HOME   »  死後の世界
RSSフィード

トレーニングなんて自分には関係ない?と思っている貴方にも幽体があります。

人間そして霊魂としての人生に、この幽体は大きく関わっています。

霊的なトレーニングとは、霊能力開発などではありません。

霊的な環境は、とても悪くなっています。

今、弱っている幽体に力を与えるのです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  ※イメージ画像

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
霊魂の存在を信じる方であれば、死後の世界はどんな所なのか気になるでしょう。我々もいずれ他界することになりますので、出来ることなら知りたいものです。
世の中には、「死後の世界を見た」という証言もあります。臨死体験や体外離脱、夢の中で見たとかいろいろあるでしょう。

しかし、こうしたものは人間の証言です。
肉体と幽体はダブっています。幽体が完全に分離してしまうのが霊的な意味での死というものです。

生き返ったということは、完全に分離したとはいえません。仮死状態、間気というものでつながっているからこそ、蘇生が起ります。
あくまで“死後”というのであるからには、生き返ったのなら霊的な意味で死んでいないということになってしまいます。

人間は霊的存在である以上、多少不思議なことがあってもおかしくありませんが、死後の世界を見たとか行って来たとか、ほとんどそんな気持ちになっているだけです。

どんなに科学や技術が発達した現代においても、ちっとも前進しないのが霊的分野です。むしろ、無神論や唯物論が増え、霊的世界も商業主義に走り後退しているかのように思えます。

死後の世界があるのか無いのか、議論しているのは肉体を持つ人間だけです。
それは、肉体を持ち生きていることにより、霊的なことが良くわからないようになっています。

こうしたことを前提とせず、頭で考えてしまうからこそ、あの世に対する見方が物質的であったり、都合よく解釈されてしてしまうのです。
このような考えが蔓延してしまっているのが現実です。

やはり、死後の世界の住人である霊魂に聞くのが、何より信用できる証言ではないでしょうか。
もう、これしかありません。
スポンサーサイト
タイトル「死後の世界のことは霊魂に聞くしかない!」にありますように、人の身では、死後の世界のことは良くわかりません。

そうなると霊魂から聞くしかないのですが、それには様々な問題があるのです。

皆さんご存知ですが、人と霊魂では人間同士のようなコミュニケーションはとれません。

では、どうすれば交流が持てるのか?

こうしたことは、太古より大きなテーマであったし、試みられてきました。

人間の神秘、霊的真実を知りたいとう思いは、人間として自然な発想だったのでしょう。

現代においては、こうしたことを否定する傾向にありますが、人が肉体のみ生きているというのは思い違いでしかなく、人間が霊魂でもあることは、人類誕生以来なにも変わっていないのです。

多くの方に霊的な探求心を持って頂きたたいと思います。

霊魂にも霊的に低い霊魂と高い霊魂がいます。

地上をさまよっているような低い霊魂であれば、やれ先祖霊がどうしたとか、昔の宗教格言でも引っ張り出し、もっともらしいことを言うのが関の山です。

それは、低級霊は物質界に執着し、全く修行もしていないので、難しいことは良くわからないからです。

高級霊とされる守護霊ですら、幽体の存在なので難解なことは知りません。

そこで、もっと高級というか高貴な霊魂に聞くことが、より真実といえます。

こうした霊魂は、霊体という高級な霊的身体で活動しています。

霊魂との交流は物質的な肉体を使うのではなく、肉体と共存している霊的な身体を使うのです。

人間にも霊体という霊的身体もありますが、あってないようなものです。

そのまま交流することなど不可能です。

我々人間の霊的身体は未熟です。
そのままでは低い霊魂としか交流し得ません。

お釈迦様やイエスキリストといった特別な魂でも、人間として地上に生まれてしまうと、霊的身体は未発達となってしまいます。

こうした達人も実は、霊的なトレーニングを行ったのです。

そこで高貴な存在と交流が持てるように、人間の側が意図的に霊的身体を強化発達させることが、まず基本です。

それが出来てから初めて古神道にある「帰神法」というような、高度な技を行うのです。

日本という国は、大昔からこうした高度な霊的なトレーニングが存在していたのです。

歴史に残っているところでは、「魏志倭人伝」の記述にある邪馬台国の卑弥呼という神がかりの達人がいたようです。

何でもかんでも霊魂からの通信が正しいとは限りませんし、霊魂の思想を表現する人間の側も特別な訓練をしないと、本当のことはわからないのです。
僕もずっと犬を飼い続けていますが、可愛がっていたペットとの別れは辛いものがあります。

