HOME   »  霊的カルマ〈霊言講演〉
RSSフィード

トレーニングなんて自分には関係ない?と思っている貴方にも幽体があります。

人間そして霊魂としての人生に、この幽体は大きく関わっています。

霊的なトレーニングとは、霊能力開発などではありません。

霊的な環境は、とても悪くなっています。

今、弱っている幽体に力を与えるのです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  ※イメージ画像

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
講演会は、質問形式ではありません。

まぁちゃん: よく、人に殺されたのは、前世で人を殺したからだとか言う人もいるし、悪い事をするとバチが当たるって言うけど、本当はどうなのでしょう?

霊魂: 我々霊魂から見る、カルマとは必ずしも世間で言うカルマのごとしではない。

つまり、語源はともかく人々の間に言葉が定着したから、この言葉を使うに過ぎず、出来れば別の言葉を使いたい。

したがって、霊的カルマとして説明する。

カルマは上から見ると読みやすい。
つまり、「あの方は、明日自殺する」これはカルマなり。という時、まず当たる。
それは、カルマが何であるかを知ればすぐわかる。

まぁちゃん: 人に何かをされるということよりも、その人の心情の奥にどのようなものが隠されているか、そういったことの方がわかりやすいんだね。

霊魂: ある体の不自由な方が、仏の教えに問う。
「今の私は、過去世よりの悪行により、手足が動かせないのでしょうか?」

「己のせいによって、そなたの過去からの罪が今の障害を生む」
と仏の教えが答える。

次の方は、キリストの教えに問う。
「私は、目が不自由です。これは罪によるものなのでしょうか?」

キリストの教えは答える。
「目は罪にあらず。これは、神を知るためなり」

そこで、我々霊魂が答える。

「カルマとは単に法則であり、罪でもなければ善悪でもない」

つまり、ある障害者の障害の原因は実に罪であるが、別の障害者の障害の原因は罪ではない。

まぁちゃん: 一律には語れないことなんだね。
でも、何で悪い事をするとバチが当たるって言い始めたのかな?

霊魂: 日々善を行ってくれなければ困るという、昔の仏教の人達にとって、悪い事をしたらバチが当たらないと、教育の低い人達には通用しない。
教育がないほど、悪い事に走りやすい。

そこで、悪い事でも、人が見ていないと皆してしまう。
人が見ていないから泥棒する。

人が見ていないから、他人の物とわかっていても盗んでしまう。

そこで仏教は「悪い事をすれば必ず報いがくる」こう強く言いたい。
そこで因果律や業とう言葉が出る。


まぁちゃん: 今の人達も教育が高いのか低いのかわからないけど、「人に見られてなければいい」って感じの人いるよ。

昔はそれで戒めになったのだけれども、今の人達は何とも思わないだろうね。

霊魂: しかし、カルマは事実という観点より見ると、そうした善悪でも罪でもない。

つまり、ある人が後ろから、ある女性の頭を叩いた。
その人は気絶してしまって、誰が叩いたかわからない。

しかし、多分あいつに違いないと目測をつける。

やがて、その女性は、いずれ恨みを晴らそうとする。
いつか足を引っ張る。

しかし、実は別の第三者が犯人だった。

まぁちゃん: 満員電車で変な格好して、動けなくなる時があるんだ。
むやみに動こうとするとチカンと間違われたりする。

ギロってにらみつけらるけど、それがまた、どうでもいいような女の人で…
おっと失礼!

