ぬまでに、霊魂としてするべきことがある。
それを行ってくれれば良い。

まぁちゃん: 霊魂としてするべきことってどんなこと?
考えてもわからないよー。

霊魂: 仮に、もしもイエスキリストなる方が現れ、その方の弟子として何かしなければならない、そう思ってわざわざ生まれて来た人がいるとする。

もしもその人が、イエスに巡り会えずに大富豪になろうと、ナイチンゲールななろうと、何の使命もない。

守護の霊魂は一切タッチしない。

どんな立派なことをしてくれても意味がない。
その人が、生まれた意味ではないからである。


もしも、その人がいれば、イエスは、はりつけにならなかったかも知れない。

しかし、その人がいないから、はりつけになったかも知れない。
役割がそこで果たせていないためである。

これが霊的パワーだ!6へ続く
これが霊的パワーだ!5からの続き

霊魂: 幸福というのは個人の問題なので、他者が不幸だと言っても、本人は幸福だと感じていたりもする。
その逆であったりもする。

よって、本人が幸福なら文句は言えない。

が、霊魂はそうは見てない。

「この人はこんなに幸福になるため生まれていない。もっと不幸でよい」

「その代わり、やるべきことがあった」そう考えている。

ゆえに、霊的パワーは、病気や健康、学力やお金、そういったものの全てから独立して、何が正しいのか、それだけのために働いている。

病気になって死ぬのが正しければ死ねば良い。

それを助ける必要はもうとうない。
それが、その魂にとって本当に良ければの話し。

もちろん、助けられるものなら助けてあげたいのが普通である。

しかし、高貴な霊魂は、そのくらいの次元で見ているものだと認識していないと、何でも私のもとに来れば救われるとか、何でもここへ来ればなんとかなるとか、そうしたおかしげな事になる。

もしも、神や仏を信じて、本当に誰でも、皆、幸福な人生が得られるとしたら、そこはいわゆるサタンである。

間違いのないサタンである。邪霊そのものといえる。

まぁちゃん: サンタじゃなくてサタンだね。

霊魂: 幸福の観念がそれぞれ違っているのに、自分にとっての幸福が皆、得られるとしたら、間違いなくそれは霊的に正しいことではない。

「不幸おおいに結構!」

しかし、それがその人の生まれた目的に沿っているならば、やがてもっと深い意味での、本当の意味での幸福に至るはずである。

例えば、あす死ぬとする。我らは、死ねと言う。

しかし、「3年生きたら、この世に生まれた何らかの価値や使命を自分は果たせるのです」

「だから、生かしてください」

と言うなら、霊魂は「なら生かそう!」と言う。

実際、生かせるかどうかはともかくとして、そのように働く。

そうでなければ、死んでもらえばそれで良い。
それが運命でもある。

そこでやはり、いくつになっても、人はなぜ生きているのかを、いつも考えなければならない。

やがて霊魂になって再びあの世に行く時に、自分は消滅していない。

ということは、今、何を行うか、これから何を行うかによって、何千年、いや永遠に続くであろう自分の人生が変わってしまう。

何が正しいのか。
そんなことは我々ごときにわかることではない。

ひとりひとり、全員、背負っているものが違うのに、一律に「あなたはああしなさい、こうしなさい」など言えるものではない。

我々とて決して言えない。
ただ、すれば良いのにと言えるのみである。

よって霊的パワーを日々身につけて欲しい。
そうすれば、自分で考え、自分で生きられる。


そのためには、なるべく高貴な霊的環境に自分を置いて欲しい。

もし、高貴な霊的、宗教的組織が山ほどあれば、皆、良いに決まっている。

しかし、世の中を見るに、皆、ここへ来れば救われるとか、ご利益があるとか、みな幸福になれると、甘い汁ばっかりをたらしている。

そんなところに高貴な霊魂は働くわけがないから、どこに行っても無駄である。

まぁちゃん: 悪い奴っていうのは、甘い言葉をかけて寄ってくるよね。
みんなそれに騙される。

また、うまいんだよ。

霊魂: つまり、自分で探すしかない。

日本には幸い、神秘なる山もある。
高貴な霊場もある。

我々はそういった所をフルに利用し、地上に少しでも霊的な高い気を降ろす。
それを使命と考えております。

仮に、釈迦がここに現れる。
「お前を斬る」といえば、「斬ってみろ」と私は言います。

仮にイエスが現れ、「お前が邪魔だ」と言われたら、「お前の方こそ邪魔だ」と私は言います。

なぜなら、霊力は一言の重みでもある。

仮にイエスが来ても、釈迦が来ても、今ここにいる方たちには関係ない。

ここでいま我々が話すことは、人々の運命に影響を与えてしまう。

よって下がれない。なんと言われても下がれない。

ただひたすら、正しいと今思うことを確実に話すのみ。
間違っていたら、後で腹を切るだけである。


霊的なパワーは、何もわからなくてもみな、共通してもっており、本人の努力で必ず増やしていける。
それが生きているときも、死んでいるときも、必ず力になる。


まぁちゃんの一言

もしかしたら、人が生まれてくる時に「こう生きよう」とか「こういったことをしよう」と希望をふくらませ、生まれてくるのかもしれません。

しかし、その記憶がない。

そのうえ現実社会は生きること、生活すること自体が大変です。

そういった競争社会の中で流されていると、つい本当の自分を失ってしまうのではないでしょうか。

もし死後の世界あるなら、死んでから「自分のやりたいことが果たせなかった」とならないような人生を送りたいものです。
プロフィール

イクラマン

Author:イクラマン
「契山館」という小さな会で昭和63年から霊魂学、霊的修行法を学んでおります。
このブログの内容は、修行中の未熟な会員によるものです。未熟さゆえの間違いや解釈も含まれますので、どうかご理解下さい。

◆不許無断複写転載◆



みずば霊魂学 新刊のご案内






































検索フォーム
天気予報
ブロとも申請フォーム
QRコード
カウンター

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。