人間と同じく動物にも幽体という霊的身体があります。
死後は霊魂の世界に入ります。

うちでオールドイングリッシュという犬を飼っていましたが、不思議なことがありました。

オーラと呼んで良いのかわかりませんが、僕はそういったものを感じやすかったこともあると思います。

霊的に変化があったようなので、興味があればHP「犬も霊的に向上する!?」で紹介していますので読んでみて下さい。

人間と動物では、霊的メカニズムの違いから人から動物へ、または動物から人間に生まれ変わることはありませんが、動物も霊的生命体である以上、霊的影響を受けるようです。

ご自身が霊的成長を遂げることで、家族やペットにも良い影響につながることもあります。

人間とペットの絆が出来ているので、さらに霊的向上が得られれば、他界後、桃太郎の家来の動物のように、眷属と呼ばれ、霊的な仕事を任せられるようなこともあるようです。

参考になるページをリンクしておきます。
霊的情報館 霊をさぐる 「ペットは霊的に進化することができるのか」、
動物と人間では、魂の仕組みが違うと「人間から動物への生まれ変わり」でお話しましたが、人が物質の世界に生まれたことにより、肉体を保持して行くために、霊魂としての質を下げてしまうことにつながったようです。

本来、幽界という霊的世界は物質の世界と異なり、食べたり寝る必要もない身体で、とても自由な世界です。

ところが、肉体を持つことにより霊的に盲目となり、動物や植物を食べることが必然とされ、様々な欲望が人間同士の争いや対立を生み、死という霊的世界ではない現象を経験し、それに伴う痛みや苦しみを味わう破目になってしまいました。

人間は本来霊魂であるため、こうした影響が霊的身体や心理まで歪めてしまったといえます。

肉体を持つ以上、物質的な生き方は仕方がないのだけれども、霊的存在でもあることを見失ってしまうと霊魂となった時、思わぬ事態に気が付きます。

地上で生きていた頃の対立や争いを、そのまま霊的世界に持ち込んでしまうのです。

肉体を持つ人間であれば、身体を保持するために食べることや寝ることも必要なので、四六時中争っているわけにも行かず、疲れたり、いつか終えんを迎えます。

ところが幽界という世界、幽体という身体は肉体と異なりますので、際限なく争いが続くような、恐ろしい世界だそうです。

自由な世界であるがゆえ、物質の世界以上に残酷さを増してしまうのでしょう。

そうした世界に入らないように、死ぬまでに準備しておく必要が人間にはあったのです。

そうしたものを怠ってしまった結果が、そうした世界を作ってしまったようです。

いつの時代も誰かが死後について語っていたし、人は必ず死を迎えるのだから、真面目に捉えていれば不幸は避けられたようにも思えます。

ご参考になるページをリンクしました。
霊的情報館 霊をさぐる 「幽界での喧嘩」
幽界という霊的世界は、タイトル「気になる霊的な気」でお話したように、高い世界と低い世界に分かれています。

低い世界は、とても辛い世界のようですが、比較的上の方に入れた霊魂はどのような霊魂なのでしょうか。

我々人間は、肉体で生活していますので、肉体を維持するための欲求があります。

むしろ当然といえますが、そうしたものに振り回されてしまう傾向にあります。

今肉体とダブっている死後使用する身体である幽体は、肉体とは異なり、食べることも寝る必要もないようです。

そうなると、生活のためお金を稼ぐこともないし、好きな時に好きなことをしていれば良いことになります。

霊的世界は、幽体という身体の質や状態で住むべき世界が決まります。

高い環境に馴染める身体であれば、その身体に応じた意識となるので、当然低い世界の住人とは意識も違います。

低い世界に入ってしまうと、なぜ辛いかといえば、学校や会社という集団の中で、いじめが起きるように、この世の人間関係ならぬ霊魂関係があるため、弱い者はとことんいじめられ、強い霊魂の命令は従わざるを得ないのです。

