HOME   »  霊トレ8つの秘訣
RSSフィード

トレーニングなんて自分には関係ない?と思っている貴方にも幽体があります。

人間そして霊魂としての人生に、この幽体は大きく関わっています。

霊的なトレーニングとは、霊能力開発などではありません。

霊的な環境は、とても悪くなっています。

今、弱っている幽体に力を与えるのです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  ※イメージ画像

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
霊的なトレーニングには欠かせないポイントがあります。間違ったトレーニングは大変危険です。見えないだけに恐ろしい世界ともいえます。正しい霊的トレーニングを知ることで危険を回避することにもつながります。

1、霊的トレーニングの目的をしっかり定める
人はそれぞれ様々な希望や願望があることでしょう。もちろん、夢や希望を持つことは良いことです。そうでな ければ空しいだけの人生です。ただ、そうしたことを霊的な力で叶えようなどと思ってはいけません。「甘い話には罠がある」という言葉の通りです。正しい霊的トレーニングは、霊的な成長、進歩向上のために存在します。

2、より高い気を求める
肉体は食物を食べないと生きて行けません。しかし、偏った食事ばかりだと健康を害してしまいます。同様に、霊的な身体である幽体は霊的な気、幽気が栄養になります。そして、より良い幽気を取ることが霊的な健康につながるのです。

3、信仰心がなければ成り立たない
高い霊的な気は、どこにでもあるわけではありません。実は高貴な霊的存在からの流れなのです。そうした存在を無視しては得ることはできません。

4、人間ではない家庭教師を頼もう!
霊的なトレーニングは霊魂の協力があってこそ力となります。人間の霊的成長を願う霊魂に来てもらうしかないのです。

5、霊的な健康でオーラ倍増
霊的な身体である幽体が健全であると、そこから人間の目に見えないオーラが強く発します。それが高級な霊魂の目印となります。また、人間にいたずらをしようとする迷惑な霊魂からは、見えにくくなるのです。

6、作法や動作をあなどってはいけない
霊的なトレーニングというものは、作法や動作があります。それは、力を与えようとする霊魂との約束になっているのです。ひとつひとつの作法や動作に意味があり、正しく行うことがとても大切です。

7、カルマを解消してスッキリ!
人は何度も再生しています。楽しいことや辛いこと、悲しいこと、たくさんの経験をしています。もちろん明確な記憶はありません。それは深い意識だからです。それでも知らず知らずのうちに今の自分を動かしています。こうした深い意識変革が人生を変えるのです。

8、霊力をつけよう
霊力とは霊能力とは異なります。霊魂としての自分が霊的進歩向上に向け、動かし得る力といえます。霊力があれば、高級な霊魂とつながりやすくなるし、正しい霊的な判断、本物を見抜く力がつきます。

簡潔に説明しましたが、この後もう少しわかりやすく具体的にお話したいと思います。
スポンサーサイト
霊的なトレーニングに欠くことができないもの。それは霊的な気です。

霊的な気は物質でないため、その実体を理解している方は非常に少ないように感じます。

霊的な気の中で、いちばん身近な幽気についてお話したいと思います。

幽質の世界にある気を幽気と呼んでいます。
私達が住んでいる物質の世界も幽質界の一部です。ここにも幽気は存在しています。

同じく人間が死後生活する世界にも幽気があります。

また、人間の肉体とダブっている幽体内にも幽気があります。

肉体が死を迎えると、今度は幽体で活動することになります。

さて、昔から死後の世界は天国と地獄があって、良いことをすると天国に行き、悪いことをすると地獄に落ちると言われています。

となると、死後の世界は善悪で成り立っていることになります。
ところが、地上における善悪という観念と異なった法則が、死後の世界にあるようなのです。

幽界の上の方では、幽体の質も高く高級な気があふれているのに対し、下の方では幽体の質も低く、それなりの幽気しかありません。

もちろん高い世界と低い世界、そこで生活している霊魂の心や意識の違いも当然あるでしょうが、決定的な違いは、幽体および環境に大きな差があったのです。

そこで私達は死後どこに行くのでしょう。

それは霊的な法則に従い自分の幽体が馴染みやすい、その質に相応しい世界に入るのです。

今、幽体を成長させるかしないかで、死後の人生を大きく左右させてしまうのです。
霊的トレーニングによって、幽体の質を向上させるためには、その栄養となる高い幽気が必要なのです。

ところが残念なことに、地上のある幽気もそれなりの質でしかなく、高級な幽気が自然と入ってくるわけでありません。
ご自身が求めない限り得ることが難しい、そうした気なのです。
霊的なトレーニングに不可欠な高級な幽気
それは自分で求めなければ得られないと言いましたが、ただ単に瞑目しても、それは絵に描いた餅でしかありません。