霊魂: つまり、カルマで言えば、悪い事をした人に報いが来れば良い。

が、何もしないで誤解された人に報いがくる。

良い事をすれば悪い事がないのでもなく、悪い事をしたからいずれ報いがくるというものでもなく、原因に対して法則が作用し、結果が現れるだけ。

その原因に善悪もなければ、罪科でもない。

霊的カルマ2へ続く
スポンサーサイト
霊的カルマ1からの続き

霊魂: 例えば、人殺しであっても、仮に戦争で、某国へ空爆をするかしないかと考える時、ある人は、「すぐに空爆すべきである」と言う。
 
またある人は「話し合った方が良い」、 別の人は「もっと、もっと話し合ってから後、空爆した方が良い」と言う。

どれが正しいのか。どれが善でとれが悪であるのか。
皆、意見が分かれる。

しかし、行った結果は必ず出る。仮に某国に原爆を落とした。

さて、それで死んだ人達は、なぜ落とされたかと言う。
が、落としたのは善か悪かは、なかなかわからない。

まぁちゃん: もともと善悪というのは、自分たちの狭い生活圏だけのものでしょう。
「これが良くて、これが悪い」というのがその限られた地域、国だけのもの。

きっとそれをまとめて全世界の善悪となると、何が良くて悪いのかわからなくなるよ。

みんな自分達を中心に考えているから…

霊魂: つまり、カルマは善悪ではない。
原因があって結果がある。
その結果を見たとき、次の原因ができて、やがて次の結果がわかる。


ある方の心の中に、自殺しなければ仕方がない心情が潜んでいる時、一か月後でなければ一年後、一年後でなければ十年後、必ず死ぬ。

予言すれば外れる。時期はわからない。

しかし、その人の心の奥底に、それをさせようとする強い強い思いが眠っているなら、必ず死ぬ。
それを我らは霊的カルマと言う。

それを止めるには、心自体を変えなければならない。
が、心の奥に眠り、普段全く出て来ない所にある。

仮に、明日誰かに善いことをした。

それで己の心の奥が取れるのか?

無論、取れない。
消えもせず、変わりもしない。
必ず死ぬ。

まぁちゃん: 自殺する人達の中には、他人から見ると、どうしてそんなことで死んでしまったのかと考えさせられることもあるよ。

ということは、過去からの明確な記憶がよみがえってくるというより、自殺した、あるいは死にたくなってしまった時の気持ち、心情になってしまうのか…

生きていると、どうしても楽しいことばかりじゃないよね。
辛いこともあるし、悲しいこともある。

その普段の生活の中の、ちょっとしたきっかけで、心の奥の心情が浮いてきてしまうんだね。

霊魂: また、必ず人を殺すとか、必ず3人と結婚して、3回別れる。
そうするように動く心情がある。

それは、赤ん坊にミルクを与えないようなものである。

欲しい、欲しいと泣いている。しかし、与えない。
次の瞬間必ず、泣くに決まっている。
いくらお説教をしても、子供は泣き止まない。
それと同じ。


まぁちゃん: 自分の過去世を知るということは、とても大切なことだよね。
そうした心情が人生に大きく関わっているんだ。

霊魂: 人を傷つけたい願望や、蹴飛ばしたい願望が、1歳のときにはすでにある。

つまり、3歳の子を見て、将来かならず3回結婚すると読める。
なぜなら、過去を背負っている。

である以上、それは変わらない。

まぁちゃん: 不幸になることが初めからわかっていても、ただなるようになるだけ?

霊魂: 対策はある。
そこでカルマの本質に迫りたい。

霊的カルマ3へ続く
霊的カルマ2からの続き

まぁちゃん: 霊的カルマについて具体的に教えて下さい。

霊魂: カルマは生まれた段階で決まっている。
「それなら生まれなければいいのに…」

しかし、人は欲があるので必ず生まれ出てしまう。

そこでどうすべきか?

不幸になるのは決まっている。
そうでなくても、70歳でそのまま死ぬと、たぶん死後低い世界に入るとわかることがある。

なぜなら、仮に過去世なるものがあって、その時、強い強い恨みや呪いをかけた。
さて、今度生まれた。
なぜそれが影響するかは長くなるので話せない。

しかし、その心情がテレビを見ていても浮いてくる時がある。

まぁちゃん: テレビを見るくらいで、心の奥が刺激されちゃうんだ。

霊魂: 浮いてくると表面に出てくる。
そして、何らかの形で実現されてしまう。

ということは、一度死んでおり、あの世に行っているのに、また生まれてきて、同じことをしている。

仮に百年なら百年も前の心情を今、再び背負っている。
それでは、あの世でちっとも向上していなかったことになる。

なぜか、それはかなり複雑な問題であり、いま語りようがない。
しかし、事実として見るならば、確実に現実がある。

例えば、車で幼稚園の前を100キロのスピード飛ばして通る。
もう1人のドライバーは、10キロで通る。

どちらが事故を起こすか?