これとは対照的に、高い環境に応じた意識を持つ霊魂は、新参者である弱い者をいたわる気持ちを持っているようです。

古今東西、宗教における死後の世界観は、神や仏から遠い世界は痛みや苦しみの絶えない世界で、近づくことで極楽や天国と呼ばれています。

神や仏に近づくには、高貴な存在から力を得ることでしかないからです。

その方策が、仏教でありキリスト教や諸々の宗教であったのです。

こうして宗教には高貴な存在を欠かすことはできません。

宗教の意味や価値が様々な形で取り沙汰されていますが、そうした高貴な存在からの力を得ることができるかということが重要になります。

ご参考になるページをリンクしておきます。

霊的情報館 霊をさぐる 「霊魂からの証言 死後不幸にならずにすんだ人」
昔から宗教において、悪いことをすると地獄に落ち、善いことをすると天国に行けると言われています。
確かに我々人間にとって、理にかなっているように思えます。

ところが、タイトル「気になる霊的な気」で触れたように、地上における善悪で死後の世界が成り立っているのではありません。

もちろん、多くの方が納得の行かないところもあるでしょう。
こうした考えも当然の発想のように思えます。

ただ、これは肉体を持ち物質界に生きる人間にとっての善悪です。

物質界においては、肉体も弱いものですし、資源も限られています。
命は大切にしなければならないし、限りある資源は大事に使わなければなりません。

人の命を奪ったり、他人の物を盗むのは悪いことです。

では、人が死ななかったらどうでしょう。

食べなくても大丈夫なら、無理に働く必要もありません。
必要なものは、ドラえもんに頼まなくても、自分で思った瞬間現れます。

電車や飛行機に乗らなくても、瞬間移動も可能です。
疲れることもないし、お金の価値もありません。

殺人は起きないし、取った取られたと大騒ぎする必要もなく、好きな時に好きな事をしていれば良いのがあの世です。

根本的な環境、身体が違うのです。

となれば、物質界における常識は全く通用しないことになってしまいます。

物質の世界とあの世といわれる幽界において共通しているのが、人間には見えない霊的作用や影響です。

肉体とダブっている幽体は、食べたりしなくても生き続けています。

しかし、非常に未熟でもあり、他者からの幽気というものに、知らないうちに影響を受けています。

そのまま放置してしまうことで、馴染みやすい世界にしか入れないのです。
そこには、とても恐ろしい先住民の霊魂がいるのです。

そうした低い世界に入りたくないのであれば、地上の善悪は別と考え、幽体に力をつけて健全にしておくことで、幽体に相応しい世界に行くことができます。

この世の財産、知識や名声もあの世では通用しません。

唯一あの世に持ち越されるものが、今ある肉体とダブった幽体です。

ご参考になるページをリンクしておきます。
霊的情報館 霊をさぐる 「わるいれいこん???-1」
人間は死というものを避けて通ることは出来ません。好きだった人との別れは大変辛いものです。

亡くなられた方に逢いたいと思うのが人情でしょう。

亡くなった方を呼び出し、霊媒を通じて話しが出来るという人もいます。
しかし、他界した特定の人を呼び寄せることはできないようです。

薄情なことを言うようですが、出来ないものは出来ないと言うべきに違いありません。
出来ないことを、あたかも出来るというのであれば、ある意味、真面目な依頼者をバカにしているとしか思えません。

