HOME   »  体験
RSSフィード

トレーニングなんて自分には関係ない?と思っている貴方にも幽体があります。

人間そして霊魂としての人生に、この幽体は大きく関わっています。

霊的なトレーニングとは、霊能力開発などではありません。

霊的な環境は、とても悪くなっています。

今、弱っている幽体に力を与えるのです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  ※イメージ画像

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タイトル「飼っているペットは死んだらどうなる」で触れましたが、動物も霊的生命体であり幽体という身体があります。
長く犬を飼い続けていると、不思議なこともあります。

家の中で犬を自由にさせているのですが、ある日ベッドの上に黄色いシミがありました。
それを叱ると、直感的にですが、犬が否定しているように感じたのです。

その犬は、毛で目が隠れてしまうので目からは気持ちは読み取れませんし、しぐさからではなかったと思います。

よくよく考えてみましたら、大型犬ですのでオシッコにしてはシミが小さかったので、どうも吐いてしまったようです。

僕はドリトル先生ではないので、動物と会話できるわけでもありませんが、時々、動物も想念を発しているのではないかと感じることはあります。

以前、山に仕事で出かけ、手を伸ばした先にヘビが木の枝にからみ付いていたのです。

びっくりして手を引込めましたが、そのヘビは僕を怖がる様子もなく笑っているようでした。

50才を過ぎたいいオッサンが、何バカなことを言っていると否定される方も多いと思いますが、自分の中では忘れることのない印象に残る体験でした。

日頃、僕は植物を扱う仕事をしています。

さすがに動物のような体験はありませんが、植物にも相性があるように思えるのです。

同じ種類の植物同士を密植させても、すくすく伸びるのですが、異なる種類の植物を側に植えると、いじけて避けるように縮こまってしまう植物もあります。

別に日当たりが悪くなるわけでもなく、南側に植えているにも関わらずです。

また、つる性の植物などは、まるで目がついているように絡みつくものを探しているように伸びて行きます。

植物というものも、よく観察していると意識を持っているのではないかと感じさせてくれます。

霊魂学の見解では、植物も幽体があり、意識を持っているようです。

もちろん動物とは違い、意識を表現する手段は限られた身体ですが、よく植物に音楽を聞かせたり、人間が話かけていると、より成長するようなことも聞きます。

それでも、人間は動物や植物を殺して生きてゆかねばなりません。

そうした動植物の犠牲の上で自分の人生が成り立っていることも忘れてはならないことでしょう。

宗教などでは、そうした食べ物に感謝すること重んじますが、霊魂学では同じ霊的生命体として、そうした犠牲を自分成長につなげることが大切のようです。
スポンサーサイト
これは20年以上前になりますが、神伝禊法の初伝合宿の帰りのことです。

地元の駅の階段を下りてロータリーに出たのですが、何とも言えない嫌な感覚を感じたのです。

その日は天気も良く、普段のように何の変哲もない風景でした。

考えてみれば神伝禊法の研修は三泊四日行いますので、その間、高い霊的空間で過ごすことになります。

そうした状態から、現実に引き戻されてしまったような霊的ギャップを感じたのだと思います。

霊的トレーニングを行っている方は、こうした経験はお持ちだと思います。

幽体という霊的身体が高い幽気に馴染むようになるので、低い幽気に違和感を覚えるのでしょう。

昔、結婚式場を探していた時、簡単に済ませようと思い、教会式の式場を回っていました。

ある式場で、教会の扉の前に立った瞬間、とても嫌な感覚で中に入る気もしませんでした。

係りの人によると、普段は信者の方が礼拝に使っていると、まるで格式があるように話していました。

何でこんなになってしまうのか、とても残念に思いました。

そして、別のいい加減そうな式場で、塾の英語教師のような牧師さんに見守られ、滞りなく結婚式を済ませました。

低い幽気はどこにでもあるので、あまり敏感になり過ぎると社会生活に支障をきたしてしまいます。

この世において低い幽気に接したり、他人からを受けてしまうことは日常的なことなので、霊的トレーニングを続けることが大切なように思います。
僕はギャンブルはやらないのですが、友人が競艇場に連れて行って欲しいと言われ、車で連れていってあげました。

レースが始まっていない早い時間だったので、ひと気もまばらでした。

時間もあったので、散歩がてらレースの行われる静かな川辺に出てみたところ、後ろにそり立つ観客席には人はいないのですが、怒号が聞こえるかのような人間の欲望と失墜が渦巻いているかのような感じを受けました。

こうした場所には、特有の幽気がたまっているようです。

ある時、友人の付き合いで、精神科の病院にお見舞いに行きました。

そんなに古びた病院ではなく、比較的きれいな感じでしたが、何と病院内が煙っているような圧迫を感じるような状態です。

こうした病院に勤めている人は、毎日こんな環境で仕事をしなければならないのだから大変だなと思いました。

霊的なトレーニングを行っていなければ、霊的な不調になってしまうのではないかと感じます。

たまに、他人の家や車に入った時、ムッとするようなことがあります。幽気というものは、土地や家にとどまっていたり、物品などにも付着します。

そうした低い幽気があると、低い霊魂が寄って来てしまうことさえあります。

そのような場合は、祓いというものが有効です。

ただ、本格的な祓いになると、霊的なトレーニングを積んだ霊力のある方でないと効果は見込めません。

僕は普通の一般人ですが、霊的なトレーニングを行い、祓い講習を受けてからは、引っ越しの時や、他人の使用した中古品を買った場合などにも行えます。

また友人から祓いを頼まれますが、「なんだかスッキリした」と言って、とても喜ばれています。
入会当初、欠かさず集会に出かけておりましたが、瞑想していて同じ時間になると、廊下からコツッ、コツッ、コツッと先生の足音が聞こえて来るのです。

僕は「きっと、瞬間移動しているに違いない」と思っていたのです。
今となっては笑い話ですが、真剣にそう信じていました。

確かに霊魂であれば、肉体を持たず霊的身体のみなので、壁をすり抜けたり、瞬間移動も可能です。

しかし、いかに霊能力者であっても生身の人間に出来ることと出来ないことがあります。
こんなこと説明するまでもないかぁ。

昔、この霊的集会に知り合いを通じた人達を連れてきました。
ある宗教的思想を支持する方々だったのです。

そのうちの一人の方が公開霊査(霊的な調査、診断)を申し込まれたのです。

その方は、手を当てる式の施術を行っている方でした。

霊的調査により、手から間気が流出して、間気不足である指摘をされました。

そして、支持する宗教的思想に関与してくる低い霊魂がいることを告げました。

集会が終わり、僕は喫茶店でコーヒーを飲んでいました。

すると、ガヤガヤと入って来る人がいましたので、横目で見ると集会に誘った人達だったのです。

もちろん、僕のことは気が付かない様子です。

彼らの話に耳をすますと、霊査を受けた方が話はじめました。
「あの人が、先生に私のことを事前に伝えていたのでしょう」と笑っていました。

当然、あの人とは僕のことです。

実は師には、彼らのことは何の告げ口もしていないのです。

ということは、霊査の内容が図星だったということです。

恐るべし、霊的調査。
プロフィール

イクラマン

Author:イクラマン
「契山館」という小さな会で昭和63年から霊魂学、霊的修行法を学んでおります。
このブログの内容は、修行中の未熟な会員によるものです。未熟さゆえの間違いや解釈も含まれますので、どうかご理解下さい。

◆不許無断複写転載◆



みずば霊魂学 新刊のご案内






































検索フォーム
天気予報
ブロとも申請フォーム
QRコード
カウンター

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。