まぁちゃん: 100キロで走っていたら、子供が飛び出してきたら止まれないよ。

霊魂: 多分、100キロで飛ばした方が事故を起こすに違いないと考えるが、事実はわからない。

100キロで飛ばしたが、たまたまそこに子供がいなかったから大丈夫。
10キロで走ったが、子供がいきなり飛び出してきたら、それでも引いてしまう。

つまり、霊的カルマも確定していない。
いつも、不確定な要素がある。

まぁちゃん: 霊的カルマは、心の奥に秘めている心情なのだけれども、いつどのように影響するか、どのように作用するかまでは読み切れないということだね。

霊魂: そのために、人の運命はなかなかわからない。
「多分こうだ」と言えるが、それがいつなのか、はっきりしない。

それを予言すると、必ず失敗する。

しかし、いつも100キロで幼稚園の前を走っていれば、いつか必ず事故を起こす。
それが、いわば霊的カルマである。

まぁちゃん: 霊的カルマというものは、時期を特定することは難しいんだね。
こういった人は事故の危険性が、常に伴っているということだ。

霊魂: 己の心情の中に、他人を強く呪ったという意識がある。
それが「もっと、もっと呪いたい」という意識があった時。

「将来この人が結婚して、何か些細なことでケンカしても、多分、人には言えぬほど恐ろしい怨念を出すに違いない」

ということがわかると、どんな人と結婚しても、必ず不幸になるに違いないとわかる。

ある人が、ある人を連れてきて、「結婚しました」と言う。

それを聞くと「おめでとうございます」と言うしかないが、我々霊魂から見るとかわいそうにと思う。

その組み合わせを見て、また涙を流して相談に来ると思う。
しかし、その時は笑顔で答える。
それがカルマというもの。

なぜなら、カルマは確定していないので、その時「おめでとう」でも、あとで泣かないで済む時があるからである。

その場合は、心の奥底にある強いそうした心情を和らげる努力である。

まぁちゃん: 心情を和らげる努力、これがさっきのミルクだね。

十人十色というように、人それぞれ持っている霊的カルマは違うんだ。
これじゃぁ、人を一律に語るなんて出来ないよ。

霊的カルマ4へ続く
霊的カルマ3からの続き

まぁちゃん: 霊的カルマを防ぐというか、変える、解消することって出来るの?

霊魂: 例えば、夫婦は仲良くしなさいと説明しても、仲良くできるくらいなら、とっくにしていると思う。

出来ないから困っている。

なぜ出来ないか?
出来ない心情がお互いに内にある。

それを解決しないで、「これこれ、こうしなさい。ああしなしさい」と言っても、やっぱりお互いそっぽを向く。

まぁちゃん: 自分のことを誰かに相談して、アドバイスを受けたとしても、その時は「はい、わかりました」なんて言っても、自分を変えることは難しいからねー。

霊魂: つまり、どれだけ口でお説教しても、人のカルマは変わることはない。
変わるのは唯一、心の奥自体を変革させることだけである。


5歳の子供であっても、将来どうなるかは、心の内でプログラミングされている。

まぁちゃん: 小さい子供は、あどけなくて無心のように見えるけど、すでに様々な要素を持っているんだ。

霊魂: それを直さないと、だいたい将来どうなるかわかってしまう。
それを読み取ることが難しいだけであり、変化が難しいだけであるから、それを変える手段もある。

まぁちゃん: こんなに大事なことなのに、あまり知られていないよね。

霊魂: それは、宗教の中にあるから、人々のものにはならなかった。

技術として独立していれば、いくらでも人々のものになったかもしれない。

無論、困ったことに、宗教家でない人が、そういった事を教えたことが一回もないため、なかなかうまく行かない。

まぁちゃん: 人間には潜在意識、深層心理のようなものがあるということは、心理学という分野でもわかっているけど、物質を超えてしまっているから、なかなか実体がつかめていないんだ。

霊魂: 医師という職業は、ただ治せばよい。
それが、宗教家だと、そうもいかないので困る。

しかし、遺伝子を組替えれば人間が変わるように、脳のある部分に、ある刺激を与えると、人はある行動をする。

つまり、己があるようで実はない。

ここを刺激すると、この人は怒る。
ここを刺激すると、この人はおとなしくなる。

まぁちゃん: 精神的な病気、うつ病の人とかに効く薬があるらしいけど、ラリっている状態に近いらしいよ。

霊魂: つまり、薬品や、脳の刺激によって変わる程度の心は、いくら説教しても本質ではない。

よって、そんなものは、人間の魂全体のわずかな部分であって、実は本質ではないから、それでレベルが上がった訳でも、下がった訳でもなく、どんな立派な人も、下の世界に死後落ちると私が、断言できるのは、そこである。

もしも仮に、ニコニコして平和ばかり口にしている人が、みな上に世界に行くのなら、もしも医学が発達して、ある脳の部分にこういった刺激を与える、こういう薬品を飲む、そうすると皆平和を求めるようになる。