説明すると長くなりますので、霊的情報館 霊をさぐる「亡くなった家族を呼び出す霊媒」をご覧ください。

それでは死後の世界から、特定の霊魂を地上に呼び出すことはできないのなら、「自分が死んでから好きだった人に逢えるのか」というわずかな希望が残ります。

これは、微妙です。
なぜなら、霊的な法則というものが存在します。

タイトル「霊魂に教えてもらった この世の常識がくつがえる あの世とは」でお話したように、我々が死後行くべき世界は、上下というか高低に分かれてしまうのです。
同じ幽界ではあるのですが、離れているだけでなく、行き交うことすら難しい世界なのです。

好きだった人が上に行き、自分が下に入る、またはその逆の場合でも、巡り会うことは無理です。

しかし両者とも、上の世界に入れば、その可能性が残されます。
霊的な成長度合いが近いのであれば、先輩の霊魂に探してもらえる場合もあるようです。

また、霊的な成長に違いはあっても、とりあえず上の世界に入ったならば、相手に成長度合いを近づけることで逢えることが出来そうです。

本来、皆が上の世界に入れれば良いのですが、現実は甘くないようです。

とりあえず、好きな人だけとでも、あの世の上の世界に入れる準備をしておくことが必要でしょう。
そうすれば幽体という霊的身体は、肉体のように死にませんので、ずっと一緒にいることも出来ます。

本当は、辛い思いばかりするような物質の世界など生まれて来なければ良かったのですが、生まれてしまった以上、仕方がないので、霊的に成長することにより霊魂としての自分自身に喜びや満足を与えてくれるのではないかと思います。
もちろん、肉体に出て来るということではありません。
誰でも肉体は、いずれ無くなってしまいます。

人間が死んで何か残るものがなければ、全て終わりです。

それでも、何か存在するなら生命活動が継続していることになります。
一般的に魂とか呼ばれる場合もあります。

霊魂学における魂は、さらに大きく複雑になりますので、ここでは幽体と呼びます。

この幽体は、生まれる前から、そして死んでもなお存在しています。

我々人間は、霊的なことが良くわかりません。
それは、肉体を持って生きているからです。

霊魂が、あるとか無いとか、もうこの辺で終わりにしましょう。
そんな議論は、大昔から行われていました。

肉体である人間に、わかるかどうかという議論になるのです。
物質でないものを、物理的な次元で、どう表現出来るというのでしょう。

肯定的な見方をして頂けるのであれば、いろいろ方策はあります。
しかし、根底から疑念を持っている人には、「死んだらわかるから」としか言えません。

ただ残念なことに、死んでからでは取り返しのつかないことがあります。

肉体がなくなり、これから死後の世界で生活が始まるというに、幽体に力もなく弱っているのです。
この物質の世界は、ただ生きているだけでは、幽体にとっては悪影響ばかりです。

昔は宗教的で信仰心を持っていたので、幽体に好影響を与える機会もありました。

現代においては、霊的環境も悪く、宗教といえば、うさん臭いと呼ばれてしまいます。
互いに、足の引っ張り合いで幽体が弱り切っています。

こうした世の中では、進んで意図的に幽体に力を付けるしかありません。

死後の世界である幽界において、様々な霊魂がいます。

高級霊と低級霊の違いを簡単にいえば、幽体です。
幽体の質や状態が異なっています。

霊的な成長が、幽体そのものに現れているのです。
幽体に力があれば、世間一般に言われているオーラなどではなく、本当のオーラが強く発します。

死後の世界において、自分の幽体がどの世界に馴染めるかは、幽体の質や状態に現れているのです。

それが霊的世界の法則というものです。

亡くなった方を悪く言うのは良くありません。
しかし、みんな天国に行くなどあり得ないことです。

なぜなら、我々人間は、地上という霊的に低い環境で暮らしているのだから…
プロフィール

Author:イクラマン
「契山館」という小さな会で昭和63年から霊魂学、霊的修行法を学んでおります。
このブログの内容は、修行中の未熟な会員によるものです。未熟さゆえの間違いや解釈も含まれますので、どうかご理解下さい。

◆不許無断複写転載◆



みずば霊魂学 新刊のご案内






































検索フォーム
天気予報
ブロとも申請フォーム
QRコード
カウンター

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。