HOME   »  霊術
RSSフィード

トレーニングなんて自分には関係ない?と思っている貴方にも幽体があります。

人間そして霊魂としての人生に、この幽体は大きく関わっています。

霊的なトレーニングとは、霊能力開発などではありません。

霊的な環境は、とても悪くなっています。

今、弱っている幽体に力を与えるのです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  ※イメージ画像

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お祓い(はらい)という言葉というか、お祓いと呼ばれる行為は皆さんご存知でしょう。
一般的に神社の神主さんなどが行っています。

では、実際には何を行っているのでしょうか。
たぶん皆さんは、よくわからないのではないかと思います。

災難や厄(やく)を除いてもらう、いわゆる厄除けや安全、健康等の祈願といわれています。
古くは人間の罪や穢れ(けがれ)を祓うとされています。

皆さんも受けてみてはどうでしょう。
ここで終わらせてしまうと神社の神主さんですね。

最近では、受ける方の考えも変わって、単なる慣習、儀礼的なもの、心理的作用、いわゆる安心感を与えてもらうと、捉える方も多いことでしょう。

こうした場合であれば、「神社へどうぞ」ということになりますが、このブログをお読みの方達は、霊的なことに関心がある方だと思いますので、さらに踏み込みます。

肉体に付着するという物質的な汚れではなく、霊的な穢れ、この世の法律を犯した罪ではなく、霊的な意味での罪を取り除くといった行為が本来の祓いというものです。

では霊的な穢れとは何か。

肉体とダブっている幽体という霊的身体に付着した低い幽気のことです。

こうした幽気は、幽体を不健全にしてしまいます。

幽体の状態というものは個々には異なりますが、霊的な障害、さらには低い霊魂からの影響などが起きると、肉体に現れ病気やケガにつながったり災難に遭う場合もあります。

そのために、祓いというような霊術が有効なのです。

実は、霊的なトレーニング神伝禊法(しんでんみそぎほう)の初伝である水の禊というものが、それに当たるのです。
この水の禊を行えば、祓いなど受ける必要がないというか、それ以上の効果をもたらします。

なぜなら、毎日行えるし、それが高級霊との交流になります。

霊的な罪というのも他者に頼ることには限度があるし、自らの努力により取り除く、解消することが一番だからです。

こうした禊というトレーニングを習っていない方が受けるべきものなのです。

僕は、この水の禊を毎日行っているので、祓いを受け必要はありません。
さらには、祓いも行使できます。

それは霊的なトレーニングを積み、霊術を習得しているからです。

本物の祓いを行う人というのは、霊的なトレーニングを積んだ方でないと無理ですし、意味がないのです。

高級な霊魂の力を伴わなければ、祓いに力はありません。

霊魂学的に捉えると、霊的不調や障害を取り除くには、それぞれの症状というか状態に合わせた霊術が必要になる場合があります。

祓いは万能であると言い難いところもありますが、基本的なものと考えて頂いた方が良いと思います。

昔は、一度だけでなく、祓いを定期的に受けることが良いとされていました。

それは、どなたでも日々の生活の中で様々な霊的悪影響を受けてしまいます。

こうした悪影響を放っておくと、深刻な事態になり兼ねません。

そのため、半年や年に一度受けることで霊的な状態を改善していたのだと思います。
スポンサーサイト
プロフィール

イクラマン

Author:イクラマン
「契山館」という小さな会で昭和63年から霊魂学、霊的修行法を学んでおります。
このブログの内容は、修行中の未熟な会員によるものです。未熟さゆえの間違いや解釈も含まれますので、どうかご理解下さい。

◆不許無断複写転載◆



みずば霊魂学 新刊のご案内






































検索フォーム
天気予報
ブロとも申請フォーム
QRコード
カウンター

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。