そこで、高い幽気を引きつける工夫が必要なのです。

高級な霊魂には、霊的な質の違いから人間の様子がよくわからないのです。
そこで高級霊にわかる目印をつくるのです。

物質は霊魂に見えませんので、昔から山や石、樹木や鏡など相応しい物品に霊的な力を持たせ、そこに降りる高い気を得ていたようです。

神社などでは、ご神体、神器を使い、霊的なトレーニングを積み強くオーラを発している人が中心となり、そこに人々が集い幽体に良い栄養を得ることが出来たようです。

契山館でもこうした霊的集会を行っています。

では、家庭で行う場合は、どうしたら良いでしょうか。

ただ祈っても瞑想しても力が小さい。
そこで家庭教師を頼み、幽体の栄養となる高い幽気を宅配してもらうのです。

もうお分かりかと思いますが、なぜ信仰心が必要なのかといえば、自分が未熟であることを自覚し、高貴な存在に援助を求めるのですから、当然のことといえます。
霊魂は肉体がありませんので、人間や物質を見ることが出来ません。

それでも肉体を持つ人間にも幽体があり、そこから発するオーラ幽気がわかります。

また、霊魂同士であっても霊的な隔たりがあると、なかなか通じ合うことが出来ないようです。

最近は、あの芸能人はオーラが強いとか弱いとか、存在感や目ヂカラを指すようなのですが、ここで取り上げるオーラは幽体から発する人間には見えない霊的な光やエネルギーのようなものです。

例えば、電球は汚れていると本来の光を放ちにくくなります。
幽体も様々な要因で、オーラが弱かったり出ていないと、高級霊にとっては視覚しにくくなり、反対の低い霊魂の目に止まりやすくなります。

霊的な技術に祓いや治療というのがあります。

汚れた電球を掃除して本来の輝きを取り戻すようなもので、幽体に付着した汚れた幽気を除去したり、損傷を修復して本来のオーラを発することが出来ます。

霊的トレーニングとは、さらに高度になります。

それは幽体そのものを変えてしまうからです。電球そのもの強くしてしまうのです。以前は40ワットだったものが、霊的トレーニングで100ワット、200ワットになることもできます。

霊的トレーニングを行うにあたり、動作、作法が大切なのです。

霊魂には人間同士のような交流は出来ません。
そこで肉体とダブった幽体に動きがあるとオーラが変化します。

霊的トレーニングは高級霊に、しっかりとした霊的な信号を発していないと力を持たないといえます。
人間には、肉体とダブった幽体と呼んでいる霊的な身体があります。

肉体と同様、ケガや病気のように好不調や不具合も起きたりするのです。

霊的な障害というと、霊魂のたたりや悪い霊魂がついているとか、霊魂の影響だけを考えがちです。

確かに、中にはそうした人もいるでしょうが、人間に人間関係があるように、それは霊魂関係であって、幽体の質であるとか、状態とは異なっています。

もちろん、霊的な悪い作用があれば、結果として幽体にも影響してきます。

この幽体も、人の発した念によってケガを負ったような状態になったり、幽体内の幽気の状態が不調の方もいます。
肉体に例えると、血液が薄ければ貧血ですし、流れが悪ければ血行不良、体力がなければ抵抗力や免疫力が低下してしまいます。

霊的な状態は、肉体への影響も見逃せません。

霊的不調が起因し、結果として肉体の病気につながる場合もあります。
これも原因不明の不治の病というものではなく、明らかに通常の病名がつく病気であっても、霊的不調や障害が原因で、時間をかけて肉体の病気に現れたりします。

また、肉体と幽体を結びつける霊的な気、霊魂学では間気と呼んでおりますが、間気が不足したりすると、肉体と幽体がずれやすくなり、ケガやいたずらな霊魂に侵入されてしまうことにもつながります。

幽体が健全であることで、肉体にも好影響を及ぼします。

ヨーガや仙道も本来、霊的なトレーニングの体系です。
肉体のみ着目するのでなく、霊的な身体を含めての健全や成長あって欲しいと思います。
「人生を変える」などというと、心理学的な潜在意識の活用とか心の転換などを想像する方も多いと思います。

人間は、肉体的にみれば親の遺伝を受け継いで生まれて来るのですが、霊的には幽体というものがあります。
これが人間を複雑にしているのです。

幽体の意識には、いく度となく地上に生まれた様々な経験や記憶が眠っています。
こうした意識が人生を共に歩んでいると考えて頂ければ良いと思います。

もちろん良い部分も当然あるでしょうが、人類の歴史を振り返れば分かるように、争いや差別が絶えたことはありません。
強い側にいたり、弱い立場だったかもしれません。
男女によっても異なるでしょう。