「そうしてしまえば良いのに」

そうすれば、世界から戦争が消えるかもしれない。
みんな優雅な、暖かい、穏やかな人間になるかもしれない。

しかし、脳の刺激で変わったのは、魂が変わったわけではないのだから…

つまり、どれだけ努力して立派な人間になっても、霊的な意味での進歩でも、退歩でもないのだから、あの世に行けば、幽体がちょっと傷ついただけで、下がってしまう。

どんな立派な方も、ちょっとしたことで下がったり、上がったりする。
魂の本質は、地上の人々の価値観と全然関係ない。


まぁちゃん: 幽体という霊的身体の状態が、死後、霊魂としての生活に深く関わってくるのだね。

カルマを解決するとは、善人だからいいのでもなく、悪人だから出来ないのでもなく、自動車を100キロだと事故を起こすが、10キロなら大丈夫だという。

ただ、それだけの現実である。
その現実を考えて、己の奥に沈む魂としての自分をどう変革できるのか。

それだけである。
どんな立派な人が、偉そうに説教しても、その説教で変わりはしない。

皆さんがよく知っての通り、心の中にある怒りとは、一つ、二つ己を正したからといって、消えるものでは絶対にあり得ない。

霊的カルマ5へ続く
霊的カルマ4からの続き

まぁちゃん: 霊的カルマって、簡単にどうこうできないんだな。

霊魂: ある人に、わが子を殺された。首を絞めて殺された。
ばらばらにされて殺された。

犯人がわかった。呪わない者がこの世にいるだろうか?

「呪ってはいけません」と説教しても、「はい、わかりました」と言うが、腹の中が、それで平安になる訳がない。

まぁちゃん: ケンカして頭にカァーっと血が上っている時、誰かに「ケンカするのは良くないよ!」なんて言われても、急にニッコリ笑っておさまるもんじゃないよね。

霊魂: これが、カルマと呼ばれるものであり、本質的なものであり、そう簡単に変わる訳もなし。それを超え得る人など誰もいない。

よって世のなか皆、いわゆる善人になってもカルマは消えない。
永遠に人は不幸に陥る。だから善人ほど不幸になる。

悪い人ほど長生きする。
つまり、善い人でも、悪い人でもカルマは関係ない。

人は、本能があり欲望があるから、絶対に平和になど暮らさない。

仮に、平和になったとしても、皆が幸福になどなれない。
みんな個性があるから、人と違う服を着たいのだし、人と違うものが食べたい。
人と違う歌が聞きたい。

となれば、必ずそこに差が生まれる。
そして不幸が出来るに決まっている。

どんな平和になっても、個人はいつも不幸のままである。

まぁちゃん: 人間ってどうしても、他人と比べてしまうよね。
皆より下だと辛いし不幸だと感じてしまう。

できれば、人より上になりたいと思ってしまうけど。

霊魂: 人の容姿や、服装、スタイルはみんな同じではつまらない。
差がありたい。

しかし、差があれば必ず誰かがひがむ。
誰かが必ず泣く。

誰かが必ず辛い思いをし、上のほうにいる人達は恨まれる。
その念は、その人をまた痛めてしまう。

そこで、真の救いはただひとつ。
カルマの解消であり、それは、日本の古事記に記されていた。


それが禊という技法である。

まぁちゃん: 現代の人が、霊的カルマっていうものが良くわからないのに、すでに大昔から、その解消法がすでにあったってこと?

霊魂: 水とか風とかあらゆる物を用いて、人々の幽体の中に、あるエネルギーを通す。

そのエネルギーが通ると、例えていえば、脳を刺激すると人の心が変わるのだから、幽体も刺激してしまえば、幽的な心情も変化するのである。

つまり、魂全体の変化が唯一、幽体の変化以外にあり得ない。

また、幽的心情をも変化しないとあり得ない。
そのためには、幽的、霊的な力、これに気づけるかどうかなのである。

これに気づいた時、人は本当の意味でカルマを越え、本当の意味で救いを得る。

それに気づかなければ、どれだけもっともらしいお説教を聞いても、絶対に救われない。



まぁちゃんの一言

人の人生は、必ずしも決まってはいない様です。

しかし、人には過去世というものがあり、その記憶は心よりもっと深い部分に刻み込まれています。

それが今の人生に影響をもたらします。
この霊的カルマを抜きにして、人の人生を語ることはできません。

それなのに「霊的カルマ」その解消法について、世の中では話題にならないということを考えると、人の人生は決まっていると言えなくもありません。
プロフィール

イクラマン

Author:イクラマン
「契山館」という小さな会で昭和63年から霊魂学、霊的修行法を学んでおります。
このブログの内容は、修行中の未熟な会員によるものです。未熟さゆえの間違いや解釈も含まれますので、どうかご理解下さい。

◆不許無断複写転載◆



みずば霊魂学 新刊のご案内






































検索フォーム
天気予報
ブロとも申請フォーム
QRコード
カウンター

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。