こうした記憶が物事に直面した時、思考や選択、行動に強い影響力を持ってしまうのです。

もともと、長い魂の歴史の中で強い印象として残っているものですから、激しい感情を持っていると容易に想像がつくと思います。

本来何事も理性的な判断、行動を心がけるべきなのですが、強い感情に動かされ衝動的となってしまうのです。

こうした深い意識を否定しようとも、やはり幽体の意識も自分であるし、社会や他人のせいにしたところで、苦しいのは自分自身です。

幽体の意識は、ひとりひとり個性が違うように持っているものが異なります。
いくら表面的な心の転換を唱えても簡単に対処できるものではありません。

ある人にとっては何でもないことであっても、別の人では、そうし難いものを有していたりします。
自分を押さえつけ、ストレスをためてばかりでは何の解決にもなっていません。

人生において、大きな間違いや失敗を犯すであろう心情があるなら、事前に改善すれば人生が変化し霊的な意味での成長にもつながるのです。
霊能力はよく耳にしますが、霊力はあまり聞くことがないと思います。

霊力というと、霊能力と勘違いされる方もいらっしゃるでしょう。
霊能力とは、普通の人では出来ないようなことをする能力、技術のようなものだと考えて頂ければ良いと思います。

霊能力は特殊な能力なので、無くても全く構いません。

むしろ安易に求めることはとても危険です。
霊能力については別の機会に触れるとして、霊力とは、肉体で言えば体力のようなもので、動く力が少なければ、それだけ不自由になってしまいます。

霊力とは、人間が霊魂として、本来持つべき霊的な基礎体力のようなものです。
自分を霊的な進歩向上に向けて動かし得る力といえます。

こうした力はどなたにもつけて頂きたい力なのです。それは人間が霊的生命体であるからです。

タイトル「遺伝子」の中で小さな種が生まれていたと言いましたが、肉体が死を迎えるまでに、その小さな種をしっかり成長させることがとても大切なのです。

この世は肉体で生きています。

肉体の質や状態で人生は大きく左右されてしまいます。

死後は当然別の身体がなければ生き続けることは出来ません。
それが幽体という霊的身体です。

物質のこの世は幽体には悪い影響ばかりです。

発芽しても日陰育ち。
根も張らず栄養は少なく、葉は虫に食われてしまう。

このような状態で死後の世界に入らなければならないのです。

本来栄養となる強い日光に当たれば、すぐ枯れてしまいます。
そうなると死後暮らす世界は、日光がさえぎられたような場所に決まってしまいます。

今この物質の世界で生きている間に、幽体をしっかり育てることが大事なのです。
根もしっかり張って、茎も太く葉は虫が寄りづらくしておけば、準備オッケーということになります。

死後の世界においてどんどん成長することでしょう。
霊的なトレーニングを語るうえで、霊的カルマというものは避けて通れません。

師の著書「霊魂学を知るために」に「カルマの問題は本格的に書くと優に数冊の書物が出来てしまう」とあります。
それだけ難しくとても複雑なものなのです。

タイトル「人生を変えられるのか?」で触れましたが、肉体とダブった幽体にも意識があり、過去何度も物質の世界に生まれた経験や記憶を有しています。

赤ちゃんであっても、すでに霊的カルマを持っており、それが成長するに従い人生に影響を与え、幸、不幸をつくって行くのです。

つまり霊的カルマを知ることにより将来が見えて来るのです。

ただし、あくまで要因であり変化する可能性も当然ありえるものなのです。

そのまま表現されれば運命とか宿命と呼ばれるのでしょうが、それは結果論であって回避できる可能性もあると理解して頂きたいと思います。

この霊的カルマの存在はすでに大昔の人は理解していて、さらに解消する手段も考えられていたのです。
それが現代に蘇った神伝禊法という霊的なトレーニングなのです。

神伝禊法は単に霊的カルマの解消だけにとどまらず、自分自身の高級な意識を引き出すこともできるたいへん奥深い体系なのです。
プロフィール

イクラマン

Author:イクラマン
「契山館」という小さな会で昭和63年から霊魂学、霊的修行法を学んでおります。
このブログの内容は、修行中の未熟な会員によるものです。未熟さゆえの間違いや解釈も含まれますので、どうかご理解下さい。

◆不許無断複写転載◆



みずば霊魂学 新刊のご案内






































検索フォーム
天気予報
ブロとも申請フォーム
QRコード
カウンター

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。